2017年02月16日

チベット体操 あの頃の熱いものは、まだ体に残っていますか?

昨日は仕事で長野県飯田市まで車で往復しました。

静岡県森町からだと、まっすぐに北に上がっていけば着くように思えますが、幾つもの山道を越さないと稲ない場所なんです。

そこで、高速道路を使います。

西に向かって東名高速を走り愛知県内に入り、東海環状を北上し、その後中央道に入ってから飯田市を目指すというルートになります。

この中央道の恵那山トンネルまでの地域というのは、私が18歳から8年間名古屋で過ごし内の前半4年間、何度も何度も訪れた場所なんです。

JR中央線だったり、バイクだったりでしたが、現実からの逃避を繰り返した場所でした。

そこに、約40年ぶりに自分で車を運転して通ったことになります。

高速から見える町には、大きな建物が建ったり、ショッピングセンターを見ることができました。

でも、目線を上にあげた時に見える山々は、昔と何一つ変わっていませんでした。

その時に、湧き上がってきたものがあるんです。

「そうそう、この風景なんだよ、そヾろ神の招きにあって(笑)一人で旅をして暮らしたいと思ったのは!」

自分の中に、まだまだそういう熱いものがあると気がついたんです。

それは、私にとってはとても嬉しいものでした。

「そうかぁ、自分では感じてなかったけれど、チベット体操を通して、あちらこちらを訪れたり、仕事の面でも新しいものに挑戦しようとしている原点というのは、もしかしたらこの熱い思いなのかな」

そんな思いを自分の中に宿し続けているのは何でなんだろう?

健康な体と前向きな気持ちを維持できているからなんだろうな!

呼吸法と若返りの秘技に出会えたことに、感謝でいっぱいになりました。
恵那山.jpg
posted by T兄さんtoT姉さん at 12:16| Comment(0) | チベット体操全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする