チベット体操 トルシエ通りでキャンドルナイト

今日は夏至、100万人のキャンドルナイトのイベントが全国各地で行なわれているみたいですね。

トルシエ通りでも趣旨に賛同してイベントを行いました。

トルシエ通りに『森ほたる』をならべて、でんきを消して『琵琶の弾き語り』を聞くというものです。
080621biwahoushi.jpg
あいにくの雨で、『森ほたる』を並べる事はできなかったのですが、トルシエパークに集まっていただいて、山小屋の中で演奏を楽しみました。

歴史の教科書の中では知っていても、実際の『琵琶と弾き語り』は、初めての人ばかりです。

演目は
 三方原 武田信玄と家康の戦い
 新撰組

の二つです。
中学生もいたのですが、真剣に耳を傾けていました。

演奏者の周りを囲んでいるのが『森ほたる』です。
梅雨が明けたら、トルシエ通りに『森ほたる』が並びます。

地域防犯と、道路を走る車の減速を目指して、皆さんの気持ちがまとまりました。
明かりがつながっているのは、住んでいる人の気持ちがつながっているんです。

なお、8月1日から8月16日までは、遠州森町の古い町並みに、数えきれないくらい明かりが灯ります

言葉が書いてあったり、絵が描いてあったり、貼り絵があったりと、個性豊かな『森ほたる』が並びます。お近くの方は、足をのばしても面白いと思います。

携帯で撮った写真をすぐにブログに載せて皆さんに紹介する事もできるんですよ。

町外、県外の方も参加できます。『森ほたるキープ』というのが今年からできました。

 ご自分の好きな絵とか言葉をご自身で書き入れていただいて、送っていただいたら、古い町並みのどこかに並びます。

ご自分の『森ほたる』を探しに、浴衣を着て、カランコロンと下駄を鳴らして歩くのもいいのではないでしょうか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック