2010年08月30日

チベット体操 もし講座申し込みがうまくいかなかったら

来月9月19日に三ヶ月ぶりに東京での体験講座、フォロー講座を予定しています。

ネット上でのお申し込みをいただいているのですが、たまにうまく動かない場合があるみたいです。

その場合は、
9月18日東京
午前体験講座 or 午後フォロー講座
郵便番号:
住所:
氏名:
性別:男性 or 女性
当日の連絡先:
よろしかったらメッセージ:

をご記入いただいて
info@tibetclub.jp
にメールを入れてください。

こちらの方で受付をさせていただきます。

私たちは三カ所で、別々のPCでテストしているのですが、何回やっても全て順調に動くんです。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

チベット体操 同級生はいつまでも

上勝町での講座の翌日は、生まれ故郷でのチベット体操講座を開きました。

この講座は、中学校の同級生を対象に開いています。全員で約80名なんです。そのうち町内に残っているのはそんなに多くはありません。

でも、そんな少ない同級生だからこそ、いつまでも元気で同級生でいたいんですよね。いつも集まってくれるのは、ほとんど同じメンバーです。でも、その人たちに効果が出始めたら、周りも少しずつ変わってくると思っているんです。

嬉しい事に、大きな病気で手術をして、その後チベット体操を教えてあげた女性がいるんです。彼女が、見違えるように変わってくれて、彼女を見ただけで効果は一目瞭然なんです。

でもね、私の年齢では「まだまだ自分は大丈夫」と思っている人が多いのも事実なんですよね。

だから、いくら同級生だからと言って、無理無理押しつけはしないんです。自分から「これではいけない」と、思った時に始めれば良いと思っているんです。

一生思わないかも知れないんですけどね(笑)、それはそれでいいんです。

今回も、先ほどの彼女と、もう一人の幼なじみの二人が、いろいろと手配をしてくれました。

年に二回しか会わないのだけれど、体操講座がない時には、5年に一度くらいしか会わなかったのですが、こういう同級生がいる事がとても嬉しいです。

今回は、友人を連れてきてくれたりして、思いの外人数が多く集まった講座となりました。

同級生は、いつまでたっても 同級生なんだから、いつまでも同級生でいたいですよね。

お正月明けにも行くからね。
週に一度でも、月に一度でもいいから、自分なりの体操をしてなぁ〜。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:56| Comment(0) | 徳島体験講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

チベット体操 上勝町でチベット体操

今回も徳島県上勝町で、地元の方を対象にチベット体操講座を開きました。
もう4回目になるんです。


お年寄りの方が山に入って、きれいな葉っぱを取って来て市場へ出すという『葉っぱビジネス』で有名な町ですが、他にも環境面とか生活面で先進的な取り組みをしています。

人口4,000人の町に年間2,000人の視察者が訪れる町です。
この町で『健康な人』を増やしたいと、今回が4回目の講座なんです。

今回も80歳から二十歳代の方が参加をしてくれました。
「座骨神経痛でちゃんと座れないんです・・」と言われてたので、どうやって会場まで来ていただいたのかな?と思いながら外を見ていると、車で来ていただいてたりと、本当にお元気なお年寄りが多いんです。

その健康を維持していただくために、是非ともチベット体操をしていただきたいんです。

明るいうちに 民宿に行っておきなさい

と言われていたので、午後の講座の後、道と位置の確認をしておきました。

「納得なっとく」、夜の暗い道なら、とてもじゃないけれどたどり着くことが出来なかったと思うくらい。凄い場所にその民宿はありました。

お茶をいただいていたら、有線放送がなり始めました。
敷地のどこにいても聞こえるようにと、少し音量が大きくしてあるようでした。

「ちょっとうるさいかな?」

と思いながら聞いていると、そこでサプライズが起こりました。

「今晩役場コミュニティーセンターで、チベット体操講座があります。深い呼吸を意識した、無理のない5つの体操です・・・。」

何と、今日のチベット体操講座のお知らせが、全世帯に聞こえるように流れていたのです。
思わず、『涙もの』でした。
実は、8月号の『広報 かみかつ』にも、大きくお知らせを載せてくれてありました。

30年前の冷害から、自分たちが工夫をしてここまでやってきただけあって、新しいものを受け入れていただける土壌が、この町にはあるのだと感じました。

受講していただく人数は、多い訳ではないのですが、僕たちにはそんなことはあまり気にしていないんです。

一人でも二人でも、元気な人がここ上勝町で増えていただければ、我々にはそれが一番嬉しいことなんです。
今の元気、健康をこれからも できるだけ維持すること が一番大切なんです。
タグ:上勝町
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:07| Comment(0) | 徳島体験講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

チベット体操  発心の国へ ・2010徳島夏

半年ぶりの 徳島でのチベット体操 が、昨日無事に終了しました。

高知県とか鳴門市からと、市外から時間をかけて来ていただいて受講していただきました。

今回で5回目の【体験講座 徳島】になるのですが、非常に内容の濃い講座になりました。
『そういうことが出来る皆さんが集まっていただいた』という方が正解だと思います。

いつもとは違って、私がモデルになって、T体操のお姉さん が、説明を加えていくという形でした。

考えてみたら、私が皆さんの前で動作をするといいうのは、あまりないことなので、新しいパターンが出来たように思います。

T体操のお姉さんが『歯切れよく 説明を加えて』くれて、いつものように私が余計な話をすることもなく(笑・ホンナカイナ)、楽しい時間となりました。

次回からは、このパターンでいってもいいかな?と思ったりもしていますので、9月の東京講座,10月の博多、広島を受講される皆さんはちょっと楽しみにしていて下さいね。

ここで、驚くことが起こりました。

わざわざ高知県から参加していただいた方と、T体操のお姉さんが、実は友人を一人介して知り合いだったということです。

そうして、ご本人も遠州森町に来ていただいたこともあるという、何と言うか?、不思議なご縁を感じざるを得ませんでした。

あっという間の楽しい時間が過ぎて、いつも受講してくれる同級生と訪れた、お気に入りの回転寿司やさん。

「来ていただくのを 待ってたんですよっ!!」

お正月に訪れた時に、「夏に来ます」ってお店を出て以来なのですが、そんなひと言で迎えていただきました。
100823wakame.jpg
そうして、友人と会話をしている時に出していただいたのが、この『わかめ寿司』。

覚えている方もいらっしゃるかも知れませんが、メニューからはとっくに消えてなくなったものです。

いつ来るかもしれない私たちのために、わざわざ 鳴門わかめ を用意して待っていただいてたんです。

そんな 『わかめ寿司』が、美味しくない訳ないですよね。

お正月明けとお盆明け、年に二回の極上のお寿司をいただくことが出来る私たちは、本当に幸せ者だと思います。

四国八十八カ所を巡る四国巡礼の最初の徳島県(阿波の国)は『発心・(ほっしん)の道場』と呼ばれています。

発心とは 四国遍路を始めようと志すことを言うそうです。

この四国遍路、きっと自分自身への旅なんでしょうね。

私たちが チベット体操を通して目指している ところ。
四国で生まれ育った二人が、何かしら目指しているところ。

大きなものに 動かされているような気がしています。

そういえば、この四国巡礼の旅も『右回りだな』と、ふと思いました。
posted by T兄さんtoT姉さん at 13:19| Comment(2) | 徳島体験講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

チベット体操 回数を重ねるということ

昨日の記事で、『森の夢づくり大学』で6月から始まったステップアップ講座の話をしました。

今日は、同じく6月からスタートしている、初めての方を対象とした体操講座のお話です。

今日は第3水曜日で、今月2回目、最初からだと6回目の講座がありました。

今まで、呼吸最優先で体操をしていただいてきました。5つの体操もしっかりとポーズをとれるようになり、呼吸と合わせて、本当にしっかりとした体操ができるようになりました。

かなり細かなところまで意識がいくようになってきたのは、見た目にも分かります。

今月に入って、後半のご自宅でする体操は、各体操を2回ずつするようになりました。

約10分かかるのですが、ご自分のペースで、この短い時間を楽しんでいるように感じます。

講座の最初には、皆さんからいろいろなお話を伺うのですが、その中に

「2週間に一度の、しっかりとした体操をしにきました」
「家では、いろいろな事があるので、この時間が楽しみなんです」

って、お話をしていただいた方もありました。

最後にご自宅でする通しの体操をした後は、皆さんの表情が違うんです。
20人近くの方と一緒に体操をするのですが、通しの体操では 自分一人なんです。

この一人の時間を持つ事の大切さ
自分だけの世界に入る、特別な時間を持つ事の気持ちよさ

を、皆さんが理解していただき始めたのではないかな?
と、思うんです。

講座の回数を重ねるという事は、実はこういうことなのだな と感じます。

呼吸も大切です。
ポーズも大切です。
でも、大勢の中でも、自分の世界に入って、ご自分なりの体操をすることがもっと大切な事だと思うんです。

ですから、このブログを読んでいただいていらっしゃる皆さんも、あまり難しく考えないで、ご自分の呼吸に合わせて、ご自分の世界に入って、気持ちのいい体操を心がけていただきたいと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:03| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

チベット体操 よく眠れるんです

6月から始まった 『森の夢づくり大学』で、体操経験者を対象にステップアップ講座が新規で始まっています。

もう、何も言わなくてもしっかりとできる人たちばかりなのですが、余程のことがなければ、皆さん参加をしていただいています。

月に2回で10ヶ月、20回シリーズです。

2週間に一度は、しっかりとした体操をしましょう!というのが最初からの目的です。

受講者の中に、いつもこう言っていただける方がいます。

「体操をしたら よく眠れるんです。 ですから、欠かしたことがないんです。」

余程、チベット体操がお体に合ったのだと思いますが、この蒸し暑い夜が続く中では、こんな良いことはないですね。

私も、寝る前の体操は欠かしたことがありませんし、目をつぶったら あっという間に夢の中にいるので、お気持ちはよくわかります。

体操をして、汗が噴き出してくるので、お風呂に入ってすっきりとしてから、バタンキューという感じですね。

「私もやってみよう••」

と、早速今晩から始める方もいらっしゃるかも知れませんが、お体に『合う、合わない』がありますので、お気をつけて下さいね。

チベット体操、思いのほか刺激が強いんです。

夜寝る前に体操をしたら、お体への刺激が強くて、眠れなくなってしまう方もいらっしゃるんです。

ご自分のお体の様子を見ながら、試してみて下さいね。

しっかり食べて、しっかりと睡眠をとって、夏バテしないようにしましょうね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:22| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

チベット体操 今週末は徳島で体験講座があります

今日から仕事に復帰という方も多いのではないでしょうか?
お盆の休暇はどうだったんでしょうねぇ?

半年ぶりの四国徳島でのチベット体操講座が今週末に迫ってきました。

部屋が都合で変更になりましたので、お知らせをしておきますね。

当初和室の予定でしたが、3階センター会議室に変更になりました。
畳ではありませんので、ヨガマットか大きめのバスタオルをご用意お願いします。

■体験講座【徳島】
【日時】:平成22年8月22日(日)10:00〜12:00
【場所】:徳島ふれあい健康館 和室→3階センター会議室
      徳島市沖浜町2丁目16番地
      TEL:088-657-0190
【参加費】:3000円
【服装】:軽い運動ができる服装 【追加】ヨガマットか大きめのバスタオル
【その他】:体験講座用冊子を準備しておきますので、必要ならご購入ください。
      500円です。
ネットでの参加お申し込みは、ここからお願いします

今回はどんな方とお会いできるのかな?と楽しみにしています。

徳島新聞の『情報とくしま』にも掲載されると思いますので、お友達にも教えていただけると嬉しいです。

楽しい時間にしましょうね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:52| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 やっぱり続けることが大切

8月1日から遠州森町で始まった『森ほたる』が、本日無事に終了しました。

『森ほたる』というのは、竹で編んだ竹籠に、地元の和紙を巻き付けて、中に電球で明かりを灯す行灯(あんどん)のことです。

この『森ほたる』を夏の夕方、家の軒先に出して、隣近所の方達とお話をしましょう。クーラーを切って、家の前で夕涼みをしましょう。

という、エコを通して町づくりをしていきましょう というイベントで、有志が集まって4年前に始めました。

一人暮らしのご老人の方の軒先に、この『森ほたる』が出ているだけで、近所の方が「あのおばあちゃん、今日も元気でいてくれる」と、安心をするようになったという、ホッとするような、嬉しい報告もあるんです。

今年もテレビや新聞で取り上げていただき、町内外から見に来ていただける方も多くなりました。

街角では毎晩のように街角ライブが行われて、決して多くない観客の中でも、自分を表現していました。

この街角ライブは年々レベルが上がり、参加ミュージシャンも多くなってきているんですよ。

2週間続けて街角ライブをやっているようなイベントなんて、他でもあるのかな?って思ってしまうほどです。

現在1,000個以上の『森ほたる』が町内のご家庭に出回っています。しかし、実際に軒先に出ているのは、多くて半分くらいでしょうか?

なかなか軒先に出していただけるというのは、難しいことなんです。
ましてや、この活動は エコや人と人とのコミュニケーション を目的としているので、お商売ではないんです。

毎日の、ほんの15分の体操が、続けることで大きな変化をもたらすのと同じように、一人ひとりの『森ほたる』を出すという行為は、本当にささいなことのように思われます。

でも、皆がその行為をした時には、とても大きなことになると思うんです。
  
これも、続けていくことに意義があるのかな?と、チベット体操と同じように、長いスパンで考えるようにしています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:51| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

チベット体操 丁寧な体操の動きは?

昨日は『丁寧な体操』というタイトルだったのに、体操自体について書かれてないのでは••と思われた方もいらっしゃると思います。

反面、「なるほど」と、思われた方もいらっしゃると思います。

『体操の動き』そのものは、人それぞれで個人差があると思うんです。
呼吸の長さも違うし、体の作りも違う。今までどんなことをして体を作ってきたか?でも違ってきますよね。

でも、それはそれで何も問題ではなくて、『丁寧な呼吸』をしっかりとしていれば、体操の動作そのものも、丁寧にするようになるんです。

ですから、あえて体操そのものについては書かなかったんです。

今晩この記事を読んでから体操をされる方は、是非丁寧な呼吸で体操をしてみて下さいね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:51| Comment(2) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

チベット体操 丁寧な体操って?

「私たちはそんなに回数を多く体操をしていません」
って、何度も繰り返して言っています。

「じゃ、どんな体操なんですか?」

って言われると、

「しっかりと、丁寧に、精度良く」

ということだと思うんです。

「じゃ、丁寧、精度良くって どうするんですか?」

って、話になりますよね。

「やはり、基本は呼吸のような気がするんです」

  意識するところを意識して、しっかりと吸う
  意識するとことを意識して、しっかりと吐く
  もちろん、その時には しっかりとイメージをする
  この呼吸のリズムで、無理のない動作が入ってくる

簡単に言うと、こういうことだと思うんです。
よくよく読み直してみると、大切なポイントはそんなにないですよね。

  意識 吸う 吐く イメージ リズム 無理のない動作

このくらいなら、覚えられそうじゃないですか?

こ難しいことをいっぱい覚えなくちゃいけないような体操では、最初から嫌になってしまいます。

人それぞれにお体も違うし、目指しているところも違いますよね。

だから、体操を続けていく過程で、ご自分の思う方向に進んでいけば良いような気がするんです。

思う方向って言うのは、健康維持、体作り、きれいな体作り、さらなる呼吸法•••。

回数を増やすことも一つの方法でしょうし、食事に興味を持つこと、その他いろいろ考えることができると思います。

一つひとつの 呼吸、動作 を丁寧にしていれば、きっと見えてくることがあると思います。

偉そうなことを言っていますが、私たちも まだまだ途中なんです。
もっともっと丁寧な体操をしなくちゃいけないと思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:29| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

チベット体操 スイカ大きくなりました

時々記事にしている『健康な野菜づくり』。

脱チッソ、リン酸、カリを目指して、無肥料、無農薬な畑には、現在我が物顔で、メロン、スイカ、カボチャのツルが伸びています。

先日、もうそろそろ収穫かなと心待ちにしていた『メロン二つ』が、朝起きてみたら姿がなくなっていました。小動物に食べられてしまってて、残っていたのは、ほんの少しの皮の部分だけ。

目立たない処に、もう二つぶら下がっています。今は目隠しをしてあるのですが、そろそろ収穫をしなくちゃいけないと思っています。

その畑で一番大きくて、存在感があるのが『スイカ』です。

先日、食べられる前にと、収穫しました。

本当は、もう2〜3日畑に寝かしておきたかったのですが、奴らは(笑)一番美味しい時に食べにくるので、収穫したんです。

心配顔で半分に切ってみると、しっかりと赤くなっていました。

包丁を入れる時に、バリバリバリっと割れていかなかったので、ちょっと不安だったのですが、仲間に持って行く前に、一口食べて味を確認しました。

食べてびっくり、とても甘みのあるスイカになっていました。

夜に仲間に食べてもらって、その味を確認。
単純農法で作ったポット苗のスイカが、形として出来、皆さんに食べてもらえるところまで来たことに、嬉しさを感じました。

何が単純かって?

ポット苗を植えて、水をやったのは二日三日のみ。以降は、水は天から降ってくる雨だけでした。なかなか成長しなくて、葉っぱは虫にいっぱい食べられましたが、そのうちに健康な葉っぱが畑を覆っていきました。
1008007suika5.jpg1008007suika.jpg
もちろん、何もしていない訳ではなくて、土に特徴があります。椎茸菌を入れて、木材チップを菌の食料として、月に一度畑に入れてやる。ただそれだけです。

現在、小さいスイカが10個ちかく畑に転がっています。
この先、何とか多く収穫したいと思っています。

本当に成長はゆっくりなんです。
でも、本当に大地の恵みと、自分の大きくなりたいという意識だけで、ゆっくりゆっくりと成長しているように見えます。

いつもチベット体操にあてはめて考えてしまうのですが、本当に自分の体の中に眠っている能力を引き出してやれば、時間はかかるけれど、しっかりとした体ができてくる。

肥料や消毒は、なくても大丈夫なんだよって、教えてもらった気がします。
消毒や肥料、私たちの周りの物にあてはめると、何なんでしょうね?
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:58| Comment(0) | 健康な野菜づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

チベット体操 私たちの体が途中経過なんです

先日来、私たちチベットクラブの体操について、考え方みたいなのを記事にしてきました。

そんな時に、こんなメールをいただいたんです。

やっと体操が21回ずつできるようになりました。しかし、右肩の肩甲骨あたりから痛くなり、右側の片頭痛も出ています。頭も重たくなったりするので、しんどいです。昨日は、鍼灸院に行って、針とお灸もしてもらう始末です。


読んでいてこちらが辛くなったのですが、どんな体操をされているかは不明なので、とりあえず、体操は痛みが治るまで止めて下さい…とお返事を書かせていただきました。

若さの泉・5つのチベット体操 には、最初3回から始まって、1週間に2回ずつ回数を増やしていって、10週すると21回になるようなことが書かれています。

ですから、21回という回数を目指して頑張ってらっしゃる方も多いと思います。

私たちは講座でこのことに関してどのように皆さんにお伝えしているか?というと

「そんなことをすると体が壊れてしまうので、やめてください!」

って、いつも言っています。

「もし回数を増やすのなら、例えば3回がしっかりとできる体を創ってから5回に増やして下さい」

って、言っています。

わずか2回の回数なのですが、回数を増やした時に、ものすごい体に負担を感じた方も多いと思います。

チベット体操の効果を早く自分の体で感じたい、体を変化させたい・・と、意欲的に回数を増やすことをやられている方も少なからずいらっしゃると思います。

でも、少し間違えば、ちょっとしたことで肩を痛めたりすることもあるんです。
私が最初の頃に、やはり肩を痛めたからよく解るんです。

痛めるのは簡単なのですが、治すのはものすごい時間を必要とするんです。

で、私たちが21回の体操を毎日しているか?というと、とんでもない

「私はここ数年、そんな体操はしたことがないんです」

多くても5回くらいの回数しかしていないんですよ。
私の周りの人たちは、そういう方ばかりです。

じゃ、効果が現れてないか? というと、とんでもない

「続けていただいてる方の多くは効果を感じていただいているんです」

「この体操は3年先、5年先の自分の体を創ろうとする体操なんですよ」

って、言い続けています。
焦る必要は何もないです。

その回数の少ない体操をして、5年経った途中経過が T体操のお姉さん。
8年目に入ったのが 私だと思って下さい。

講座にご参加していただいた皆さんには、ご理解いただけると思います。
もしかしたら、ご自分でこうなりたいと思ったような体に近いような気がします。

先日も書かせていただきましたが、どんなチベット体操をするかで、数年後にできる体が違ってくると思います。

このブログに書かれているチベット体操の数年後の姿は、私たちの体だと思って下さい。

なぜって、「私たちは、このチベット体操しかしていない」んですから。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:55| Comment(2) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

チベット体操 気持ちがいいんです

あちらこちらで開く 体操講座の最後には、ご自宅でする体操を体験していただいています。

していただく体操の回数は、講座によって違います。

初めての方を対象にした講座では、私たちが目指す3回15分の体操はかなりきつく感じられると思うので、1回で通しの体操をしていただいています。

長く続けていただいている方には、3回15分の体操をいつもさせていただいています。

で、「どうでしたか?」

ってお聞きすることがよくあるのですが、段々と同じような答えが返ってくるようになるんです。

「気持ち良かったです」

私たちにとっては、『それだけで十分』なんです。

皆さん、お一人でご自宅でやっても『何にも問題ない』ような皆さんが、続けて受講していただいている場合が多いんです。

それは、多分

「気持ち良かったです」

を味わいたい、そんな体操を今日もしたい 為に受講していただいているような気持ちさえしてきます。

お一人でする体操と、何人かでする体操は、ちょっと違うんです。
ましてや、聞こえるのは呼吸をする音だけ という雰囲気の中での体操ですから、部屋の空気が全然違うんです。

ですから、本当に自分と対面しているような時間になるんです。

気持ちが良くなるような体操を、ぜひご自宅でしていただけたらと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:23| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 8月22日は徳島体験講座

私の生まれ育った徳島県では、毎年盆と正月明けに『体験講座』を開いています。

今月8月22日(日)に、第5回目の『体験講座』を開きます。
『阿波踊り』の翌週で、皆さん気が抜けていらっしゃるかも知れませんが、チベット体操を体験していただけると嬉しいです。

■体験講座【徳島】
【日時】:平成22年8月22日(日)10:00〜12:00
【場所】:徳島ふれあい健康館 和室
      徳島市沖浜町2丁目16番地
      TEL:088-657-0190
【参加費】:3000円
【服装】:軽い運動ができる服装
【その他】:体験講座用冊子を準備しておきますので、必要ならご購入ください。
      500円です。

ネットでの参加お申し込みは、ここからお願いします

楽しみにしていますね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

チベット体操 儀式の間の休息

7月28日の『リズミカルな呼吸って』にコメントをいただいた疑問の中に、昨日記事にした意外の質問がありましたね。

以下質問です
例えば、第二の儀式の一つひとつの合間にも一度腰に手を当てて休むのでしょうか?

「なんのこと?」って、思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。

原書をよく読んでみると、問題が解決すると思います。

これは、別々の部分(二つの文章)が一つになっています。

一つ目は、原書ではこのように書かれています。

以下第二の儀式の解説の部分の引用です。

儀式を繰り返すとともに、呼吸のリズムを体得することが重要だ。頭と足を上げる際に、深く腹部まで息を吸い、下ろす時には充分に吐き切る。儀式の間の筋肉を弛緩させている時にも同じリズムで呼吸を続ける。呼吸は、深ければ、深いほどよい。 引用ここまで

チベットクラブがとても大事にしている部分が、この文章の後半にあります。

儀式の間の筋肉を弛緩させている時にも同じリズムで呼吸を続ける。

これは、筋肉を弛緩している間、呼吸をしているというように受け取っています。

もっと簡単に言うと、足を下ろしてから次の動作に行くまでの間に、筋肉を弛緩させる時間が必要で、呼吸を入れている ということなんですね。

もっと分かりやすく書くと、息を吐きながら足を下ろしたあと、息を吸いながらすぐに足を上げてないんです。

上記の動作だと、筋肉を弛緩させている間がないんです。同じリズムで呼吸は続けられないんです。

じゃ、私たちチベットクラブはどうしているか?というと

*息を吐きながら、足を下ろしてきます、吐き切ります。
その後、息を吸いながら 筋肉を弛緩させます。
いっぱいまで吸ったら、顎を胸につけて息を吐き切ります。
その後、息を吸いながら 足を持ち上げていきます。
*いっぱいまで吸ったら、息を吐きながら、足を下ろしていきます。

このようにしているんです。

この顎を胸につけるタイミングが早くてきつい方は、息を吸う前(あるいは吸いながら)に顎を胸につけて足を上げればよいと思います。

(若さの泉•5つのチベット体操に書かれているタイミングとちょっと違うと感じた方もいらっしゃると思います。英文で書かれた原書には、動作と呼吸のタイミングについては書かれていません。私たちは、上記のように幅を持たせて、無理のない動作をしていただいています。)

ご質問にあった第二の儀式の合間の休息というのは、筋肉を弛緩させている時の呼吸と思っていただければいいと思います。

最初に書いた、別々の部分のもう一つは
例えば、第二の体操と第三の体操にとの間に入れる休息です。
それは、ご自身でもう一度原書を読んで確認をしてみて下さい。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:04| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 変化が感じられない

7月28日の記事 『リズミカルな呼吸って?』にコメントをいただきました。

「8週目なのに効果が感じられず、とても残念な気持ちです」

ということでした。
約二ヶ月間体操を続けていただいたんですね。
それはそれは すごいと思います。

六月から二週間に一度の講座が20回シリーズで始まったのですが、ほとんど方がご自宅では続いてないんですよ。ですから、すごいと思うんですよ。

『変化』についてなのですが、期間とか、体のどこに感じるか?等々については、かなり個人差があると思って下さい。

それで、もっと重要なポイントがあります。

それは、どんな体操をしているか?によって、変化もできる体も違ってくると思われるんです。

このブログに書かれている『変化』については、私たちチベットクラブのチベット体操をしての『変化』が書かれています。

特別なことをしている訳ではありません。
深い呼吸と静かな動作の体操をしています。

ただ、意識をしている部分が、文章だけでは伝わりづらいとは思います。

これだけは言えることがあります。

私たちは、『筋力トレーニング』のようなことはしていません。
回数も、基本の3回をしっかりとしましょうね って言ってるくらいですから、コメントをいただいた方の7回という回数は、ここ数年の間では、ほんの短い間、試しにしたくらいです。

私たちの周りでは、ほとんどの方が3回〜5回くらいではないでしょうか?

でも、変化をされている方はたくさんいらっしゃいます。
チベットクラブのチベット体操を、約8年間続けてきた途中経過が私の体で、同じく5年間の途中経過が T体操のお姉さんだと思って下さい。

大切なのは、続けることです。
じみ〜〜〜〜な体操ですが、それが一番大切です。

そのうちに、お体が変化をしてきます。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:56| Comment(2) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

チベット体操 若さを吸い取られる

最近、T体操のお姉さんが、こんなことをよく言います。

「最近、T体操のお兄さんに 若さを吸い取られているみたいなんだよね」

思わず笑ってしまいますが、彼女にとっては笑い事ではないんです。
それくらい、私の雰囲気が変わってきているのかな?と思ったりします。

今日は遠州森町の商店街で夏祭りがあり、『森ほたる』も今日から始まったので、有志が本部で集まっていました。

磐田市とか浜松市からも友人達が来てくれたのですが、久しぶりにお会いした人たちからも、「会う度に若くなってるよね」と、言っていただきました。

私の性格を知ってるものだから、その気にさせてくれているのですが(笑)、それでも嬉しいことを言っていただきました。

以前も記事にしましたが、私自身は『若返りの効果』をとても感じています。
周りからも、ちょっと雰囲気が変わってきているのかな?と思ったりもしています。

2年間続けたら変化がはっきりと出てくる と書かれていると、先日も記事にしました。

あの『若さの泉•5つのチベット体操』は4年間の物語なんです。

私は8年目に入っていますので、あの本に書かれてないことが私の体の中で起こっているかも知れないという楽しみがあるんです。

一生お付き合いできる本と巡り会ったことは、とても幸せなことだと思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:35| Comment(2) | 効いてきたよーん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

チベット体操 自分で自分を自分する

7月11日に森町吉川にある 自得院で,ある団体の子供たちと座禅体験をしてきました。2年前の合宿で、やはり座禅をさせていただいたお寺です。覚えている参加者の方もいらっしゃると思います。

吉川自得院のご住職がお忙しい時期にも関わらず快く引き受けていただいて実現したこの『座禅体験』。

まず、「座布団には前と後ろがあるんですよ」と、最初からご住職に引きずり込まれてしまいました。『座布団の前』って分かりますか?

足の組み方•結跏趺坐(けっかふざ)できなければ 半跏趺坐(はんかふざ)、印の結び方、半眼での目線の位置を教えていただき、鐘の音三つで座禅に入りました。

約30分間の静かな時間が流れます。ただでさえ静かな境内に雨が降り、これ以上の環境はないと思われる中での自分自身と対面する時間となりました。

座禅の後、ご住職とのお話の時間になり、子供達からの質問に丁寧にお答えをいただきました。

「受験を控えている子供達もいるので、ひと言アドバイスをいただけませんか?」とお願いしました。

「自分で自分を自分する」

最終的には、自分で勉強をするしかない、誰も助けてはくれないんですよと、説得力のある言葉をいただきました。

「足が痛くてこんな座禅は嫌いだ!」という反応があると思いましたが、とんでもない!、どちらかと言えば「やってよかった」という表情の子供達ばかりで、いつの間にかすっかり成長していることを感じた、今回の『座禅体験』でした。

参加した受験生に対していただいたアドバイスなのですが、これって受験生だけの言葉にしてはもったいないですね。

私たち全てに言われているのだな••と感じました。

自分でこうなりたいと思ったなら、そうなるように、自分で何かをするしかないんですよね。
何かをすることで、何かと出会い、そこから何かが始まっていく。
誰も何もしてくれない、自分からなりにいく しかないんです。

この30分間、私は丹田に意識をもっていき、流れていくような呼吸をずっとしていました。
あっという間の時間でした。

森町吉川にある 自得院 の入り口に書かれた おっさま(おぼうさまのことです)のひと言。

今月はこのように 書かれていました。
100731zazen.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:24| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする