2016年05月30日

チベット体操 調子に乗って第6の体操はしないでくださいね

チベット体操をするにあたって、一度はチベット体操の本を読んで欲しいと思っています。

読むならこの本 『若さの泉・5つのチベット体操』がお薦めです。
若さの泉S.jpg
英語で書かれた原書を、そのまま日本語に翻訳してくれてあるからです。しかし、どのようにも受け取れるように書かれていますので、読む方のキャリアによって、受け取り方が違ってくると思われます。

必要なら、原書・ANCIENT SECRET OF THE FOUNTAIN OF YOUTH と比べてみるのも良いと思います。

チベット体操を続けていくうちに、体が変化をしていくと嬉しくなってきます。

今まで、体が変化をする と言うのは他人事 と思っていたのが、自分の体で起きてくるんですからね。

チベット体操には『第6の体操』が存在します。

変化が自分の体で起きてくると、調子に乗って『第6の体操』をする人も出てくるんです。

でも、やっちゃダメです。

はっきり言うと

「勃たなくなる」

からです。

先ほどの、『若さの泉・5つのチベット体操』には、ちゃんとそのことが書かれています。
ですから、お薦めをしています。

ダメなことはダメと書かれているんです。

どうしてそんなことが自信を持って言えるのか?

30代の若さでそれをした受講生がいるからです。
やはり、調子に乗ってしてしまったんです。
呼吸法もしっかりとできる方がしたものだから、効果もてきめんでした。

本人が、「あれは危ないです、やっちゃダメです。どうして、他の本には書かれていないんですか!」

と、私に言ってきました。

私の周りには、本当に色々な方がいらして嬉しいのですが、これを試してみた方までいるので、これから体操をされる方は、本当に断固とした気持ちがある方以外は、やっちゃダメですからね。

女性では、第6の体操をしてらっしゃる方から、「家事がはかどります」という報告を数年前にいただいたことはあります。
posted by T兄さんtoT姉さん at 20:04| Comment(0) | 『第6の儀式』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

チベット体操 東京で新しい出会いに感謝です

『チベット体操を教わりたい』という熱い気持ちに動かされて、先週末、久しぶりに東京へ出かけました。

ネットで何度もお話をしている中で、今までご自身で経験されてきたことが、15分間の体操の中に全て活かすことができるから、『行かなくてはいけない』と感じていました。

そのくらい、思いが伝わってきていたんです。
tokio.jpg
その方を紹介してくださったのは、5年前に東京の体験講座に参加をしてくださった女性で、その後体操を毎日欠かさず続けているそうで、それはそれは感動ものでした。

チベット体操は、お部屋を提供してくださった方の三人で行いました。

時間にして2時間半くらい、できる限りのことをお伝えしてきました。

そうして、最後に15分間のチベット体操に入りました。

そこで私が見たものは、ご自分と対面されているお三方の姿でした。

とても素晴らしい時間が流れて、今日ここに来なくてはいけないと感じた理由が少し解ったような気がしました。

必要な時に、必要な方に、お伝えする必要があったんですね、きっと。

まずは一ヶ月毎日続けてみてくださいね。
posted by T兄さんtoT姉さん at 23:40| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

チベット体操 お伝えしているのは答えなんです

昨夜、第34回ネットでチベット体操講座を無事に終わらせました。

次回は6月8日(水)です。

5月14日のブログで、20キロ減量に成功した こやまんさん の記事をリンクしてありました。

その中で、とても大事な言葉が書かれていたことに気がついた方はいらっしゃるでしょうか?

ここで、紹介させていただきますね。

--------以下、こやまんさんのブログからです--------

太っていることがイヤでダイエットしたわけじゃない。

透析になりたくない一心で、ダイエットした。

といって、ダイエットの方法が解らず、

まずは、腹八分目にしてダイエットに取り組んだ。


すると、最初の3ヶ月で10kgのダイエットに成功した。

そこで気をよくして、さらにもう10kgのダイエットを目指した。


その後1年ちょっとかかってしまったが、

20kgのダイエットに成功した。


ダイエットに特効薬は無いように思うが、

特効薬は必要としない、ということがわかった。


専門家ではないので、特効薬が無いとは言い切れないが、

世の中にうまい話はそうそうは無いのが道理だ。


でも、ダイエットはそれほど難しいことでは無かった。

ダイエットするという意思が本物かどうか、というだけのこと。

http://shizuoka.com/toseki/20140130267.html

-------------ここまで ブログからの引用です -------------

最後の一行がとても大事です。

断固とした決意で取り組んでいるかどうか? そこが問題で、その答えを一番よく知っているのは、あなた自身じゃないかと思います。

御殿場ルートs.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 12:18| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

チベット体操 第34回ネットでチベット体操講座は5月25日(水)

今数の水曜日に 第34回ネットでチベット体操講座を放送します。

今月のテーマは 意識して丹田呼吸をしてみましょう

前回は、丹田呼吸をし易くするために、まずは肩甲骨周りのほぐしをしました。

その後、骨盤の動きを意識した丹田呼吸法を行い、しっかりと深い呼吸が出来る体を作ることをしてみました。

今回も、『肩甲骨周りのほぐし』を予定しています。

私が行っているチベット体操講座では、四月からすでにこの肩甲骨周りのほぐしを取り入れています。

経験者ほど、評判が良いのには驚きます。

第34回ネットでチベット体操講座
放送日:平成28年5月25日(水)
放送時間:21:00~22:30

番組の視聴には申し込みが必要になります。

お待ちしていますね。

番組予告もアップしてあります。
今日はYOUTUBEにリンクしておきますね。
http://www.tibetclub.jp/dssite/yokoku.html
富士山.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 12:22| Comment(0) | ネットでチベット体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

チベット体操 今年も富士山に登ろう

昨年、三十数年ぶりに富士山に登った。

嵐の中の登山だったが無事に登頂をすることができた。下り途中からはお天気も回復して、すばらしい思い出になっている。

今年も富士山に登ることを計画している。

同年代の友人に「一緒にどう?」って誘ってみても、なかなかいい返事は返ってこない。

富士山に登りたくない訳ではなく、富士山に登る体力に自信がないというのが本当の理由のようだ。

それを思うと、富士山山頂に立つということは、自分の体力、健康の一つの目安になるのかもしれない。
IMG_8664.JPG
昨年の登頂以降も、仕事の合間をみては何度も富士山を訪れている。

何度訪れても、富士山はとても魅力的な山で、飽きることはなく、その都度新しい発見をしてきた。

歩き方、呼吸法、食事、行動食の摂り方、汗対策、風対策、雨対策、予定の立て方等々、次々と課題が出てくるのは、いつものことながらチベット体操と同じだ。

さて、今年はどんなルートで富士山を目指しましょうか?!
posted by T兄さんtoT姉さん at 15:16| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

チベット体操 シンプルなのがいいんだろうなぁ

前の記事にも書いたけれど、このGW、物でいっぱいの倉庫を、かなりの本気モードで片付け始めた。

九州での大地震を受けて、大きな揺れがあっても、倒れてくるものが何もない部屋を作った。

鉄骨造りで平屋、多分つぶれることはないと思われる。

ほとんどの作業をノートパソコンに移行したために、使っていなかった3台のPCを出して、本当に必要な最低限の設備を残した。

あまりに無機質なので、以前友人にもらった机とイス、赤いテーブルクロスを部屋に置いた。

すると、びっくりするほど居心地が良くなった。

これには、自分が一番驚いた。

これに味をしめて、隣の部屋も色々と処分をして、もう少しのところまできている。

手元に置いておくことで安心感があったが、なくなったことで、それ以上の安心感が得られたのだ。

考えてみたら、これによく似たことを、ここ十年以上毎日つづけているチベット体操で味わっていることに気がついた。

チベット体操は5つのポーズしかないが、回数が決められている。

最初の頃は最高回数を目指して頑張っていたけれど、最高回数に到着後回数をどんどん減らしてきて、現在は最低の回数しかしていない。

これにはすごい勇気が必要だったけれど、結果的には強迫観念がなくなり、心静かに体操ができるようになっている。

その分、他のことに気がつくようになり、現在の自分がここにあります。

シンプルで、周りは何人も人が入ってこれるくらい空間がある そんな生き方が大事なんだろうなぁ。
宝永火口.jpg

posted by T兄さんtoT姉さん at 11:07| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

チベット体操 今度は10年後に見ましょうね

この連休、部屋の片付けをしていたら、一枚のアルバムに貼られた二枚の写真が出てきた。

時々、このブログで記事にさせてもらっている、週に一度の講座に通ってくださっているご姉妹の写真だ。
8nennkan.jpg
上の方が、体操を始められた頃の写真で、日付が2008.08.07と印刷されている。

下の写真が、新しくなった教室での写真だから、2年くらい経った時の写真だと思われる。

この写真だけでも、左側のお姉さんは見違えるほどお身体が変化をしている。

この写真を、連休明けの講座に持参して、皆さんに見てもらった。

「おいくつになられるんですか?」

「79歳です。」

皆さんの驚きは、想像以上だった。

お誕生日が1月ということで、来年は80歳になられるんです。

8年チベット体操を続けた結果、信じられないくらい素敵でお元気な女性になっておられるんです。
79歳の女性に、「素敵」というような表現はまずしないと思いますが、それが出てくるんです。

この話にはおまけがあります。

実はこのご姉妹、チベット体操をするのは、週に一度教室に来た時だけなんです。

週に一度のチベット体操を8年続けた途中経過が、今のご姉妹のお姿なんです。

この写真が、週に一度の教室に通ってくださる皆さんの励みになったのは間違いがありません。

「今度は10年後にこの写真を一緒に見ましょうね」

こんな生徒さんと一緒にチベット体操ができることがとても嬉しいです。

自分の体も含めて、未知の世界へ進んでいきたいと思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 10:26| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

チベット体操 10年前とはお伝えの仕方が違ってきています

5月11日(水)第33回ネットでチベット体操講座を無事に終了しました。

今回はお申し込みをいただいた方が少なくて、経験者ばかりだったので予定していた内容を少し変更して、先月から講座で始めている『肩甲骨付近ののほぐし』を取り入れてみました。

今月のテーマは 意識して丹田呼吸をしてみましょう です。

『肩甲骨付近ののほぐし』は、呼吸とは関係ないように思えますが、始めた理由は『深い呼吸をしやすくするため』です。

ですから、結果として、丹田呼吸がしやすくなります。

Tibetclubで一緒に活動をしていた『こやまんさん』が先月定年を迎えました。

会社からの強い引き留めもあったみたいですが、自分の生き方を大切にしたいというので、スパッと退職をされました。

お祝いに何もできないので、ネットでチベット体操の視聴をプレゼントしています。
いつまでもお元気でいてほしいからです。

前回の放送の後、メールを送ってくれました。

「水曜日は透析があるので、ライブでは見られないのが残念です。…… 僕が習った10年前は、基本中の基本だったなぁ となんだか感慨深く改めて習わせてもらっています」

とのことでした。

そうなんです。

この10年で、チベット体操のお伝えの仕方が違ってきています。

体操そのものは、そんなには変わっていません。しかし、丹田呼吸に行くまでがかなり違ってきています。

いかにしっかりと丹田呼吸ができるようになるか

ということに時間をかけています。

理由は、丹田呼吸がしっかりとできるということがいかに大切であるか!
体の変化、気持ちの変化を早めるか!というのがわかったからです。

でも、まだまだ私のチベット体操は、現在進行形です。
完成されたものではありません。

これからも、私の体を通して得られたものを、皆様方に『お伝え』していこうと思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 15:28| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

チベット体操 初級も上級もないんです

3月の高知でのチベット体操を受講して下さった方からお手紙が届いた。

私が『声のCD』を送るのが遅くなってしまい、その2週間がとても長く感じたこと。

いざ体操をしようと思ったら、第2の体操で首が上がらず、足も上がらずにすぐに疲れてしまったこと。

講座の時に「そのうちにできるよようになります」というのを覚えて下さってて、実際に3週間くらいしたらできるようになったこと。

家で一人でできる体操だから、続けていこうと思っていること。

読んでいるうちに「高知に行って良かった」と、心の底から思えるようなことが書かれていました。

3週間続けたら上がらなかった首をあげて体操ができるようになった こんな進歩を何と比べることができるでしょうか?

チベット体操は、誰かと何かを比べる体操ではないんです。

自分の中で、自分が変わっていく。

その変化は、自分にしかわからないことなんです。

変化をさせるためには、毎日の目立たない、地道な作業が必要で、誰もそんなことには、付き合ってくれません。

でも、それで十分ではないかと、私は思うんです。

先日書いた、合掌造りの部材の結合に使われている『ミツマタやコウゾ』は、茅葺ぶき屋根の裏で、年月とともに固く縛られていくそうです。

本当に大切なところは、人の目につかない、地道な作業の中にあるんです。

その作業あるからこそ、長い年月風雪に耐えることができて、合掌造りの集落がいまでも在るんです。

最後に 「また高知に来てくださいね」って、書かれていました。

ありがとうございます。

秋にまた高知に行きたいと思っています。
長い年月そこに在る.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 00:45| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

チベット体操 第33回ネットでチベット体操講座番組予告アップしました

今週の水曜日、5月11日 21:00から放送予定の 『第33回ネットでチベット体操講座』の番組予告をアップしました。
http://www.tibetclub.jp/dssite/netdetaisou.html
今月のテーマは『意識して丹田呼吸をしてみましょう』です。

ご自宅のPCで視聴できるか?ご確認くださいね。

iPhoneでは、ライブでは視聴できますが、アーカイブはブラウザーアプリ『Puffin』をインストールすると視聴できます。

2週間に一度、定期的に番組を放送しています。

ご自宅で、好きな場所で、好きな格好で、人目を気にせずに体操ができます。

是非受講をご検討くださいね。

今月のテーマは『意識して丹田呼吸をしてみましょう』です。

尚、YouTubeでもご覧になれます。
http://www.tibetclub.jp/dssite/yokoku.html
調和.jpg
調和、自分にとってのテーマかな?と思っています。
posted by T兄さんtoT姉さん at 12:32| Comment(0) | ネットでチベット体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

チベット体操 合掌造りに教えられる

この連休中に、合掌造りで有名な白川郷に行ってきました。

ICを降りたところの博物館で、実際の構造を見ることができました。

この合掌造り、部材の結合には、縄とミツマタだかコウゾを使っており、釘は一本も使われていないんです。

しかし理にかなっており、豪雪にも耐える構造で、何十年、何百年も使われています。現在も集落の方が実際にここで生活を営んでいるんです。

そのあとで、集落を訪れたものだから、茅葺の三角屋根が並ぶ集落はとても魅力的で、幻想的で、周囲の自然環境ととても調和をしていることに感動しました。
IMG_8538.jpg
自然の素材で、余計なものは一切使われていないんです。

同じように、できるだけ余分なものを加えずに、素材の特性を生かして、とても美味しい食事を作っている友人に思わず写真を送ってしまいました。

そうして、私も理にかなった方法で、余分なことをせずに周りと調和しながら、長く使える体を創り上げていく、そんな体操を目指さなくてはいけないと、合掌造りから教えられた気がします。
posted by T兄さんtoT姉さん at 01:15| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

チベット体操 チベット体操と山登りはとても似ている

仕事以外で山登りを始めて一年経ちました。

山登りといっても、百名山を目指すとか、二百名山を目指すような登山ではありません。

時間が出来た時に、行けるような山に登るという山登りです。

山頂を目指すほど時間的な余裕がある訳でもなく、途中で引き返すようなことが多かったりします。

でも、それで十分で、「もう少し早く引き返せば良かった」と思うことはあっても、「ちょっと無理をしてでも行けば良かった」と思ったことは一度もありません。

山頂を目指さないということは、自然と意識は別の方に向かいます。

怪我をしないように意識をするのは勿論ですが、例えば

当日身に着けているものと、汗の出具合
歩く速度と足の出し方
どんな呼吸をした方がいいのか?
行動食と食事に何を摂るか?

みたいなことにも意識しながら山を登るようになるんです。

意識が自分の体に向いてくるんですね。

そうすると、どんどん新しい見方ができてくるから不思議です。

毎日続けているチベット体操

回数を重ねるごとに新しい気づきが訪れます。

やはり、意識は自分の方を向いているんです。

山登りとチベット体操、どちらも無理をせずに長く続けようと思います。
山登り.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 20:45| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする