2017年06月28日

チベット体操 どれだけ元気なのか?わかる形で知らせたい

突然声が出なくなってから2年になります。

それでも、かなり出るようになってきたのですが、まだまだ元どおりには程遠い状態です。

そんな中、ふとしたことでお知り合いになった音楽家に

「高い声を出さないと、本当に声が出なくなってしまいますよ」

と言われ、彼女の主催するボイストレーニングに伺いました。

この日の教室は、男性ばかり6人でした。年齢は概ね60歳以上の方ばかりでした。

講座の中で「自分は元気だと思っている方は手を上げてください」

何人手を上げたと思いますか?

私一人でした。

「自分は健康だと思う方手を上げてください」

何人手を上げたと思いますか?

やはり、私一人でした。

これには驚いたのですが、世の中の60歳以上の方の健康意識ってこんなものなのでしょうか?

私は、自分が『健康で元気』だと思っていますが、でもどれほど『健康で元気』なのかを、人に伝えるのはとても難しいんです。

そこで、どのくらい『健康で元気』なのかをわかる形にしたいと思い、昨年から富士山登山を始めました。

昨年は合計4回登頂しました(富士宮ルート2回、御殿場ルート1回,
須走ルート1回)。

富士山に登れるくらい元気なんだと、何となくわかるでしょう(笑)。

それが、3回、4回となってくると、

「こいつ、バカじゃないの!」

と思われるくらい元気だというのが、理解してもらえる気がするんです。

で、一つ年齢を重ねても、まだまだ元気だということをお伝えしたいので、今年も富士山に登ってきました。
富士山1回目.jpg
今年の富士登山1回目、富士宮ルートから登りました。

雨の予報の中、奇跡的なお天気に恵まれて、コノハナノサクヤヒメに感謝感謝です。

2回目は7月中に予定をしています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:54| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 6月28日(水)第60回ネットでチベット体操

毎月第2,4水曜日に続けてきた『ネットでチベット体操講座』

今回で第60回の放送になります。

今月は何かとすることが多くて、記事もなかなか書けない状況ですが、放送だけは続けたいと思っています。

申し込みを開始しました。
http://www.tibetclub.jp/dssite/entry.html


よろしくお願いします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:22| Comment(0) | 『チベット体操』って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

チベット体操 第59回ネットでチベット体操講座は6月17日(土)

毎月第2,4水曜日に放送してきた『ネットでチベット体操講座』ですが、今回第59回放送は、都合により6月17日(土)に放送します。
お間違いがないようにお願いします。

申し込みを開始しました。
http://www.tibetclub.jp/dssite/entry.html

なかなか記事もアップできない状態で申し訳ありません。

よろしくお願いします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 17:06| Comment(0) | ネットでチベット体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

チベット体操 もっと体をほぐしたい (その2)

チベット体操 もっと体をほぐしたい (その2)

思考錯誤しながら、段々と形を作ってきて、現在の形になった。そうして、決められた時間の中に収まるようにもなってきた。

しかし、何となく「何かが足りない」と感じていたのは間違いないところだ。

何だろう?

体のほぐし自体は、呼吸に合わせ、体の深いところを意識しながら、じっくりと行なっている。

もしかしたら、呼吸だけでは届かない場所があるんじゃないのか?

これが考えた末の結論だった。

じゃ、どうすればいいんだろう?

そうだ、もっと深いところに直接働きかければいいんだ!

誰でも、いつでもできるもの、そうして全身に血を巡らす、足揉みはどうだろう?

足裏には、全身の反射区があり、それを刺激する事で、からだの一番奥に働きかけることができるはずだ。

考えたら、十年来お付き合いさせてもらっている方が近くにいる。

20年以上の経験を持ち、一度施術を受けたら他では受けようと思わなくなる、そんな方がいらっしゃる。

私自身、何度も施術を受けて、その凄さは体験済みだ。

私が全信頼している方に相談、受講生に教えてくれるようにお願いをしたところ、快く引き受けてくれた。

そうして、講座にお呼びして、今回の足揉み+呼吸法+チベット体操のプログラムが実現した。

受講生も大喜びで、チベット体操よりも足揉みを教えてくれる事を待ち望んでいてくれた。

最初恐る恐る自分の足を押していたが、さすがに教え方も上手で、コツをちゃんと教えてくれた。
足もみ.jpg
そうして一週間。

いつものように「この一週間のどうでしたか?」とお話を伺った。

お話を伺っている間、全員が自分の足を揉みながら順番を待っていてくれたのには正直驚いた。

足裏の反射区に興味を持って本を購入した人
毎日のように足裏を刺激している人
自分の足を触る時間が増えた人

などなど、皆さん非常に興味を持って一週間を過ごされたみたいだった。

足揉みと呼吸法による体のほぐし+チベット体操

この効果は直ぐには確認できるものではないかもしれないが、この先非常に楽しみになってきたことは確かだ!

私自身も、自分でちゃんと足揉みができるようになって、その効果を時間をかけながら観察していこうと思っている。


posted by T兄さんtoT姉さん at 12:43| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

チベット体操 もっと体をほぐしたい (その1)

ここ数年のチベット体操講座は、まず自分の体をほぐすことから始まります。

頭部、肩甲骨付近、背中、その後下半身へとほぐしは続きます。

そのあとで、最後の仕上げとして、15分のチベット体操をしています。

それには理由があります。

深い呼吸で一つひとつのポーズをとるのはとても大事なことです。昔からそのようにしてきたので、一番私が分かっています。

しかし、最初から深い呼吸をしようとすると、実は体に負荷がかかってしまうことが起きる時があるんです。

それが自律神経にも影響を及ぼすことも出てくるんですね。

実際にそのような方がいらして、お医者さんに診てもらったら、実は原因は無理をして深い呼吸をしようとしたことによるとの診断が出たそうなんです。

その報告を受けてすぐにどのように対応するかを検討しました。

そして、深い呼吸ができる体を作ってから、一つひとつのポーズに移るようにしたんです。

その深い呼吸ができる体づくり。

そのために、体をゆっくりとほぐしていくんです。
IMG_3647.JPG
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:58| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

チベット体操 教室の高齢化はとても嬉しい

月に一度第4日曜日午前10:30分から、名古屋栄の中日文化センターで『チベット体操講座』を開いています。

もう7年くらいは続いているでしょうか。

先月の講座で、嬉しい再受講の女性がいらっしゃいました。

開講当時に受講していただいていたのですが、途中からお休みをされていました。

「私もこの年齢になって、もう少し元気でいたいから再受講しました。やっぱり、ちゃんと教えてもらうのが一番いいです。」

「ありがとうございます。あの時はすごい人数でしたが、今は一番適切な人数でお伝えできます。無理をなさらないように楽しんでいって下さいね。」

「あの当時は人が多くて、手を横に広げることも難しかったものね。」

この女性、本当にお元気でお綺麗で、年齢は68歳(逆から読んでねと言うことでした
)、動作も、誰よりもしっかりと出来ていました。

きっと、少しずつでも続けてくれていたのかな?って感じました。

私の教室のでは、豊橋教室の92歳に次ぐ2番目に高年齢の受講生になりました。

その下がやはり豊橋教室の、もうすぐ80際の女性と70代後半の女性。

このお二人は本当にお元気で、週に一度の体操を10年近く続けて下さっています。どこに講座に行っても紹介をさせてもらっている、時々記事にもしているご自慢のお二人です。

こんなご高齢の方々が、回数に走るわけではなく、基本の3回の体操を、ずっと続けて下さって、それぞれにお元気になっている姿を目の当たりにしているからこそ、自信を持って『1+1=2』とお伝えすることができています。

教室の高齢化は、私にはとても嬉しくて、無理なく若返る、元気になれる『証』と思っています。

名古屋栄の教室には、開校時からずっと教室に通ってくださる方が何人もいらっしゃいます。

そんな皆さんには支えられて、ここまで来れたことが本当に嬉しいです。
IMG_3647.JPG
(写真は先日の高知での講座風景です)
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:59| Comment(0) | 『チベット体操』って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

チベット体操 その通りにしてくれれば良いのですが

5月15日、四国からの帰り道、淡路島の高速を運転している時に、右肘がチクっと痛いのに気がついた。

おなしいなぁ、何処かに肘をぶつけた記憶もないのに、なぜか痛みが走っている。

そうこうしているうちに、段々と肘から手首の間が腫れてきた。

なんだろうなぁ?

約1週間後、やっと右腕の腫れは引き始めた。

そうして、26日、朝起きぬけにスリッパを履こうとして、運転中の痛みと同じ痛みが右足の親指の先に広がった。

思わずスリッパから足を抜いたら、中からムカデが出てきた。

あの痛みはムカデだったんだと理解できたが、逃げようとするムカデを踏み潰して動けなくし、すぐに応急処置を始めた。

蜂に刺された時のように、毒を吸い出そうと インセクト ポイズン リムーバを使ったが、どうも違う気がする。
虫刺され.jpg
すぐにスマホで、ムカデに刺された時の応急処置を調べた。

すると、
・33度〜35度の火傷をしない程度のお湯で洗い流せ
・広い範囲を洗い流せ
・ステロイド系の塗り薬をつけろ
と書いてあった。

その通りのことをして、応急処置は終了した。

心配だったので、出かける前に再度塗り薬をつけてから出かけた。

まだ、ピリッとした痛みはあったが、そのうちに痛みも忘れるほどだった。

そうして、夜になったら、もうすっかり痛みは無くなっており、患部の腫れ等もなかった。

一方、何も対処しなかった右腕の痛みは、まだ残っている。

これって凄いな!

その通りしたら、本当に治ってしまったんです。

ここで、思わすいつも言っている『チベット体操』のことを考えてしまった。

いつも

『1+1=2』ということをお伝えしているんですよ!

って書いたり、お伝えしているのですが、これが、なかなか受け入れてもらえない。

主な要点は数えるくらいしかない。

・深い呼吸をしましょうね
・無理のないゆっくりな動作でやりましょうね
・基本の3回で十分です
・できたら毎日続けましょうね

あまりに簡単すぎて、ほとんどの方が答えだとは思えないのだ。

どのようにお伝えした方が良いんだろうなぁ?
posted by T兄さんtoT姉さん at 20:31| Comment(2) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

チベット体操 今夜はネットでチベット体操講座

5月24日(水)今夜は第48回のネットでチベット体操講座です。

今月11日夜に四国に向けて出発以来、静岡の自宅にはほんの数時間しか戻ってなくて、今日も福井県美浜町にいます。
富士山樹林帯.jpg
今回は初めての出張ライブに挑戦です。

いつもの機材一式持ってはきたのですが、今回はスマホでトライしてみます。

上手くいったら、世界中どこででも放送が出来るということになりますものね。

当日にやっとお知らせの記事で申し訳有りません。

お申し込みはこちらからお願いしまーす。

http://www.tibetclub.jp/dssite/entry.html

posted by T兄さんtoT姉さん at 18:01| Comment(0) | 『チベット体操』って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

チベット体操 大好きな高知でのチベット体操講座

半年ぶりに南国高知でのチベット体操講座を開きました。

高知での講座は、毎回参加してくださる方が多くて、お会いしたらもうすっかりお友達気分。

思わず〇〇ちゃん、なんて呼んでしまいます。

そんな明るい雰囲気が、高知には漂っているんです。

今回、とても嬉しかったのは、昨年の秋から継続してくださってる方が何人もいらしたことでした。

私の目指している講座がここにはあるんです。

100人で体操講座をして一人二人続けてくれるよりも、10人にお伝えしてほとんどの方が続けてくれることの方が嬉しいんです。

続けていただいた結果、昨年秋とは全然違う印象を受けた方もいました。

だから、秋にも行きたくなるんです。
高知春の講座.jpg
秋にも土佐高知で、チベット体操講座を開くぜよ!
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:27| Comment(0) | 各地での体験講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

チベット体操 自分の後ろ姿見たことがありますか?

自分の後ろ姿は 見えないんだよなぁ

ご自分の後ろ姿見たことがありますか?

先日、友人たちと山に出かけた時に、たまたま撮ってくれた写真を送ってくれた。

西臼塚後ろ姿.jpg

自分で言うのも何ですが…、この写真がとても気に入りました。

まだまだイケる!

ご自分の後ろ姿、見たことがありますか?
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:48| Comment(2) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする