2013年12月30日

チベット体操 呼吸にイメージを重ねる

「呼吸法の時には、『息を吸うこと、吐くこと』を意識しながら呼吸をして下さい」と、よくお伝えしています。

『意識する』をしながら、今度は『イメージする』を重ねてみましょう。

息を吸う時には「吸った空気が、手の指先、足の指先までしっかりと行き渡るように」

そうして息を吐く時には「イヤなこと、心配事、悩み事、怒り」をぜーんぶ吐き出すんです。

今度は「将来自分はこんな自分になりたいんだ」と、しっかりとイメージしながら息を吸うんです。

そうやって、体の中をきれいなイメージでいっぱいにしてみましょう。

急がないように、ゆっくりゆっくりと深い呼吸をしてみて下さい。

無理に長い呼吸をしようなんて思わない方が良いです。自分にとって気持ちの良い長さで良いんです。

楽な服装でリラックスして、自分のペースで、自分なりにイメージをしてみてください。

呼吸法の後、少し体も気持ちも楽になったように感じると思います。

それだけで良いですから、時間がある時に試してみてください。

そうして、その呼吸をしながら、チベット体操をしてみてください。
本当に気持ちの良いチベット体操を味わえることができると思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:43| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

チベット体操 リバウンドしづらいんです

チベット体操を続けていると、人によっては『ビールが飲みたくなくなったり』、『お白湯やミネラルウォーター』がよくなってきます。

スポーツドリンクがものすごく甘く感じて、飲めなくなったりするんです。

そう、嗜好が変わってくるんです。

これは本当に不思議なのですが、何人もの人が経験をしていると思います。

前の記事で書いたように、太らないような生活になってくるんですよ。

こういう生活が普通になると、少しずつ体重も落ちてきたりするのですが、大事なことは『知らないうち』にそうなっているということです。

ですから、こうやって体重が落ちた後は、リバウンドがしづらいんです。

なぜか?というと、食べたいのを我慢して我慢して食べないで体重を落としたわけではないからです。

そう『無理をしていない』んです。

嘘みたいに思えるかも知れませんが、嘘ではないんです。

地味でコツコツするしかなくて、とても遠回りをしているように思えますが、実は非常に効率の良い方法を選んでいることに気づくと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 08:07| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

チベット体操 体重落とすのは簡単 増やすのは難しい

今日で今年のチベット体操講座は無事に終了しました。今年も体調を壊すことなく、全ての講座を終了できたのが嬉しいです。

チベット体操講座には、色々な方が参加をしてくれていますが、共通して言えることは『自分の健康には気を使っている方』ばかりです。

チベット体操は、ダイエットの効果があるというので、多くの方が受講していただいています。

ですから、どちらかというと『肥満ぎみ』の方が多いように感じている方も多いと思います。

でも、実際には『肥満ぎみ』の方はいらっしゃらないです。どちらかというと、スリムな方がほとんどです。

面白いでしょう!東京で講座を開いても、博多で講座をしても、受講していただくのは同様に、どちらかというと『スリムな方』ばかりです。

世の中、体重を落とすダイエットばかりを耳にしますが、私の経験から言うと「体重を落とすのはそんなに難しくはないんです」。このブログに書いてあることをそのまましていただいたら、時間はかかりますがかなりの確率で効果が期待できます。

でも、体重を増やしたいと思っている方も実は多いんです。だけど、体重を増やすのはとても難しいんです。ただ、増やせばいいと言うのではなくて、きれいな体にしながら増やすのは難しいんです。

私は、チベット体操を始める前は,体重が70キロくらいありました。それをベストの62.5キロくらいまで減らして、その後57キロ近くまで落としたことがあります。

一年もかからなかったのですが、あまりに『ペラペラな体』であることに気づき、しっかり食べて現在の62~3キロくらいに戻した経験があります。
この約5キロ体重を増やすのが、とても難しかったんです。しっかり食べるしかないのですが、このブログに書かれている生活は、体重を増やそうとする記事ではないんです。

体重を増やさないようなことが書かれているんです。

その生活をしながら、少しずつ少しずつ体重を戻したんです。そうしたらどうなったと思いますか?

きれいな筋肉が体に付き始めたんです。筋トレでできるような筋肉ではなくて、しなやかな筋肉だと思って下さい。

そういう経験があるので、「体重を増やすのはとても時間がかかります」ってお伝えしてます。

何年もかかってつくりあげてきた今の体を、短い時間で何とかしようと思うのはやめましょうね。体重を落とすのも、体重を増やすのも、継続すればそのようになっていきます。何を継続するかは、いまご自分で試しているものでいいと思います。

これから始める方は、チベット体操がその候補の一つになれば嬉しいです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:55| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

チベット体操 体重を維持しているのは食べ方だと思います

「私は毎年夏になると体重が2キロくらい減るんです。それで、冬になるとまた元の体重に戻るということを毎年繰り返していたんです。でも今年は体重が夏以来変わらないんです。先日、知り合いの男性の方とお会いしたんですが、どう見ても以前に比べてスッキリしているんです。どうしてなのか?お聞きしたら、食べ方(食べる順番を)しっかりと守っているというんです。私も、この講座で教えていただいてい以来ずっと試しているのですが、先ほどの男性の話を聞いてから、私の体重が増えないのも食べ方の効果だと思えるようになりました。」

昨日の講座で、いい表情でお話をしてくれました。

『食べ方』については、このブログでも何度も書いています。少し前にも書きましたね。

お話をしてくれた女性は、最近お体が変化をしているのが、見てわかるくらいになってきました。ですから、ご自分ではもっと変化を感じているのではないか?と思っています。

このブログに書かれていることは、チベット体操をはじめとして、すぐに変化をするようなことは何一つ書かれていません。

時間のかかる、すごく遠回りをしているように思えることばかり書かれています。

この『食べ方』についても、ものすごく地味で繰り返すことしか方法がないんです。でも、時間はかかりますが、着実に体は変わってきます。

『食べ方』、呼吸法、自然のリズムでの食生活等々、地味でささいなことの繰り返しが、ある時歯車が噛み合って、目に見えて動き出すときがあるんです。

これは、特別な人にしか体験できないことではないんです。ささいなことを続けることによって、誰でも体験できることなんです。

次は、あなたの番なんですよ。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:38| Comment(0) | 効いてきたよーん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 気持ち良くて寝てくれるということ

昨夜は、磐田市のワークピア磐田でチベット体操講座がありました。

駐車場に車がないと思ったら、講座があったのは『チベット体操』だけでした。チベットクラブにはクリスマスは関係ないんです。家は曹洞宗だし・・・冗談ですよ冗談(笑)。

いつものように、呼吸法、チベット体操をしっかりとお伝えしましたが、今日も面白い場面がいくつもありました。

部屋は暖房がしっかりと効いており、寒さに対しては必要がない環境での呼吸法となりました。

私の声に合わせて、お腹を膨らませたり、凹ませたりしながら、深い呼吸へと入っていくのですが、そのうちにお腹の動きが私のかけ声とは合わなくなっている方が何人かいました。

そう、リラックスして、そのまま夢の中に入っている方が数人いたんです。

呼吸法の後で『寝ちゃってすみません』って言ってくださる方もいるのですが、私たちは、とても嬉しいんです。

なぜか?って、自分の家以外で、寝ちゃうようなことはまずないですよね。ましてや、チベット体操講座に受講料を支払って来ているのに『寝ちゃう』なんて考えられないですよ。

でも、そのくらいリラックスして呼吸法をしてみてください。

呼吸法の時間が、忙しい一日の中で癒しの時間になると思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 09:58| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

チベット体操 ちょっとのことで体感が変わります

21日(土),22日(日)と、月に一度の名古屋、岐阜で4講座を終わらせました。

その中で印象的な場面がありました。

女性の方なのですが、どう見ても息を吐くのが上手くいってないように感じました。

息を吐く時にはここまでお腹を凹ませるんです。
息を吸う時には、このようにお腹を膨らませるんです。

と、丹田に重ねた手を私が少し押してあげたりして、感覚を覚えていただきました。

その呼吸で、チベット体操のポーズをとってもらいました。
すると、見違えるような体操になったんです。

彼女曰く

「いつもとはちょっと違った感覚で体操をすることができました。確かに体にも(きつく)感じたのですが、「このチベット体操」って、効果は心の方にも出る気がします」。

『深い呼吸とゆっくりな動作』で、何もかも忘れて、気持ち良く体操をすることができたでしょうね。

そうなんです。息の吐き方一つで吸い方が変わり、それによって同じ動作をしているのに、自分の体に対する感じ方が違ってくるんです。

実は、それを続けることで気持ちの持ち方まで変わってきて、ついには体まで変えてしまうんです。

長い間チベット体操を続けているのだけれど、「何も変化を感じない」と思われる方は、何かを少し変えてみるのも一つの方法だと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:32| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

チベット体操 お腹硬くないですか?

私たちチベットクラブの講座を受講したことがある方は、呼吸の練習をする時にお腹を膨らませたり凹ませたりしながら、何度も何度も呼吸を繰り返したことを覚えている方も多いと思います。

その呼吸をご自宅で、やはり繰り返して練習をして欲しいんです。

そうするとどうなると思いますか?

お腹が『やわらかく』なってくるんです。

『やわらかく』なったら、どうなると思いますか?

からだが変化を始めます。

逆に言うと、お腹が硬いうちは変化は難しいです。

今ご自分のお腹を触ってみて下さい。硬いですか?やわらかいですか?
特にお腹を凹ませた時の感じがわかりやすいと思います。

お腹を凹ませた時に手で押してみてください。ずーっと奥まで入って行く感じがあればやわらかいと思って良い思います。

どちらにしても、今の硬さ(やわらかさ)を覚えておいてください。
2-3ヶ月してから、もう一度同じことをしてみてください。
多分感じが違っていると思われます。

お試しくださいねぇ。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:18| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

チベット体操 体調を壊すことがなくなったねぇ〜

私たちは、いくつかのカルチャーセンターで『チベット体操講座』を開いています。豊橋中日文化センターもその一つで、2008年4月から始まりました。

ここは、週に1回、月に4回講座を開いています。

ここに最初から講座を受講してくださっている女性がいます。地元の方で現在は70代前半になられました。半年遅れて、彼女のお姉さんも一緒に講座を受けてくれるようになり、現在まで続いています。彼女は70代半ば、名古屋から毎週通っていただいています。

講座の始まりは「この一週間はどうでしたか?」というようなお話を伺うことにしています。今日はこんな嬉しいお話をしてくれました。

妹さんのお話です。

「今日も姉と一緒に来たんですけれどね、家の主人がこう言うんです。お姉さん、体を壊して体操を休むということがないねぇ。表彰状をあげないといけないねぇ。」

そうなんです。このお二人とも、所用で体操に出られない時は数回だけあったのですが、5年半の間、体の調子を壊して体操を休んだことが一度もないんです。

お姉さん曰く「チベット体操のおかげです」って、いつも言ってくれています。
そう言っていただけると本当に嬉しいのですが、お体の方も最初とはずいぶん違っていて、とてもその年齢には見えません。

もう一つ、どうして皆さんに知っていただきたいのが、このお二人は体操講座の時しかチベット体操をしていないんです。

週に一度のチベット体操を5年続けているだけなんです。

週に一度のチベット体操を5年以上続けているのは、全国でもこのお二人だけではないでしょうか?その変化をずっと見続けていますので、自信を持って言えるんです。

「週に一度のチベット体操でも十分にお体は変化をします。」

継続、これに勝るものはないですね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:25| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

チベット体操 体重を確認すると安心できますよ

今日、17日は満月ですね。
image.jpg
少し前に『お月様のリズム』の話をしました。新月から満月までは、食べたものが身に付き易い時期なんですよってことでしたね。

満月を過ぎて、リズムが変わるところに来ています。

私の感覚では、変化は直ぐではないので、ここ2~3日で徐々に変わって行くように思います。

ご自分の体重を気にされている方も多いと思います。
確認のために、今日の体重を計ってみてはいかがでしょうか?

2週間前と比べて、体重が増えていないのなら一安心です。次の2週間は、発散の時期に入るので、普通の食事をしていればそんなに体重が増えることはないと思います。

体重を落としたいと、運動等をされている方は、落ちやすい時期に入っていきます。
10年前に私が体重を落として行く時に、一番気になったのは満月の時の自分の体重でした。

この年末に新月に向かっている周期というのは、少し安心できますね。忘年会その他で、飲んだり食べたりすることが多いですからね。

「ほんまかいな?」

と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、そういう目でご自分の体を観察してみてください。

新しい発見があるかもしれませんよ!
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:59| Comment(0) | 生活のリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 若さは年齢じゃないんです

13日の金曜日、夜に静岡県森町を車で出発。磐田、浜松で仲間を拾って、徳島県上勝町を目指しました。

今回は、チベット体操講座ではありません。いつも一緒に色々な活動をしている(というと格好良いですが、遊んでいると言った方がぴったりです)仲間と、上勝町の視察研修(聞こえがいいですねぇ)です。

上勝町と言ってもピンと来ない方もいらっしゃるかも知れませんが、おじいちゃん、おばあちゃん達がタブレット片手に、葉っぱビジネスをしている町だよと言えば、「知ってる知ってる」って方が多いと思います。

チベット体操で上勝町を訪れた時に見た風景とか、知り合った人たちに是非会って欲しいと、今回の視察研修を企画したんです。

皆さんそれぞれにしっかりと地に足をつけて進んでいる方ばかりで、お話をするだけでとても良い刺激になりました。

嬉しいことに、新しい出会いもいくつかありました。
地元にふんだんにある杉を使って、ブロックのような遊び道具(これがはまっちゃうんです)を考案された60代の男性。
毎日お餅をついてお店に出している(これが人気があるんです)、これまた70代の女性達。

今回お会いした皆さんに共通するものがあるんです。
何だと思いますか?

『お若いんです!』

もっとわかり易く説明をすると、『体から若さが出てきているんです』。

改めて、若さって年齢じゃないと感じました。
体から感じる『若さ』を言うんですね。

そのためには何が必要なんだろうか?

その答えは人それぞれで違うと思いますが、お会いした皆さんを見ていると、前向きで笑顔が素敵で、ちゃんと自分を持っている そんな方ばかりでした。

生き方の中に『若さ』の秘密が隠されているのでしょうね。

日曜日の夜9時には、浜松に着いていたという弾丸視察研修でしたが、本当に行って良かった! 素晴らしい人たちとお会いできていてありがたい!と感じた二日間でした。

*ブロックを考案された男性の年齢が間違っていたので、12/18に直しました。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:33| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

チベット体操 どうして効果がでるんですか?

先日の東京で、ちょうど私の年齢についての質問の後だったと記憶していますが、こんな質問をいただきました。

「どうして、この体操で(若返りやその他の)効果が出るんですか?」

「私には解りません、でも効果が出るんです。それが、(英文のタイトルにもある)古代からの秘密なのではないでしょうか?」

と、お答えしました。

チベット体操の英文で書かれた原書のタイトルは
Ancient Secret of the Fountain of Youth

なんです。

どんなものでもそうですが、医学的な解説は後からいくらでも付けることができると思います。

でも、「よく解らないけれど、やってみたら効果が出るんです」っていう答えも『あり』と思うんです。
証明しようと思ったら、10年間毎日チベット体操をして、自分で確認をすれば良いんです。

逆にいうと、私はそれをしてきたから、皆さんにお伝えしているんです。

証明書や著名人による推薦も、確かにあれば安心できるかも知れませんが、それよりも自分で判断をすることが大切だと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:01| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

チベット体操 特別な15分にするんです

私たちチベットクラブの行っているチベット体操は、基本の回数3回で5つのポーズをとると、約15分かかります。

「どうして15分もかかるんですか?!」

って、驚かれる方も多いのですが、丹田を意識した深い呼吸をしながらのゆっくりなポーズ。一つひとつのポーズが終わる度にしっかりとした『間』をとると、そのくらいの時間になってしまいます。

『間』は、体がきついから休憩をとるための『間』ではなくて、気持ちをしっかりと整えるための『間』です。

しっかりと気持ちを整えることによって、意識は自分自身へと向いていきます。
そう、この15分は、自分と向かい合う時間なんです。

忙しい毎日を過ごしている現代人にとって、必要なのは今日一日忙しく過ごした自分への『ごほうびの時間』だと思います。
誰にも邪魔をされない、自分だけの時間を過ごすことです。

そうすることによって、この15分が特別な時間になるんです。

自分に『ごほうびの時間』をプレゼントしてあげましょう。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:17| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

チベット体操 丹田を意識した排便法(丹田うんち法)

今日は、私が行っている『秘技』?を、皆さんにお伝えします。

先週のとある講座で、非常に盛り上がった話題がありました。

「腸内環境を整えることで、うんちがどっさりと出るようになったんです。」
ということで、食事法とか理想的なうんちの形状とかについての話になりました。

普段は、なかなかそういう話題は出づらいのですが、でも情報が少ない分感心を持っていることも事実ですよね。

食事の方法とかはよく理解できたのですが、実際に排便方法については、あまり考えてなかったようでした。
そらそうですよね、みなさん同じ方法で排便をしていると思っていますよね。

で、皆さんにお聞きします。

「排便をする時に、呼吸はどうしていますか?」

先ほどの方は、ちょっと考えた後で、「息を止めています」ということでした。
便器に座って、肛門括約筋(だと思うのですが)を緩めたら、本当に排便したい時なら、そんなに時間はかからないですよね。

それで、理想的だと言われる、バナナのようなうんちが出れば、それにこしたことはないです。

ただ、少し長引く時もありますよね。それで、どうしても出したくて『息む』かたも多いのではないでしょうか?
きっと、息を止めて(あるいは吐きながら)『息んで』いるのではないでしょうか?

私はどうか?というと、いつも『息を吸いながら、丹田を意識して、腹圧で押し出すように』排便をしています。
そうして、出す間、肛門括約筋は締めません(閉じません)。

先ほど書いたように、短い時間で一気に出る時には、この方法で排便する場合も、息を止めたり吐いたりしながら出す場合も、結果はあまり変わらないかも知れません。

しかし、少し長引く場合は、『息む』ことがないので、肛門の出口または、直腸の内壁に力がかからないので、『痔核』や『直腸脱』になる心配が少ないと思われます。

文章にすると簡単そうに聞こえますが、実際は少し練習が必要です。
しっかりと丹田を呼吸ができていないと、腹圧で押し出すまでは行かないからです。腹圧を下に(肛門方向に)かけるようにしなければいけないからです。

それから、どうして肛門括約筋は締めないか?というと、連続した便を出すためです。

今日は、書こうかどうか?迷ったのですが、必要な方もいるかもしれないと、この話題にしました。
必要な方は、お試し下さいね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:04| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

チベット体操 呼吸法をしっかりとお伝えをしました

12月7日(土)、半年ぶりに東京でのチベット体操講座を開きました。

今回の特徴は何か?というと、お申し込みの時に半数近くの方から『あるメッセージ』をいただいていたんです。

何だと思いますか?

「呼吸法を知りたい」という方が、それほどいらしたんです。

ですから、今回は1時間近く時間をかけて、呼吸法をお伝えしました。先日から書いている『丹田を意識した呼吸法』です。

まず、ご自分がどんな呼吸をしているか?確認してもらい、その後お腹、丹田へと意識を下ろしていきました。驚いたことに、始めてから数分で呼吸が変わりました。しっかりとお腹で呼吸ができるようになったんです。

ここまできたら、『丹田』まで意識を下ろすのは、そんなに難しくはありませんでした。

「そんなに簡単なの?」
って、聞かれそうですが、それほど難しいことではないんです。

「じゃ、何で深い呼吸ができないの?」
って、これまた聞かれそうですが、答えは簡単です。

吸う吐くを意識して、呼吸をしていないからです。
ほっとけば、勝手に呼吸はしてくれるからです。

ご自分にとって、どのくらいの長さの呼吸が気持ち良く感じれるか?
これも、実際にご自分で試してみて、解っていただけたと思います。

大切なのは、その呼吸でチベット体操をすることなんです。
チベット体操の基本的なことろは、お伝えできたと思っています。

皆さん、しっかりと体操ができていましたからご安心下さいね。
ボチボチで結構ですから、ご自分で無理のないように続けていただけたらと思います。

講座の感想、ご自宅での体操等々、コメントでもメールでもいただけたら嬉しいです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:34| Comment(0) | 東京体操講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 呼吸法をしっかりとお伝えをしました

12月7日(土)、半年ぶりに東京でのチベット体操講座を開きました。

今回の特徴は何か?というと、お申し込みの時に半数近くの方から『あるメッセージ』をいただいていたんです。

何だと思いますか?

「呼吸法を知りたい」という方が、それほどいらしたんです。

ですから、今回は1時間近く時間をかけて、呼吸法をお伝えしました。先日から書いている『丹田を意識した呼吸法』です。

まず、ご自分がどんな呼吸をしているか?確認してもらい、その後お腹、丹田へと意識を下ろしていきました。驚いたことに、始めてから数分で呼吸が変わりました。しっかりとお腹で呼吸ができるようになったんです。

ここまできたら、『丹田』まで意識を下ろすのは、そんなに難しくはありませんでした。

「そんなに簡単なの?」
って、聞かれそうですが、それほど難しいことではないんです。

「じゃ、何で深い呼吸ができないの?」
って、これまた聞かれそうですが、答えは簡単です。

吸う吐くを意識して、呼吸をしていないからです。
ほっとけば、勝手に呼吸はしてくれるからです。

ご自分にとって、どのくらいの長さの呼吸が気持ち良く感じれるか?
これも、実際にご自分で試してみて、解っていただけたと思います。

大切なのは、その呼吸でチベット体操をすることなんです。
チベット体操の基本的なことろは、お伝えできたと思っています。

皆さん、しっかりと体操ができていましたからご安心下さいね。
ボチボチで結構ですから、ご自分で無理のないように続けていただけたらと思います。

講座の感想、ご自宅での体操等々、コメントでもメールでもいただけたら嬉しいです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:33| Comment(0) | 東京体操講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

チベット体操  丹田呼吸を意識した山歩き

昨日は、平地を歩く時の丹田呼吸を意識したウォーキングの話をしました。
今日は、山を登る時の丹田呼吸を意識した歩き方についてです。

ただし、私が行っているのは、標高の高い山を登る本格的な登山ではありません。標高はそれほど高くはないのだけれど、やや重めの荷物を背負って、あまり整備されていない(人が歩いた所が道になるみたいな)所の山歩きです。

しかし、重い時には20キロ近い荷物を持っていますので、整備された登山道を長時間歩く方にも『使える』と思います。

山を登る時の呼吸法は、呼吸に合わせて足を運びます。なぜか?というと、次の一歩が順調に踏み出せるような所ばっかりではないからです。この時に一定なリズムで刻んでいるのは『呼吸』なんです。ですから、それに合わすようにするんです。

呼吸の方法は昨日書いたように、息を吐く時には『お腹が凹み』、息を吸う時には『お腹が膨らみます』。

ですから、山を登るにしたがって、だんだんときつくなって、ハーハーと呼吸をする時には、それに合わせてお腹の動きも速くなります。
そんな時の歩幅は狭い場合も出てきますが、呼吸に合わせて、とにかく一歩を踏み出すんです。

この呼吸法での山歩きの特徴は、休憩に入ってからの体の回復がとても早いです。特に、呼吸の回復には目を見張るものがあります。
重めの荷物を背負った時、急で長い上り坂を登った時などは、それを感じ易いと思います。

一つ気をつけなければいけないのが、山歩きを始めてからこの呼吸に慣れるまでは結構しんどいです。でも、そこを乗り越えて順調に呼吸ができるようになれば、その効果を実感できると思います。

呼吸一つで、(平地、山を)同じ歩くにしても、体の反応が違ってきます。

今日の話は、山歩き、ハイキングをされない方には必要ないことかも知れませんが、頭の片隅に置いていただけると嬉しいです。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:32| Comment(0) | 私はこれで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

チベット体操 丹田ウォーキング

健康維持と運動不足解消の為に、ウォーキングをされている方も多いと思いますが、どんな呼吸をしながら歩いていますか?

『丹田ウォーキング』、これは丹田を意識した呼吸をしながらウォーキングをするというものです。

私はウォーキングはしませんが、普段歩いてい時にはこの歩き方をしています。

私たちが行っている呼吸法は、息を吐く時には『お腹が凹み』、息を吸う時には『お腹が膨らみます』。意識をする丹田は、おへそから掌二つ下付近です。

この呼吸を意識しながら歩くのですが、方法は二つあります。

一つは、歩数に合わせて呼吸をする方法。
もう一つは、呼吸に合わせて歩数を決める方法です。

どちらでも良いと思います。ご自分の体に合った方法で良いと思います。

私は、平地を歩く時には、歩数に合わせて丹田呼吸をします。なぜか?というと、平らな道だと同じリズムで足を運ぶことができるからです。
歩いている間、お腹はしっかりと膨らんだり、凹んだりを繰り返しています。

呼吸はあまり意識をしたことがない・・という方も多いと思いますが、明日からでも結構ですからこの歩き方に挑戦してみて下さい。

途中で、ご自分の歩行中の姿勢が良くなっているに気がつくと思います。

それと、いつもよりも汗のかき具合が違っていると思います。

そうして家に帰ってきた時に、疲れ具合が違っていることに気がつくと思います。
いつもよりも疲れていないんです。そうして、回復も早いと思います。

こんなウォーキングを試してみて下さい。
ですから、お友達とお話をしながら、タラタラ歩くようなウォーキングではありません。
もちろん、ウォーキング中は、息を吸うこと、吐くことを意識しながら歩行できると最高です。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:55| Comment(0) | 私はこれで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

チベット体操 何度始めようと思ってもいいんですよ

今週末、半年ぶりに東京での講座があります。

今回は半年ぶりになるのですが、数年前に講座に参加して下さったのですが、その後体操をしなくなって、今回またチベット体操を始めようとしている方からもお申し込みをいただいています。

チベット体操を覚えて下さっていることが嬉しいのと、再開しようとしている前向きなお気持ちが伝わってきて、とても嬉しく思います。

「効果は期待できますが、時間はかかります」

と、よく記事でも書いています。実際に変化のスピードは、かなりゆっくりです。

しかし、ほとんどの方は一日でも早い効果を望んでおられますから、時間がかかって、地味で、最初は面白くも何ともない(笑)チベット体操を続けるのは、忍耐のようなものが必要になってきますよね。

一ヶ月に一度の講座でも、「今日からまた初心に返って始めます」って方が何人もいらっしゃいます。
でも、それはそれで良いんです。したいと思ったことが大切なことだと思うんです。

まだまだゴールは、ずっとずっと先なんです。

焦らずに、何度でもチベット体操を始めてみようじゃないですか!
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:45| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 何度始めようと思ってもいいんですよ

今週末、半年ぶりに東京での講座があります。

今回は半年ぶりになるのですが、数年前に講座に参加して下さったのですが、その後体操をしなくなって、今回またチベット体操を始めようとしている方からもお申し込みをいただいています。

チベット体操を覚えて下さっていることが嬉しいのと、再開しようとしている前向きなお気持ちが伝わってきて、とても嬉しく思います。

「効果は期待できますが、時間はかかります」

と、よく記事でも書いています。実際に変化のスピードは、かなりゆっくりです。

しかし、ほとんどの方は一日でも早い効果を望んでおられますから、時間がかかって、地味で、最初は面白くも何ともない(笑)チベット体操を続けるのは、忍耐のようなものが必要になってきますよね。

一ヶ月に一度の講座でも、「今日からまた初心に返って始めます」って方が何人もいらっしゃいます。
でも、それはそれで良いんです。したいと思ったことが大切なことだと思うんです。

まだまだゴールは、ずっとずっと先なんです。

焦らずに、何度でもチベット体操を始めてみようじゃないですか!
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:43| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

チベット体操 今週末はチベット体操東京講座です

東京でのチベット体操講座が、12月7日(土)に迫ってきました。
半年ぶりなので、とても楽しみにしています。

チベット体操の動きもさることながら、呼吸法について興味を持たれている方もお申し込みをいただいています。

午前中の『体験講座』は、始めての方用のプログラム内容になっています。
深い呼吸にもかなりの時間を割いて、息を吸うこと、息を吐くことを意識しながら、呼吸することを体験していただいています。

どこを、どのように意識して、どんなふうに呼吸をするのかを、しっかりとお伝えしています。

体操の動きもそうなのですが、ブログ等に書かれている内容は、頭では理解できても実際に自分ですぐにできるのか?というと、かなり無理があります。

深い呼吸を自分で体験して、体操の動きを目の前で見ることが、理解するには一番いい方法だと思います。

解らなければ質問をして、聞けば良いんです。
たまにトンチンカンなことを言うようですが(笑)、経験してきたことをお話しできると思います。

お申し込みはホームページからお願いします
当日まで申し込みは受け付けています。

posted by T兄さんtoT姉さん at 00:06| Comment(0) | 東京体操講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

チベット体操 物足りないくらいがちょうどいい

健康を維持するために体を動かさなければいけない!と、一生懸命にスポーツをされている方も多いと思います。

でも、「頑張りすぎて、膝を痛めてしまった」というような話はよく耳にします。

ゆっくりゆっくりすれば良いと思うのですが、ついつい度を越してしまうんですね。
というか、『達成感』を求めてしまうんです。

この『達成感』がないと、体を動かした気がしないんですよね。
若い頃の部活のイメージが、体にこびりついているということもあるんでしょうね。

それはそれで良いとは思うのですが、やはり年齢に見合う運動量があるはずです。

『適度の運動量』は、きっと人によって違うと思いますが、だいたいの目安は、私が思うに『物足りないくらい』じゃないでしょうか?。

いつぞや書いた『腹八分目』も、『物足りないくらい』だと感じています。

大切なのは、『物足りないくらい』をずっと続けることです。

心臓や筋肉に無理をさせないようにしながら運動を続けることで、体を壊すことなく筋力も付いてくると感じています。

年齢を重ねたら、大切なのは今の体、健康を維持すること。
心臓や筋肉、その他臓器等を疲労させないように、老化の速度をできるだけ緩めることだと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:41| Comment(0) | ちょっと一息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする