2012年11月29日

チベット体操 miffyには負けられない

明日で11月も終わります。もう来年の手帳を買われた方も多いと思います。

私は少し早めに黄色の手帳を買いました。miffyの手帳なんですが、これで4年続けてmiffyの手帳を使うことになります。

突然ですが、皆さんはmiffyの年齢をご存知ですか?

miffyは1955年6月21日生まれなんです。ですから、現在は57歳なんですよ。

私は?というと1958年2月26日生まれなので、現在54歳。miffyよりも年下なんです。学年でいうと2年先輩になるんですね。

現在同年代の方が多く活躍されていますが、若さという目で見ると、やはりmiffyにはかなわないですね(笑)。

これから先のことを考えると、やはり出来るだけmiffyを意識しつつ、離されないようにしなくてはいけません。

この夏、名古屋の講座の後で many many miffyという催しに行く機会がありました。そこで写真を撮ったのですが、このブログで皆さんにお見せしますね。
miffy.jpg
顔出しは何度もしていまが、体操の服装がほとんどですね。今日は珍しく普段着で顔見せです。

このブログのプロフィール写真とかヒマラヤクラブの写真は何年も変えていなかったので、Facebook等をご覧になってない方には現在の様子(笑)です。

チベット体操だけでここまできました。前の記事で、チベット体操を普段の生活に取り入れると続き易いという話をしましたね。

約10年の途中経過が今だと思っていただけたらと思います。

miffyに負けないように若くいたいと、心の底から思っていますよ。いけそうなきがするんですよ、チベット体操を続けるだけですからね!!

そうそう、このブログでも少しの間Facebookにリンクするアイコンが貼付けてありましたが、今はありません。
スマホがこれだけ普及して、Facebookをされている方も多いと思います。

基本的には一度お会いした方としかお友達にはなっていませんが、○○の講座を受講した○○ですと書いてお友達申請をしていただけたら、すぐにお友達になります。

日々の生活の中で撮った写真とか載せてますので、よろしかったらご覧になって下さい。
http://www.facebook.com/tibetclub
posted by T兄さんtoT姉さん at 19:56| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

チベット体操 普段の生活に取り入れると体操はつづきます

月に一度の名古屋、岐阜の講座に行ってきました。

土曜日のことです。

「私、どうしても家ではチベット体操が続かないんです。何かコツみたいなものはないんでしょうか?」

この講座に最初から受講していただいているので、約3年になるのですが、こういう質問をいただきました。

このような悩みを持っている方は多いと思います。

私の周りで毎日チベット体操をしてる人は、私の知ってる限りは『一人』しかいません。年に2回徳島の講座で会う、高校の同級生だけです。

その答えが、実は昨日の 名古屋栄での講座の中にあったんです。

「この一ヶ月どうでしたか?」

いつものように講座の前にお話を伺うのですが、こんなお話があったんです。

「この一ヶ月、毎日できました。」

「ええええっ、すごいじゃないですか!何かあったんですか?」

「と言っても5番だけなんですけどね。私ねテレビを横になって見ていてね、起き上がる時にそのまま起き上がるんじゃなくて、一度うつ伏せになってね、その後手と足で体を支えて、お尻を持ち上げるんです。そうやって起き上がるようにしたんです。」

わかりますか?
そう、第5の体操を、普段の生活のなかに取り入れたんです。

「多い日は20回くらい第5の体操をしているんです。そうしたら、肩のこりとか、ふくらはぎの疲れなんかがなくなったんです。体も柔らかくなってきました。」

思わず笑ってしまったのですが、おおおおおっ!これは凄いことだと思いました。

もう何年も講座を続けていて、「なかなか続きません」という話は何回もお聞きしていたのですが、その答えに困っていました。

でも、受講生の中から、こんな答えをいただいたんです。

ご自分では『お尻もっこり体操』と呼んでいるみたいですが(笑)、これは皆さんにシェアしないといけないと思って、早速記事にしました。

是非、お試しください!!
posted by T兄さんtoT姉さん at 11:06| Comment(0) | 効いてきたよーん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

チベット体操 からだって進化するものです

この夏以降、週に一度20キロ前後の荷物を背負って、急な斜面を一直線に登るという場面があります。

仕事での場面になるのですが、斜面長は約200m、斜面はどんどん険しくなって、最後は両手でどこかを持たないといけないくらいの勾配です。

最初、この斜面を登り切るのには、数えきれないくらい途中で休憩を入れました。それくらい きつい んです。

しかし、面白いことに、休憩の回数が段々と減ってきたんです。

そうして、3週間前に一度も休むことなく登り切ることができました。

その後、今週で3回続けて休まずに登ることが出来るようになったんです。

もちろん、何も考えずに登っている訳ではありません。
どんな呼吸をしたら一番体が楽なのか?考えながら試してきたんです。

そうしてたどり着いたのが、やっぱり『丹田呼吸』でした。

チベット体操をしている時のような、ゆっくりなリズムでは、とても息が追いつきません。どんどん空気を取り入れないと、とても体を動かすことが出来ないからです。

かなりの速さで呼吸をしているので、丹田も忙しく、膨らんだり凹んだりを繰り返しています。

その呼吸に合わせて、足を動かします。一歩は狭くても良いから、とりあえず呼吸に合わせて、足を動かすんです。

頭を持ち上げて出口など見ません。見ると嫌になるからです。ひたすら目の前の地面を見ながら登るんです。

それを繰り返していると、体って変わってくるんですね。
休まなくても、登れるようになったんです。

この3回の違いもあります。3週間前は登り切ってから、そこにへたり込んでしまったのですが、今週はそのまま歩くことが出来ました。

週に一度のことなのですが、人の体って少しずつ対応が出来るようになるんですね。

だから、毎日何かを続けるってことは、もの凄いことなのだと改めて感じました。体がそれに応えてくれるようになるんです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:57| Comment(3) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

チベット体操 息が下がってきています

「この2週間、チベット体操は1回もできませんでした。それには理由があったんです。ある会の司会をすることになって、それが気になってとても体操が出来るような状況じゃなかったんです。」

「司会はどうでしたか?」

「もう大変だったのですが、何とか無事に終わらせました。皆さんが落ち着いていたよ って言ってくれたのですが、私は呼吸がすごく浅くなっていたような気がします。でも、以前に比べたら息が下がっていたような気がするんです。」

「他の人を見ていたら、やはり浅い呼吸で喋りも速くなっているのがよくわかりました。これも、ここで深い呼吸を練習しているからだと思います。」

って、嬉しい報告をしてくれました。

人前でお話をするって、緊張をしてしまって、いつものようには喋れないですよね。そんな時に、講座の深い呼吸の練習が役に立ったと思うと、嬉しくなりました。

深い呼吸を一つ、二つするだけで、本当に気持ちが変わります。何かの時には是非、お試しくださいね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

チベット体操 積極的になってきたような気がするんです

とある講座でのお話です。

講座を受講し始めて一ヶ月半過ぎた女性の方がいらっしゃいます。


「昔は先生の住む森町にもよく行ってたのですが、最近はあの橋を渡るのがちょっと怖くて、なかなか行ってなかったんです。でも、先日、小国神社まで車で行くことが出来ました。」

「行く前には深い呼吸をして、自分を落ち着かせていくことが出来ました。」

「なんか 積極的になってきたような気がするんです」

って、嬉しいお話を聞かせてくれました。
気持ちが前向きになってきたんでしょうね。

深い呼吸の効果って、いろんな形で現れてくるんですね。

深い呼吸と、チベット体操のゆっくりな動作で、自分と向き合うことが、忙しい毎日の中でとても大切な時間になっているような気がします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

チベット体操 12月15日は東京でチベット体操講座

来月 12月15日(土)は東京でチベット体操講座を開きます。
今年最後の東京での体操講座になります。

来年は都合で、私がなかなか身動きが取れなくなり、3月の講座は予定をしていません。6月は何とか東京に行きたいとは思っていますが、まだ予定は入れていません。

ですから、チベットクラブのチベット体操に興味がある方は、是非この機会に受講をお考えください。

■午前は、初めての方を対象とした『体験講座』です。
•呼吸を丹田まで下ろして、その呼吸を使った体の動かす練習。
•丹田呼吸をしながらの『5つの動作』をしっかりとお伝えします。

■午後は、『体験講座』を受講した方用の『フォロー講座』です。
•ご自宅での体操の疑問点、質問等にお答えしながら、もう少し深く一つひとつの動作を出来るようにお伝えしています。

受講申し込みは ここからお願いします
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:38| Comment(0) | 東京体操講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

チベット体操 お尻上がってますね!

昨日は三ヶ月ぶりに静岡市と山梨県の境界辺りの山のガイドをしてきました。以前書きましたが、ガイドと言っても、一番最初に歩くのが私の役目で、ヒルがいたら食われ、マムシがいたら噛まれ、丸太橋が折れたら谷に落ち、熊がいたら最初に会うのが私の役目です(笑)。

担当者の27歳の女性が真ん中を歩き、25歳のスポーツマンが最後を歩きます。

それぞれに作業をしながら山を歩くのですが、担当の女性が歩きながらこんなことを言ったんです。

「松下さんて お尻 上がっていません?」

27歳の女性にそんなことを言われて、嬉しかったのですが、真ん中を歩きながらお尻を見られていたんだな••と思うと、何となく恥ずかしくなりました。

余裕のある作業ズボンだったのですが、上がっているようにみえたのでしょうか?
そんなことを言われたのは初めてでした。

彼女とは何度も体操のことは話していて、呼吸法のことも教えてあげたことはあります。

「息を吐く時に こうして こうして こうすればいいよ」

ブログを呼んでいただいている方には、あまり珍しくないことを教えてあげました。

この動作、一秒足らずの動作ですが、半年続けたら本当にお尻が変化します。
「そんなことで変わるんですか?」
と思われかも知れませんが、それを続けた結果が 私だったり、T姉さんだったりするんです。

皆さんも懲りずに、ほんの一秒足らずの動作を続けてみて下さいね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:55| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

チベット体操 男性にも尿漏れと似た悩みはあるんです

このブログの記事の中には、「呼吸法+チベット体操で尿漏れが改善されました」という報告があったという話が、数は少ないのですが載っていると思います。

それは、いずれも女性からの報告でした。

でも、男性にもそれに似た悩みはあるんです。最初の頃はあまり気にならないのですが、段々と年齢を重ねてくると、多分誰にでも『ある』ことだと思います。

それは何か?というと、『おしっこのキレ』が悪くなるんです。
女性の方には、もしかしたら解らない感覚かも知れません。

『しっかりと切った』つもりでも、少し残ってたりして下着に少し染みてしまったりするんです。

『年齢だから仕方がない』と、それで終わらせている方も多いと重います。ほんの少量であれば何も問題はありませんからね。

でも、それで終わらせてはいませんか?

『仕方がない』で終わらせないで下さい。これは、改善出来ます。
なぜ、そんなに自信を持って言えるか?というと、私が実際に改善途中だからです。

自分で言うのもなんですが、効果は抜群です。
最後の一滴二滴のほんの些細なことなのかもしれませんが、改善が進むと気持ちが全然違ってくるんです。

人前でお話をしても良いくらいの処まではきていると思っています。
もう少し試してみて、その後講座等でお伝えしたいと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:42| Comment(0) | 効いてきたよーん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

チベット体操 整えているのは気持ちです

「チベットクラブのチベット体操の特徴、他にはありませんか?」

と聞かれたら、しっかりととっている『間』もその一つだと思います。

先日とある講座で、こんなことを質問してくれました。

「先生、私一つの体操をした後で、あんなに時間をとらなくても大丈夫なんです。そんなに はぁはぁはしていないんですけど、短くてもいいんでしょうか?」

「なるほど!」と思いましたが、このようにお伝えしました。

「あの呼吸の時に整えているのは苦しい呼吸ではなくて、気持ちなんです。これは、私達がそのような体操をしているだけなので、一つの体操の方法だと思って下さい。ご自分のペースで結構です。」

『声のCD』をご購入いただいた皆さんの中にも、同じように感じた方も多いと思います。講座に参加をした経験のある方は、「講座の最後の15分だな」と思われたと思います。

この『間』の時にも、前の記事に書いた、吸う吐くのリズムで気持ちを整えてみて下さい。本当に時間が流れるように過ぎていくと思います。

で、最後にいつぞや書いた『普段の時間に戻ってくるんです』。

きっと特別な15分を過ごせることが出来ると思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:13| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする