2016年08月22日

チベット体操 誰もができるものだから工夫が必要なんです

Rioの400mリレーの話をしましたね。

誰でもできることが大切なんです。だから、私のチベット体操は各体操を3回しかしていません。

という、お話もしました。
なぜ3回か?というと、3回が基本の回数だからです。

ご存知ないか方もいらっしゃるかも知れませんので、ちなみに最高が21回です。
各ポーズを21回ずつ繰り返します。

大切なのはここからです。

『駆けっこ』でお話をしたほうが分かりやすいですね。

誰でもできる『走る』ことをする訳ですから、人より速く走ろうと思うと、きっといろいろな工夫をしまていると思うんです。

手の振り方
足の運び方
筋肉のつけ方
肺活量の上げ方
どんな呼吸をするのか
ウォームアップの仕方
クールダウンの仕方
食事・・・

選手の皆さんは、一つ一つ自分の体と相談しながら、ベストの方法を見つけてきているのだと思います。

そうして、最後には自分の体(体調)をどのように維持するのか?

いろいろな工夫を重ねていって、最後にオリンピックに出れるまでになるんですよね、きっと。

同じことが、チベット体操にも言えると思うんです。

21回の体操をせずに3回しかしない訳ですから、それなりに工夫を重ねてきて、今のチベットクラブの体操があります。

21回の体操を毎日、365日続けたら体が変化しない訳ないです。
変化をして『当たり前』です。(私は21回を何度も経験しているのでよくわかります)。
そのくらいの運動量をしているんです。

しかし、21回の体操を続けられる人は、ごくわずかだと思います。

『誰でもできる体操ですが、誰もができない回数なんです。』

それでは『駆けっこ』にならないんです。

チベット体操が『駆けっこ』であるには、誰でもできる回数でなくちゃいけないと私は思うんです。

それが『基本の3回、1回15分』で、うまくいったらオリンピック出場ですわ(笑)。

で、『駆けっこ』が速くなる方法が、『若さの泉』という本の中に書かれているんです。

結果は『若返り』として、自分の体が変わってくるんです。

「そんな上手い話がある訳ない」

ほとんどの人がそう感じるんでしょうね。
はっきり言って、そんな人は変化をしません(きついようですが、ほぼ当たっています)。
最初から、別のことをした方が良いと思います。

自分と自分の体を信じて、コツコツと一つずつ工夫を重ねていくうちに、いつの間にか自分も変わっているし、体も変わっていると思います。

「チベット体操を続けているのに、何も変化をしない」

と感じている方は、回数を多くするよりも、一つ一つの動作をもうすこし工夫をしてみてはいかがでしょうか。
御殿場ルートゆっくり.jpg
一歩一歩進ませば、必ず頂上に着きます。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:16| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

チベット体操 誰もができることの大切さ

2016年8月20日(土) 何度も何度もビデオを見ながら考えていた。
https://www.youtube.com/watch?v=2RWr2KwBoIY
hqdefault.jpg
どうしてこの400mリレーは、こんなに惹きつけるものがあるんだろう?

そうして、また何度も何度もビデオを見直した。

そこで「そうだ!」と出てきたものがあった。

これは、世界から大の大人が集まってきて、四人でどこの国が一番速く走れるのか?最後の『駆けっこ』をしているものなんだよね。

何が良いかって、この競技は誰でもできることをしているんです。

何も道具を使わないで、自分の体一つで、単純に走ることをしているんです。

だから、この競技は小学生でもできることなんです。

だからこそ、見ている人を惹きつけるんじゃないのかな?
だからこそ、速く走れる人の凄さを理解できるんじゃないのかな?

誰もができるシンプルさは、絶対条件なんだろうなぁ。

『僕がしなくちゃいけないのは、誰もができる基本の3回のチベット体操を続けて、若返ることなんだろうなぁ』

メダルは必要ないけれど、多くの人に希望を与えることができたら良いな と思った。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:37| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

チベット体操 東京でチベット体操講座開きます

久しぶりに東京でチベット体操講座を開きます。

チベットクラブの主催ではありませんが、チベット体操をお伝えした方が毎日ご自身で体操を続けてくださって、その良さを確認して東京での講座を計画してくださいました。

10月30日(日)11:00~
東京浅草です。

詳しくは、こちらをご覧になってくださいね。

http://www.kokuchpro.com/event/732c9db9cb38c1761b57c01079956844/75269/
acf10f54400c3d97ba391472a429433c_original.jpg
体操終了後、美味しいビーガン料理をいただきながらのランチ懇親会も予定されています。

私が10数年毎日続けてきて、現在のチベット体操になって、今の私の体があります。

その方法を最短距離でお伝えします。

ご自分でチベット体操を誰かに教えたい方は、いろいろな経験をされた方が良いと思いますが、ご自分の体、心の持ち方を変化させるのが目的であれば、お伝えした通りに続けてみてください。

1+1=2

という答えをお伝えします。

是非ご参加くださいね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地での体験講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

チベット体操 時にはハプニングもいいんじゃないかな?

第39回ネットでチベット体操講座が始まるまでは、ライブでご覧になれる方のお申し込みはお一人だったんです。

「アーカイブで参加します」

というお申し込みは何人かいただいていたんです。

せっかくお一人なら、その方に電話をしてお話をして、リクエストにお答えしてはどうだろう?

というアイデアが、始まる前にふと頭をよぎりました。
IMG_9898.JPG
初めてのご参加だったので、ちゃんと視聴できるかな?と思って、モニターのカウンターを覗いていたら、放送が始まる直前にアクセスしてくれたんです。

一度呼び出して電話に出られなかったので諦めていたら、折り返しお電話をいただきました。

かなりびっくりされていた様子ですが、直接お話ができて本当に良かったです。

「腹式呼吸と丹田呼吸がよくわからないんです・・・」

ということだったので、呼吸をしっかりするお約束をして、電話を切り、番組を始めました。

お電話終わってから、内容を組み立てていきましたが、番組の内容はいかがだったでしょうか?

時間通りぴったりに終了できたのですが、こんな番組も面白いかな?

と、次回もまたやってみたくなりました。

次回のネットでチベット体操講座は

平成28年8月24日(水) 21:00からです。

お楽しみにぃ!!
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットでチベット体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 第39回ネットでチベット体操講座は8月10日(水)21時スタートです

毎月、第2,第4水曜日に放送してきた『ネットでチベット体操講座』、早いもので今回が第39回の放送となります。

チベット体操の一つひとつのポーズは、そんなに難しくはありませんね。

ですから、誰でもすぐに始めることができますね。でも、毎日続けることは、なかなか難しいいんです。

このネットでチベット体操講座に参加そしていただけると、2週間に一度はちゃんとした体操をすることができます。

放送と放送の間に、一度でもいいからご自宅で体操をしてくれたら、1週間に一度は体操をすることになります。

そんな軽い気持ちでお申し込みくださいね。

第39回ネットでチベット体操講座

平成28年8月10日(水)21:00~22:30
今月のテーマは、本当に変わりたいのなら、毎日続けましょう

お申し込みは、ホームページからお願いしますね。
http://www.tibetclub.jp/dssite/netdetaisou.html
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:25| Comment(0) | ネットでチベット体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

チベット体操 富士山登頂筋肉痛なし

今期3度目の富士山に登ってきました。

選んだルートは、静岡県内ルートで残っていた御殿場ルートでした。

この御殿場ルート、駐車場がある新五合目の標高は1440mなんです。

最初の登った富士宮ルート五合目の標高は2400m,
須走ルートが2000mですので、スタートの標高が1000mも低いんです。

山頂までの歩行距離が、登り11,0キロ、下り8.5キロで、山頂まで10時間くらいかかります。

火山砂礫の中を、まっすぐに山頂を目指して、ひたすら一歩一歩歩くしかないんです。
御殿場S.jpg
富士宮ルート、須走ルートは日帰りで登りましたが、さすがにこのルートは山小屋にお世話になることにしました。

それも、一番近い(低い)山小屋です。

早朝に駐車場に着き、少し体を慣らしてから9時くらいに出発、山小屋に着いたのが夕方5時くらい。
きつかったですが、今回は高山病の頭痛も感じずに着くことができました。

夕食をいただきながら、少しずつ頭痛を感じ始めましたが、20時消灯で朝までぐっすり眠れました。

頭痛は朝食時も感じていましたが、トイレに行って出すもの出したら、すっかりなくなっていてびっくりです。

二日目、雨の中山頂を目指します。

約3時間で無事に御殿場ルート山頂に到着、雨は上がって、火口のど迫力にびっくりです。コノハナノサクヤヒメの優しさを感じました。

御殿場ルート下山の最大の特徴は、何と言っても『大砂走り』です。
一歩で3mくらい進むんです。

あれだけ苦労して登った山頂がみるみる遠くなっていきます。
普段使わないような筋肉を目一杯使いました。

無事に下山して、ホット一息。
今シーズン、県内3ルート制覇して、大満足です。

そうして翌日。

ふくらはぎに少しのはりを感じるものの、痛くて仕方がないような筋肉痛はありませんでした。

改めて、毎日15分のチベット体操での『セルフケア』の凄さを実感したのでした。

もちろん、山小屋でのチベット体操もしましたよ。第2~4の体操を二段ベッド下段の布団の上でしたけどね。第1の体操は、山頂で火口を見ながら3回回りました。
posted by T兄さんtoT姉さん at 12:08| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

チベット体操 第38回ネットでチベット体操講座は明日7月27日(水)21:00です

今月2回目になるネットでチベット体操講座は、明日7月27日(水)21からの放送です。

早いもので、今回が第38回目の放送になります。

今月に入ってから、どの講座でも少し変化を持たせました。同じことをするにしても、体勢が違うと感じ方が少し違うんですよね。

そんなことも感じていただけたらと思っています。初めての方もお申し込みをいただいていますので、一つひとつの体操もお伝えしますので、ご安心ください。

受講申し込みは、こちらからお願いします。

http://www.tibetclub.jp/dssite/entry.html

チベット体操で体を整えて、今年は富士山登頂にチャレンジしています。
富士宮ルート、須走ルートでの登頂を済ませました。
県内残るは 御殿場ルートです。
須走ルートS.jpg
やっちゃうんだから!!
posted by T兄さんtoT姉さん at 17:36| Comment(0) | ネットでチベット体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

チベット体操 悔しかったからもう一度富士山にチャレンジ

二つ前の記事で、富士山に登ってきたことを書きました。

高山病になりたくなくて、何気に飲んだサプリの影響で、体が動かなくて時間がかかったという内容でしたね。

自分の体を信じることができなかったことが悔しくてね、再度富士山にチャレンジしてきました。

今回は須走ルートでのチャレンジです。

朝6勤半くらいに五合目を出発、途中で下山道を登ってしまい、思いの外時間がかかってしまいましたが、なんとか15 時過ぎに頂上にたどり着きました。
須走山頂S.jpg

その後、すぐに下山を始めて、18時半過ぎに無事に5合目バス停に到着です。

今回は、高山病による手足のピリピリ感は多少ありましたが、頭痛はほとんどなく下山ができました。

二日経って、下山後の筋肉痛もなくて、体の痛み等もなく、『自分の体に安心』しています。

今回の登山では、前日の睡眠不足から、登頂に時間はかかってしまったが、何とか自力で登頂ができたのが一番の収穫です。

自分の中に、新しい欲が生まれていることに気がつきました。

静岡県内にある登山ルートは3つ。
あと一つなら頑張ってチャレンジしてみてはどうだい?
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:56| Comment(0) | 『チベット体操』って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

チベット体操 ご褒美の時間はやっぱりご褒美の時間

浜松駅前の講座で、こんなことがありました。

前半を終えて休憩を取り、水分補給をしたら、お腹が急におかしくなってきました。

最後までいけるかな?

と思いながら、講座を進めていましたが、症状はどんどん悪い方向に向かっています。

迷いながら、最後の15分の『ご褒美の時間』に入りました。

第1の体操を終えてますますひどくなり、第2の体操が終了した時には

もうだめだ

と感じ、体操が終わった時点で、理由を言ってトイレに駆け込みました。

後にも先にも、こんなことは初めてのことでした。

便座に座りながら、部屋の雰囲気が変わっているから

「最初からもう一度やり直そうかな?」

と思いながら、会場に戻ってびっくりです。

生徒の皆さん、先ほど体操を終えたままの姿で、ご自分の世界に入っていたのでした。

「これなら大丈夫」

そのまま、いつものように体を横にしてから、腰に負担がかからないように起き上がってもらい、休憩後第3の体操に移っていきました。

その後、何事もなかったかのように最後まで、『ご褒美の時間』を過ごしたのでした。

こんな生徒さんたちに囲まれて、僕は幸せ者だなと、心の底から思ったのでした。
fujisan-s.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:24| Comment(0) | 『チベット体操』って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする