2011年11月27日

チベット体操 体操を広めたいんです

昨日、今日と、月に一度の名古屋・岐阜の講座を終えて帰ってきました。

今日の名古屋の講座でこんな事がありました。

「今度、名古屋で講座を開くんです。いい体操なんで、皆さんに広めたいんです」

名古屋栄での講座を初期の頃から受講している女性が報告をしてくれました。

場所もとらないし、いつでもできるし、お金もかからない。
そんな体操なんですよね。

長年続けていただいている方は、その体操の良さを出来るだけ皆さんに知って欲しいと思うのは自然なことなんです。

必要なのは、畳一枚の広さと、健康になりたいという気持ちだけですからね。

少し前に、九州博多から静岡まで体操を受講しに来てくれた男性の話を記事にしました。
彼も同じように、体操を広めたいと思われているんです。

そうやって、少しずつなのですが、ここ半年くらいでチベット体操についての周りの状況が変わってきているような気がしています。

それは、とても良い事じゃないかと思います。

本来、健康というのは、自分からなりにいくもので、誰かが健康にしてくれるのもではないからです。

もともと私たちの体というのは、何かがあった時には、自分から治癒できる能力を持っていると思うんです。それは、自分自身の体の中に、そういう力があるということだと思うんです。

ですから、その治癒力みたいなものを引き出すことができたら、薬やサプリメントなどに頼らなくてもいいはずなんです。

チベット体操というのは、自分の体を『クスクス』っとくすぐって、そういう能力を引き出しやすくする『物』のような気がしています。

その能力の中には、びっくりするようなことも含まれていて、誰もが欲しがっているような、例えば『若返りの効果やダイエット効果』もあったりするのではないかと感じています。

そういうことに、皆さんが少しずつ『気がつき始めた』のではないかな?と思うんです。

健康グッズや薬やサプリを使用しなければ元気になれないと、思わされているんじゃないですか?
自分が元気に、健康になるのに、お金は必要ないんです。

どうすれば元気に、健康になれるのか?
答えは、きっと、自分自身の体の中にあるのではないか?と思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:33| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

チベット体操 博多から講座体験

先日のことなのですが、博多から遠いところを講座の体験で遠州森町まで来てくれた男性の方がいます。

講座の体験というと『体験講座を受講しに来た』と思われがちですがそうではありません。

『どういう講座を私たちが普段しているか?』
というのを、体験しに来ていただいたんです。

『素の我々の講座』を見たかったんです。

電話で数ヶ月前に問い合わせがあったのですが、たまたま先日はスペシャルな講座が続いたんです。
ですから
「もし来ていただけるのならこの時にどうぞ」
と、お返事をしてあったんです。

この男性、中山裕雄さんといいまして、ここ数年講座を開いている中国・九州地区では一番私たちの講座を受講していただいている方です。実物は(笑)なかなかイケメンで、年齢よりもかなり若く見えるのではないかな?と思います。


チベット体操との出会いは私よりも古いのですが、体操をやったりやらなかったりして、年月が過ぎたということです。

博多での講座で私たちのチベット体操と出会ってから、体操を続けていただけてたんです。ネットでチベット体操のことを書くうちに

「教えて欲しい」

という問い合わせがあって、来年春頃には福岡近辺で講座を開く予定にしています。この秋は私たちが福岡に行けなかったので、わざわざ遠州森町まで来ていただいたんです。

森町、浜松近辺の四カ所の講座を一緒に廻りました。全部受講者の対象が違う講座だったので、面白かったのではないかな?と思います。(かなり緊張をしたとは思いますが・・・)
20111122fukuoka.jpg
彼は、体操の方は問題なくしっかりと出来ています。
あとは、どのように講座を維持していくのか?ということが少し心配のようでした。

九州にお住まいの方には、春からチベット体操講座を開くというのは朗報ではないかと思います。
私たちがやっている『チベットクラブのチベット体操』が、そのまま体験できるのですからね。

静岡からだと、新幹線で4時間くらいしかかからないのですが、やはりなかなか遠いところなんです。

いい連絡が来るのを心待ちにしていますねぇ。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:13| Comment(3) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

チベット体操 来年一月の徳島体験講座のお知らせ

ここ数年間、夏と冬に徳島での体験講座を続けてきました。

来年も行きますので、是非体験をしていただけたらと思います。

体験講座【徳島】
開催日
平成14年1月29日(日)

講座会場
徳島市沖浜東2丁目16番地
徳島ふれあい健康館 和室 
TEL:088-657-0190

講座時間•参加費
体験講座 : 10:00〜12:00 3,000円/一人

ここで、皆さんに嬉しくなるようなお話をします。
私たちが四国で初めて講座を開いたのは、2008年のお正月明け、場所は高松でした。

その時に受講していただいた女性が、ご自宅に帰って彼女なりの体操を続けていただけたんです。
そうして、一ヶ月毎に携帯で撮った写真を送ってくれたんです。

しかし、順調に体操を続けた訳ではありませんでした。それは、写真を見ればすぐにわかります。
それでも何とか八ヶ月経ってみたら、最初とは見違えるようなお腹になっていたんです。(リンク先からアルバムをご覧下さいね)

たった一回の体験講座を受講していただいただけなんですね。

ですから、来月は東京、そして来年一月は徳島での体験講座を、興味ある方は是非参加を検討していただきたいんです。

受講した後は、ご自分でどうするかを決めればいいと思うんです。
ご自分の体を変化させたかったら、続ければ良いだけなんですね。

いつも言いますが、健康は自分から、なりにいくものなんですね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:53| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

チベット体操 5キロ走ったんですよ

今日は磐田市にある ワークピア磐田でチベット体操講座がありました。

そこに懐かしいお顔がありました。もう終わったのですが、今年度前期の10回シリーズを受講していただいた、もうすぐ69歳になる男性が待っていてくれました。

先日行われた『ジュビロ磐田メモリアルマラソン』で5キロコースに出場、無事に完走が出来たことの報告だったんです。

完走をした後も体の状態は良いということでした。

この男性、自宅で毎日チベット体操をしています。チベット体操を始めてから本当にお元気になれらたんです。その延長上に今回のジュビロマラソンがあるんですね。

元気で健康で毎日過ごせることが一番の幸せなんでしょうね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

チベット体操 自分の時間を創る

先日、地元の幼稚園で、若いお母さん達を対象にした『チベット体操講座』がありました。

森町の中にはいくつか幼稚園があるのですが、自分の子供達が通った幼稚園では初めての講座だったんです。

チベット体操は『若返り』の体操と言われていますが、幼稚園のお母さんは、そのままでも十分お若いんです。

ですから、『若返り』よりも、もっと実感として欲しい物があるんですよね。

それは何なのでしょうねぇ?

きっと、それは、きっと自分だけの時間なのではないのかな?
子育てに忙しいので、なかなか自分だけの時間を過ごすのは難しいんですよね。

それと、何人かの子供を出産して、体が少し変化していることも事実なんですね。(偉そうなことを書いていますが、私は男性ですので、本当のことは実感できません)

一つひとつのポーズをお教えしながら、ここをこうすれば、この先こういうことを予防できるんですよって、自分たちが実際に試してきたことを、お母さん方にはお教えしました。

最後に1回通しの5分間の体操をしました。

この5分間だけは、毎日頑張っている自分への『ご褒美の時間』として、何もかも忘れて自分の世界に入っていただくようにお伝えして、普段の時間とけじめを付けて始めました。

静かな時間が流れていったような気がします。

最近着なくなってしまった服とか、はけなくなっていたジーンズがはけるようになるだけで、ご自分の気持ちも違ってくると思います。

子育てで忙しい中ですが、数分でも良いから『ご自分だけの時間』を創って、体操でもいいし、呼吸法だけでも続けていただけたら、と心から思いました。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:58| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

チベット体操 それぞれに時期がある

今月も、先月同様になかなか記事が書けない日が続いています。

突然の休日となった今日、短い時間ではあったけれど、草ぼうぼうになっていた畑の草取りをすることができた。

この夏、お盆を過ぎたら苗、種を植え付けようと思っていたが、相次ぐ台風のおかげで何も出来ておらず、草だけが伸び放題になっていた。

草を取っていたら、「あれっ?」と思うことがいくつかあった。

種は植え付けたものの、芽も出さなかった きゅうり。
種を植えた記憶もない 冬瓜(とうがん)、にら、赤じそ が草の中で大きく育っていた。

畑の土は、昨年よりも量が増えて、少し高くなった気がした。

この畑は、昨年の春以降、脱化成肥料ということで、『たんじゅん農法』を取り入れて野菜を育てて来た。

畑のことを書くときは、なぜかチベット体操と比べてしまっている。たんじゅん農法が自然を活かした農法、チベット体操が深い呼吸を取り入れた体操で、双方とも自然の知恵、法則に任せているところに共通点を感じるからだ。

チベット体操を続けていくと、ある時に自分の体が変わったことに気がつくことがあります。「あれ、ちょっと以前よりも筋肉がついたかな?」そんな状態が、最後に書いた、土の量が増えた感じがするのと同じ状態だと思う。
20111106野菜時期.jpg
夏前に蒔いた時には芽さえ出なかったキュウリが、いつの間にか蔓が伸びて大きく育っていたのには驚いた。写真の黄色いのがそうで、この種をとって来年また土に蒔こうと思っている。

チベット体操を出来るだけ多くの方に知ってもらおうと、ずっと講座を続けてきているが、なかなか思うようには広がっていかないと感じるときが多いのも事実。

でも、きっとそれは、「チベット体操をしてみようと感じる時期」ではない人が多いということだと思う。

自然界は、時期がくれば、自然と芽が出て、いつの間にか大きく育って、次の世代へとつなげる準備までしている。

だから、僕たちは余計なことは考えないで、今出来ることをしっかりとしておけばいい。いつものように毎日体操を続けて、若く元気な体でいることが一番大切なのだ。

それを、畑の野菜に教わった気がする。
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:30| Comment(2) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする