2011年10月30日

チベット体操 意識をして丹田呼吸をしてみてね

今日は、友人達と掛川市にある粟ヶ岳に登ってきました。標高532mで、お茶畑の中をハイキングコースが整備されています。

時間にして約1時間半、行きは上りっぱなし、帰りは下りっぱなし(笑・当たり前ですが平らな所がないということです)で、思いの外勾配がきついんです。

友人達とは、今回が2度目の山登りでした。

山に登った経験がない人たちの集まりですから、徐々に慣れることを目的としての山登りです。
昼食後に雨になってしまいましたが、購入したレインウエアを着る機会にも恵まれました。

それぞれに、実際に自分で山に登ってみることで、何が必要なのか?が見えてくるので、次回はそれを準備して、また違う状況での山登りとなります。

前回は夏、今回は秋ということで、季節が違うと、準備も少し違ってくるんですよね。

で、山を登る時に、服装の準備だけではなくて、息の仕方なんかも色々と試してみるのもいいですよね。

私は、週に何度も山に入っています(仕事でなんですけどね)。登山のように長い距離を登る訳ではありませんが、荷物を担いで斜面を登る場面が多いです。

で、その時にどんな呼吸をしているか?というと、やはり丹田を意識した呼吸をしています。ただ、登る斜面の状況によって、呼吸もちょっと違ってきます。

どういうことか?というと、今日のハイキングのように足元が整備をされていて歩き易い場合は、足の運びに合わせて丹田呼吸をしています。

ところが、急な斜面だったり、足場が悪くてうまく登れないような、規則正しく足を運べない時には、呼吸に合わせて足を運びます。

最初、慣れるまではちょっと息苦しく感じるかも知れませんが、慣れてくると不思議とあまり疲れなくなります。

これは、普段の生活で実際に試すことができます。

ウォーキングのように平坦で歩き易い時には、足に合わせて丹田呼吸をしてみてください。きっと、歩き方も違ってきます。

長い階段を登るような時には、呼吸に合わせて階段を上ってみて下さい。きついので、呼吸の間隔も短いと思いますが、それに合わせて足を進めるんです。

結果はすぐに自分で確認ができます。
きっと、今までとちょっと違うと感じられると思います。

やっているうちに、自分の呼吸のペースが解ってくると思います。

次回の山登り、季節は冬です。
雪が積もっているような場所には行きませんが、寒さ対策がテーマになりますね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:39| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

チベット体操 アルバムにまとめてあります

このブログには、色々な写真がたくさん載せてありますが、一カ所にまとめた場所はありません。

先日からたまに記事にはしているのですが、Facebookに少しずつ写真をまとめつつあります。
なかなか進まないのですが、見やすくなっています。

Facebookをされているようなら、一度お立ち寄り下さい。

まず、ここにアクセスしてみてください。
http://www.facebook.com/pages/チベット体操Tibetclub/188893551142853

左側のウォールから下にいくと BIND5 というのがあります。
そこをクリックしてみて下さい。

『はじめまして』というページが出てきます。
右端の『アルバム』というタグをクリックしてみて下さい。
写真が出てくると思います。

先日の私のお尻の写真もあって、以前と比べることができます。

もし、左のBIND5 をクリックしても何も出てこなかったら、一番上のタイトル右端の
BIND5 をクリックしてみて下さい。

少しずつ写真を増やしていきたいと思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:09| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

チベット体操 出会いが宝物

昨日はあちらこちらの教室で、最初から受講していただいている方々のお話をしました。

ちょっと話は変わるのですが、もし私が何かの教室に通うとしたら、どうなるのでしょうね。

これだけ走り回っていて、何か受講したい講座があるとしましょう。その時にどうするかです。

出来るだけ多く教室に通いたいと思いますが、なかなか今の状況ではそれは難しいです。

じゃ、どうするか?

スケジュール管理をしっかりして、何とか教室に行けるように工夫をする。
短い期間に、しっかりと気合いを入れて自分のモノにする。

このくらいしか考えられないです。

きっと、チベット体操教室に通っていただける皆さんも同じようなことを考えて来ていただいているのだと思うんです。お住まいも近所の方ばかりではないんですよね。

そうやって、短い期間しか受講できないけれど、何とかやりくりをして参加をしていただいている皆さんも、私たちはとても大切にしなくちゃいけない方ばかりなんですね。

一つの教室の中に、そういう皆さんが集まって、一緒の時間を過ごしているんです。

そう思うと、一回一回のチベット体操教室(講座)での出会いというのは、それ自体が『宝物』なんですね。

そんな出会いを大切に、そして出来るだけ多くのことを、皆さんにわかり易くお伝えするのが、私たちのしなくちゃいけないことなんですね。

昨日の名古屋での講座で、ここ一ヶ月真面目に体操を続けていただいた方のお体の変化に嬉しくなりました。ご自分ではあまり感じてなかったみたいですが、お伝えしたら喜んでいただけました。

私たちだからこそできるような講座を、これからも続けたいと思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:56| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

チベット体操講座 続けていただける嬉しさ

一ヶ月ぶりの、名古屋・岐阜のカルチャーセンターでの講座を終わらせて帰ってきました。

数カ所のカルチャーセンターでチベット体操講座を開かせていただいています。そので、この一〜二ヶ月でちょっとした事を感じる事があるんです。

それは、ほとんどの教室で、新しく講座を受講していただける方がいらっしゃるということです。

私たちにとっては、とても嬉しい事なんです。

『チベット体操』という、聞いただけで「怪しい・・」と思えるような講座に、参加をしていただけるんですからね(笑)。

一人でも多くの方に体験していただけるのは、こんな嬉しい事はありません。

未だに、私たちが主催する『体験講座』の時に、怪しかったらすぐに逃げる事が出来るように、入り口のそばの場所を確保される方もいらっしゃいますからね(笑笑)。

でもね、実はもっと嬉しい事があるんです。

それは、どの教室でも、一番最初からずっと講座を受講し続けていただいてる方が何人もいらっしゃるんです。

たった5つしかないポーズですから、覚えようと思えば、形だけなら1期(3ヶ月)もあればすぐに覚える事ができるんです。

だけど、何年も通っていただいているんです。

たとえば、この場面だとこの次にはきっとこう言うだろうなぁ・・とわかるくらいに通っていただけているんです。

このチベット体操が、「覚えたポーズをご自宅でとればいい というものではない」と、感じていただけているのだと思います。

「自宅でする体操と、ここでする体操は違うんです」

って、よく言ってくださいます。

私たちの講座は、どの教室もそんなに多くの人数が集まってしている訳ではありません。ポーズを覚えて、ご自宅での体操に替えた方も多いです。

そんな状況の中で、教室に長年通っていただける方は、私たちにとっては本当に宝物のような存在なんです。

そんな皆さんに支えられて、「これからも教室を続けていかなくちゃいけない」と、励まされたような月に一度の名古屋・岐阜の講座になりました。

ありがとうございました。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:45| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

チベット体操 明日から岐阜、名古屋でチベット体操講座です

時間がもの凄い速さで通り過ぎていく気がしています。なかなか書けなくて、久しぶりの記事になりました。

「名古屋でのチベット体操講座はないんですか?」

って、お問い合わせもいただいています。
現在のところ、私たちチベットクラブ主催の『チベット体操講座』はないんです。

ただ、月に一度名古屋、岐阜のカルチャーセンターでのチベット体操講座は、ここ数年続いています。

基本的には、毎月第4土日に講座を開いています。
第4土曜日
AM:10:30~12:00 JEUGIA MOZOワンダーランド

PM:15:00~16:30 ぎふ中日文化センター


第4日曜日
AM:10:30~12:00 名古屋栄中日文化センター

PM:16:00~17:30 蒲郡サーラ


ですから、講座に関することは各カルチャーセンターにお問い合わせをいただけたら、すぐに受講できると思います。

今月は明日明後日の二日間です。
月に一度の開催ですから、参加し易い方もいらっしゃるようです。

一ヶ月ぶりの岐阜、名古屋が楽しみです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:46| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

チベット体操 シンプルである理由

二つ前の『魔法の箱』の記事を書く前に驚いたことがありました。

約20年ぶりに電源コードをコンセントに差し込みスイッチを入れたら、何と動き始めたんです。

何で文字を書こうかな?と色々と試して、計算表ソフトウエアで文字を入力しました。その後、レイアウトを整えて写真を撮ったのが、一緒に写っている写真です。

驚いたのは、動き始めたこともそうなんですが、実は計算表ソフトについてです。

今私たちが当たり前のように使っている機能は、当時でもしっかりと準備されていたんですね。

で、あの画面というのはCDケースが一枚と半分弱くらいの広さなんです。その中にすっきりと納められていて、非常にシンプルで余分なものはないんです。

とても洗練されていて、使い易いんです。

その洗練されたレイアウトに驚いたのではありません。つい一週間ほど前に同じ計算表ソフトの最新バージョンを、仕事の担当者が見せてくれたんです。

どうだったか?というと、余分なものがいっぱい画面に広がっていて、何もシンプルではありませんでした。(林檎ではありませんでしたが)

使い心地をお聞きすると、担当者曰く、「使いづらくて仕方がない!」ということでした。(初めて使う方にとっては、それが当たり前になるかも知れませんが)

そう、20年経って、当時とは比べものにならないくらいの人が使っているにも関わらず、複雑になって使いづらくなっていることに驚いたんです。

で、自分たちのチベット体操についても考えていました。

深い呼吸とゆっくりな動作で、時間とともに流れていく。

たったこれだけなんです。道具一つ使う訳ではないんです。このシンプルさは、どこからくるのか?と考えた時に、余分なものを一つひとつそぎ落としてきて、最後に残ったのが今の形なのではないかな!と思うんです。

だから、先人の知恵がぎっしりと、あの5つのポーズの中に詰まっているのだと思います。

本当に使い易いもの、代々受け継がれていくものは、洗練されていて、シンプルで美しい。そんな気がしています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 20:49| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

チベット体操 毎日続けるということ

春以来、仕事、体操、その他で走り回っている生活が続いている。それに加えて先日の台風が追い打ちを掛けたような形になっていて、一番大事なこのブログもなかなか書けない状態になっていました。

でも、そんな中でも毎日の夜の体操は欠かしたことがありません。

深夜1時とか2時とか3時とか(笑)になることがほとんどなのですが、一度も
「今日はやめよう」
と思ったことがありません。

ところが、
「絶対にやらなくてはいけない!!」
と、思ったこともありません。

じゃ、
「何でそんな時間になってまで体操を毎日するの?」
と問いかけられたら、
「好きだからやっているんだよ」
と答えるしかないというのが本当のところです。

以前
「やめる勇気がない」
という話も出てきましたが、
「やめよう」
と思ったことがないから、それも答えにはなっていないんです。

もしかしたら、皆さんが気になっていると思われる『回数』ですが、基本の3回しかしていません。ですから、時間にして15分間の体操です。

「そんな毎日でストレスが溜まっているのではないですか?」
と思われるかも知れませんが、仕事も好きでやっているから、ストレスを感じたこともありません。

「兄さん、ちょっとおかしいんじゃない?(笑)」
と思われるかも知れませんが、もしかしたら『ちょっとおかしい』かもしれません(笑)。

思うに、きっと毎日のこの15分が、体に、気持ちに大きな影響を与えていることは間違いがないような気がしています。

『毎日続けるというのは、きっとこいうことなんだな』と思います。

ほとんどの人が、チベット体操をすることによっての、自分の体の変化、気持ちの変化を求めていると思います。
私もそうだったので、気持ちはよく理解できます。

「じゃ、体操を続けたことの答えはどうなの?」

という話になった時に、確かに体の変化は記事で何度も紹介をしているように、写真を見れば一目瞭然です。心のありようの変化は、やった本人が一番良く解っていると思います。

でも、一番の答えって、何気ない毎日の生活だと思うんです。

逆に言うと、細かなことの一つ一つが形になったものが、毎日の生活という形になって表現されていると思うんです。

毎日元気で感謝しながら生きていくことができる。

この、当たり前のようなことが、もしかしたら忘れられているような気がします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 10:10| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

チベット体操 自分がしていることをたまらなく好きになる

数年間の回り道のあとで、中古ではあったけれどやっと手に入れたものがあった。

それは、僕には魔法の道具のように思えて仕方がなかった。
thanks.jpg
それは、好きな所に文字をクリック一つで貼付けることが出来るし、写真だっておんなじだ。音楽だっていじることができるし、遠く離れた友人とも、文字でお話だってできた。

今までの無機質な箱から、大事な友達との友情みたいなものまで生まれてくる魔法の箱となった。

それは、禁断の林檎をかじってしまったことに他ならなかったが、きっと、たくさんの人々も地球上で夢を見始めたと思う。

その後もずっと、一人の夢のあとを追いかけることになる。

そして、今度は自分の夢と出会うことになる。
それは、ガレージよりも狭い、畳一枚の広さで良かった。

誰も笑ってしまうようなものだったけれど、僕にはそれで十分だった。

まだまだ、この先は長いけれど、目的に向かって歩いていることは間違いないと思っている。

大事なことは、これからも歩き続けることだ。

ありがとう Steve Jobs
posted by T兄さんtoT姉さん at 11:29| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

チベット体操 勘が働かない

一緒に体操講座で活動しているT体操のお姉さんが、最近こういうことを良く言います。

どういう状況で言うか?というと

受講生の方が「体操をやめたらなかなか体って元に戻らないんですよねぇ」

というような体験を話してくれた時にこの話をよくしてくれます。

「私も体調の都合とかで、なかなか体操ができなかったことがあるんです。そうしたら、体操をし始めてもなかなか体操をやめる前の体には戻らないんです。」

それと、

「勘が働かなくなりました。何かを感じなくなるんです。」

これは、体操を一時やめた経験のある方にしか解らない感覚だと思います。

実は、私は体操をやめたことがないので、この感覚は理解できないんです。
「体操をやめる勇気がないんでしょう!!」
って、言われることがありますが、勇気がなくても良いからやめたくはないんです。

彼女は直感が鋭いので、体操を一時やめてしまうと勘が冴えなくなってきてしまうというのは、きっとその通りのように思います。

多分、何かをするにしても、その基本となる体が出来ていないことには、話にならないということのようにも思えます。

その基本となる体を作っていたのが、彼女にとっては『チベット体操』なのだと思います。きっと、私もそうだと思います。

この体が出来た上で何かをするのは、きっと最高の結果をもたらしてくれるのではないかなと思います。

色々な試みをされている方も多いと思います。
『若さの泉•5つのチベット体操』にも、体を鍛えることは大切だ と書かれています。

このチベット体操、そういう立場でしてみる、続けられたらどうかな?と思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:47| Comment(2) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする