2014年02月28日

チベット体操 息を吸う時にお腹がふくらんでいますか?

私たちがチベット体操でしている呼吸は、基本的には『腹式呼吸』です。

『腹式呼吸』、よく耳にする機会はあるのですが、実際にはどういう呼吸なんでしょうね?

これは、息を吸う時にはお腹がふくらんで、息を吐く時にはお腹が凹む という動きを伴う呼吸です。
呼吸をする時に、胸とお腹の動きを観察していれば、自分はどんな呼吸をしているかよく解ります。

もっと解り易くするために、胸とお腹に手を当てた状態で呼吸をして、手の動きを観察してみてください。

どうでしたか?

もし、胸に置いた手が大きく上下に動くようなら、胸でしっかりと呼吸をしているということです。

『腹式呼吸』はお腹に置いた手が前後に動きます。

でも、胸に置いた手が上下に動くからといって、心配することはありません。
すぐにお腹で呼吸が出来るようになります。

息を吸う時にお腹に置いた手が前に出るように、お腹をふくらませていけばいいんです。
息を吐く時には、お腹を凹ませていけばいいんです。

なぜ、こんな簡単に言えるか?というと、この呼吸は誰もがしていた呼吸だからです。

思い出してみて下さい。
赤ん坊が息をする時には、お腹が上下していませんでしたか?
小さい子がいらっしゃるようなら、寝ている時にお腹にそっと手を置いてみて下さい。
やっぱり、上下に動いているはずです。

誰もがしていたはずの呼吸法が、いつの間にか浅い呼吸になっているだけなんです。

ですから、戻そうと思えば誰でもすぐに戻す事が出来るんです。
安心して下さい。

ですから、自分の呼吸に気がつくことが大事なんです。
ご自分の呼吸、どんな手の動きをしていましたか?
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:22| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

チベット体操 56歳、年齢を重ねる楽しさ

昨日は私の56歳の誕生日、とても嬉しい誕生日でした。

ここ数年の中では一番体調が良く、体のどの部分にも心配事がないからです。

除雪をされてはいるものの、雪の積もった林道を山に入り、膝近くまで入る雪の中を歩き、50センチ以上積もった雪をスコップで雪かきをして目的物を探し、無事に作業を終わらせて下山。

そんな事をしても体は弱音を吐く事もなく、逆に良い経験ができたと思える自分がいました。

年齢を重ねる事が悲しいとか寂しいとか、そういう感情は感じた事がないのです。

もう一年過ぎた時にこの身体と気持ちを維持できているとしたら、ますます気持ちがワクワクしてきます。

でもそれは、そんなに難しい事ではないように思えます。

なぜ?って、「ここをこうすれば、こうなるのではないか?!」というようなことが、まだまだいっぱいあるからです。

現在進行形のものもあるんです。

肥満体型でチベット体操を始めた2003年は45歳、11年後にこんな誕生日をむかえる事が出来ることを誰が想像できたでしょうか?

私は本当に幸せ者だと思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:30| Comment(2) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベット体操 チベット体操をお伝えするということ

私たちは、このブログの中でも講座の中でも「チベット体操をお伝えする」と言っています。

それには理由があるんです。

「教える」と「お伝えする」とは意味が違います。

例えば10×10=100のように、答えがちゃんと出るものは「教える」ことは出来ると思います。

同じように、チベット体操の5つのポーズのやり方なら「教える」ことは出来ます。

教わらなくても、本を読めばやり方は書いてあるので出来るんです。その体操に自信がもてるかどうか?は別ですけどね。

でも、今私たちがやっている体操は、それだけではないんです。

例えば、呼吸法にしても、丹田呼吸法から始まっていますが、吐き方、吸い方が最初とは少し違います。
食事は?というと、始めた11年前とは違っていますし、食べ方まで考えた食事の仕方をしています。
同時に、自分の体もここ数年間で、最初とはまた違ってきているんです。

チベット体操の5つのポーズは同じなのですが、目に見えないところでの内容が、最初とは違っているんです。
「その体操を続けるとこうなりました」という結果が、人によって違うんです。

そんな状況の中では、「こうしたらこうなりました」と、「お伝え」することが一番理解をしていただけるものだと私達は考えているんです。

まだまだ、私も変わるし、細かな内容も変わっていくような気がしています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:39| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

チベット体操 変化を自覚できたら楽しくなってくるんです

月に一度の岐阜・名古屋の講座に来ています。

いつもお会いするのが楽しみなのですが、昨日の講座で「そういえば…」と考えることがありました。

一年半くらい講座に参加してくださっているご夫婦がいらっしゃいます。

奥様はどちらかというと静かな方で、旦那さんの方が受け答えを担当しているように思えました。

その受け答えが面白くって、笑えるような話をしてくれるのでした。

ところが、ここ数ヶ月面白い受け答えは少なくなっていき、昨日はものすごく真面目に体操をしていることに気がついたんです。

体操のポーズは?というと、これがまたしっかりと出来ているんです。

そう、体操のポーズをとるにも、自分で思ったように体が動かないので、それが面白い受け応えとして返ってきたのでしょうね。

ご自分の体が動くようになり、面白い話がなくなりました。その代わり、しっかりと体操をするようになったんです。

月に一度ですから15回くらいかかって、ご自分の体が動くようになったんですね。
体が動くと嬉しくなって、また体操をするという良い流れができているんでしょうね。

このご夫婦とは月に一度お会いできますが、ブログの記事の中でしかお会いできない方もいらっしゃいますね。

チベット体操を自分のものにするには、本当に時間がかかるんです。
その効果は?というと、これまた時間がかかります。
でも、時間をかけてできる体は、安全で確実なものです。

どうか急がないで、ゆっくりと一緒に進んで行きましょう。
どこまでもお付き合いします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 15:15| Comment(0) | 『チベット体操』って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

チベット体操 チベット体操体型ってあるんですね

16日(日)徳島市内でチベット体操講座を半年ぶりに開きました。

久しぶりに高知市内から参加をしていただいた方もいらして、楽しい講座になりました。
今回は全員が四国の方ということで、それだけでなぜか『近く感じる』から不思議です。

体操の後で、こんな話になりました。

「私、チベット体操でできる体型ってあるんだと思いました。」
最後の15分が始まる前に、私とT体操の姉さんが二人で立った時にそう感じたそうです。

2年ぶりくらいだったので、余計に私たちの体の変化に気がつかれたのではないかな?と思います。

二人ともチベット体操を続けている途中なのでまだはっきりとは言えないのですが、二人は同じ事をしていますので、もう数年したらもっとはっきりするような気がしますね。

私がチベット体操でできる『男性の体型』、彼女が『女性の体型』になったら面白いですね。

「元肥満体型からこうなりました」ってね。

二人とも、自分の体を使って『テスト』して、回り道をしながら進んでいますので、変化はゆっくりかも知れませんが、そんなふうになれたらいいと思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 20:31| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

チベット体操 徳島県阿南市で始めてのチベット体操講座

半年ぶりに徳島でのチベット体操講座を終えて帰ってきました。

四国に向かう途中で大雪に見舞われて、淡路島の高速が使えず、何とか四国に渡ったのは良かったのですが、徳島市内で大渋滞。

金曜日午後に予定をしていた『上勝町』でのチベット体操講座は中止になりました。
役場にご挨拶には伺ったのですが積雪が20センチあり、外に出るのは危険な状態でした。

土曜日は、徳島県阿南市のとある地域で『チベット体操講座』を開く事が出来ました。

昨年夏の徳島市内での体操講座に参加をしていただいた方に相談をしたら、地元の人たちに声を掛けてくださったんです。

70歳代が主で約20名くらいが公民館に集まってくれたんです。

oonokouza.jpg

皆さんそれぞれに何かしら自分の体に悩みを持っておられる方がほとんどで、それ故に非常に熱心に話を聞いてくれて、ご自分で体を動かしてくれました。

最初は、ご自分の呼吸を見直してもらったのですが、胸の浅い所で呼吸をされてた方が多かったです。それでも、お腹で呼吸ができるようになると、何となく表情も変わってきて、ますます熱心に呼吸をしてくれるようになりました。

その呼吸に合わせてのチベット体操は、出来る範囲で無理のない体操をしていただきました。

近くにいれば、定期的にでも伺いたいのですが、なかなかそれもできません。チベット体操をご自宅でしていただくのが一番嬉しいのですが、呼吸法だけでも続けて欲しいと思いました。

夏にもう一度講座が出来るといいな と思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:31| Comment(2) | 各地での体験講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

チベット体操 地域で元気になるということ

先週訪れた山梨県のとある小さな町は、いつもとは全然違う雰囲気が漂っていました。

地元消防団の方や、消防署の人たち、空には低空でヘリコプターが飛んでいました。

「何があったのかな?」

疑問に思っていたら、スピーカーから放送が流れてきました。

「昨日の午後3時くらいから、80歳の男性が行方不明になっています。」

男性の特徴を放送していて、見かけたら役場、警察まで連絡をお願いしますとのことでした。
当日は途中の道路沿いに-3°の温度表示が出ていて、どんな夜を過ごしたのだろう••と心配になりました。

山間地と呼ばれる地域では、一人ひとりが健康で元気に行きていく事が、都市部以上に求められます。
一人の問題は、地域全体の問題になるからです。

僕たちは大きな事は何も出来ないけれど、小さなことなら少しはお手伝いができるのではないかな?
そんな事を思い始めてもう何年も過ぎました

明日の夜から四国に向けて出発しますが、そんな思いで出かけようと思っています。


posted by T兄さんtoT姉さん at 23:13| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

チベット体操 2月3月浜松東区ゆたか緑地でチベット体操体験会

浜松市東区豊町6480-1 ゆたか緑地管理事務所和室で、チベット体操体験会があります。

時間は1時間と短いですが、ご自分で実際に体を動かしてチベット体操を体験してみてはいかがでしょうか?
どういうものか実感できると思います。

日程は
2月24日(月)午後7:00~8:00
3月24日(月)午後7:00~8:00

和室ですから、ヨガマット等は必要ありません。
膝で立つ姿勢がありますから、必要と思われるならバスタオルを膝のクッション用に使えば良いと思います。

4月7日からは毎週月曜日7:00~8:30分で,6月30日まで12回の講座が予定されています。
広報浜松に情報が載ると思いますので、この機会にしっかりとチベット体操を自分のモノにしてみてはいかがでしょうか?

一生ものの体操を是非覚えていただきたいと思います。

連絡先は
静岡県浜松市東区豊町6480-1
ゆたか緑地 管理事務所
TEL:053-435-4158
担当:富永恵吾さんです
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:54| Comment(0) | 体験講座案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

チベット体操 今週末は徳島で講座を開きます

今週末は半年ぶりに 生まれ育った徳島でチベット体操講座を開きます。

徳島での講座は人数は多い訳ではありませんが、その分お一人おひとりの動きをしっかりと見る事が出来ます。

逆に、しっかりと私たちの動きも解りますので、そういう面では満足をしていただけるのではないか?と感じています。

内容は、『呼吸法』とその呼吸を取り入れた『チベット体操』です。
初めての方でもご安心下さい。

まずは『腹式呼吸』が出来るようになっていただいて、その後に『もう少し深い呼吸』が出来るようになっていただきます。

『呼吸法•腹式呼吸』と書くと『難しい』と思われるかも知れませんが、本来私たちが生まれた時にしていた呼吸です。

今まで多くの方に体験をしていただきましたが、出来なかった人など一人もいませんでした。
ですからご安心下さい。テストをする訳ではありません(笑)。

後半は、その呼吸を使っての『チベット体操』です。

私たちのチベット体操の特徴は、無理のない呼吸で無理のない動作をすることです。

理由は簡単!
無理は長続きをしないからです。
ポーズは5つしかありませんので、誰でも覚える事が出来ます。

自分の体に眠っている『自然治癒力』を引き出し易いのが、私たちのチベット体操だと感じています。
是非、この機会に体験なさって下さい。

■ 体験講座【徳島】

【日 時】:平成26年2月16日(日) 10:00〜12:00

【会 場】:サンライフ北島

【住 所】徳島県板野郡北島町中村字川田9-1(北島町合同庁舎西隣) 
【電 話】:0886-698-7118


【参加費】:3,000円

【定 員】:30名様
【持ち物】:敷物 (ヨガマットか、おおきめのバスタオル) 

【その他】:小さいお子様の同伴は、責任の持てる範囲でお願いしますね。
参加費は 当日集金させていただきます。
封筒に参加費を入れて、お名前を書いてご持参下さいね。
お申し込みはここからお願いします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 19:14| Comment(0) | 体験講座案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

チベット体操 まずは規則正しい生活

ここ数年の中では、この一ヶ月が一番体の調子がいいと感じています。

昨年末から生活のペースを変えました。と言っても大したことではありません。

できるだけ早く寝る事にしたんです。

する事がいっぱいあって、でも思ったようにできなくて、それでも何とかしなくっちゃ…と時間が過ぎて行くような日が多かったのですが、それをやめたんです。

できるだけその日のうちには寝るようにしたんです。これで、睡眠時間が2時間近くは増えました。

お風呂に入ってから体操をして、その他いろいろしているとあっという間に24時になりますが、それでも寝るんです。

もちろんできない日もありますが、一ヶ月続けてみて睡眠の効果に驚いています。

『寝る』という簡単なことですが、やはり日々の生活の基本なんだと痛感していま。

このペースにするには、ある人に言われた一言が胸にグサリと刺さりました。

「チベットの僧侶がそんな生活をしていると思いますか?」

そうなんです。

言ってくれてありがとうね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:54| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

チベット体操 うつ伏せになって右手で右足を持てますか?

今晩は、森町文化会館で『50歳以上男の講座』がありました。

講座が終ってすぐに、ここでたまに記事にする60代前半の男性がすぐにうつ伏せになって、右手で右足を持ちにいきました。

「やっぱり持てるようになってる」

持てるのを確認して起き上がり、嬉しそうな顔をしてこう呟きました。

「不思議だよなぁ さっきは持てなかったんだよなぁ。つりそうだったんだよ」

深い呼吸に合わせて簡単なストレッチで体を動かしただけなんです。

たったこれだけのことで、劇的に身体が動くようになったんです。
手と足が30センチくらい離れてたのが、手で足を持てるようになるんです。

「この事を何かで書いてくれよな」
と言って帰っていかれましたが、この事を皆さんに伝えたかったんでしょうね。

「動かない、動かないって言ってるだけではなくて、少し体を動かせば動くようになるから、動かしなさいよ」

そんなことから始めてみませんか!
posted by T兄さんtoT姉さん at 22:47| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

チベット体操 まず息を吐いてみましょう

呼吸法呼吸法とよく書きますが、『呼吸法』と言われると、『息を吸うこと、吐く事』どっちが大事だと思いますか?

変な質問ですが、『息をしっかりと吸おう』と思われる方が多いのではないでしょうか?

「私は息はしっかりと吸うことは出来るんですが、吐くのは苦手なんです」

って方もいらっしゃいます。

私たちは呼吸をする時には『息を吐く事から始めます』。

それは、息を吸う準備だと思って下さい。息を吸った時に空気が入る場所を作っておくという方が正解かも知れませんね。

深い呼吸をする時も同じです。

まずはお腹の中の空気をしっかりと吐き出してみてください。その後は、「しっかりと息を吸おう」なんて思わなくても大丈夫です。

お腹をリラックスしておけば、勝手に空気がお腹に入ってきます。
息を吐いただけはしっかりと入ってきています。後は、自分で気持ちの良い吐き方を見つければいいんです。

そんなに難しく考える必要はないんです。
美味しく食事をしようと思えば、お腹をすかしておく必要があるのと同じです。

そんな呼吸をしながら、ゆっくりと体を動かせてみてください。
同じ動作なのに、今までとは違う感覚を体が感じると思います。
posted by T兄さんtoT姉さん at 21:46| Comment(0) | 呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

チベット体操 どう生きるのか?

昨日は新月、月暦では 新年が始まりました。
夜に『永遠の0』を一人で観てきました。

いろいろと考えるところもあり、もう一度観たいと思いました。

自分が肥満であることに気が付いて、本を何度も何度も読みながら始めたチベット体操。
教わる人もいなくて、自分の体で試しながらここまでやってきました。

自分の体が変化をするなら、人の体も変化をするのではないか!

と、教室らしいものを始めてみたり、山奥の小さな町で数人しか集まらないけど、その中の一人でもいいから今の健康を維持して欲しいという思いでここまでやってきました。

今の自分の健康や元気を維持しながら、毎日を過ごすことが一番大切で、そのためには必要なものは全て自分の周りに揃っているんですよ。

そのうえで、本当に必要なのは 自分で健康になりたい、元気になりたいという気持ちなんですよ と、お伝えをしてきたつもりです。

チベット体操の『やり方』も大事だけれど、気持ちがもっと大事だと、考えているからです。

それは、どうしてチベット体操がヒマラヤの山奥の寺院で続けられていたか?

という、私なりの答えのような気がするからです。

チベット体操 私にとっては 生き方の表現 のように思えます。
新しい一年が始まった日に、こんなことを真剣に思ったのでありました。



posted by T兄さんtoT姉さん at 17:18| Comment(2) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする