チベット体操 あと1センチの副産物

以前にこんな記事を書きました。


あと1センチ(2007.7.29)


しっかりと吐きましょうね(2007.10.3


これは、息をしっかりと吐くことについての記事なのですが、肛門を締める事に触れています。

このタイミングが非常に大事なんですね。

最近、メールとかコメントをいただきまして、私があんまり「吐き切る」と言うので、頭に血が昇ってしまうくらい吐き切るようなイメージの方が多いように思われます。

先日のコメントにも書いたのですが、『とほほ の ほ』まで吐くと書いていますが、私たちは頭に血が昇るようは吐き方はしていないんです。

しっかりと吐きましょうね(2007.10.3)の記事には、こんなふうに書いてあります。

吐き切るちょっと手前から肛門辺りに力を入れながら、お尻が持ち上げるような感じで最後まで締めてみて下さい。
うまく出来ると、お尻のほっぺの上の筋肉が、上にあがるようになります。この動作を吐く動作の時に、しっかりと最後まで意識してみてください。

ここまで書いたら『ピン』ときた方もいらっしゃると思います。

『とほほ の ほ』 の
の で、肛門辺りを締めるんです。
ほ で、お尻を持ち上げるんです。

試しに 今 すぐにやってみて下さい。

丹田をワザと膨らませるようにしっかりと吸ってから、息をゆっくりと吐いていきます。
お腹の凹みを感じて お腹の空気の最後がのどを通って出て行く時に とほほ という感じがすると思います。
そのあと、肛門辺りを締めます ---------> これが の
そのあと、お尻を持ち上げます---------> これが  ほ

どうですか?
の の時に、お腹の一番底に少し力が入って、お腹が締まりませんか?
ほ の時に、お尻を持ち上げようとするので、もう少し下っ腹が凹みませんか?

この、締まった時に、最後の空気が口から出て行くんです。
この時に、胸とか肩とか、頭には余分な力は入っていませんからね。
もちろん、血が昇ってクラクラなんかは、何にもしていません。

この動作を続けていらっしゃる方はいますか?時間にして1~2秒の動作です。

私とみなみさんは、この動作を懲りずに毎日続けているんです。

で、どうなったか?
私たちは、こんなお尻になりました。その結果、冊子の写真を撮り直しまでしてしまったんです。

で、この動作を続けているうちに、別の副産物に出会う事になります。まだ皆さんにお教えできるまでは至っていませんが、楽しみなことになりそうです。

この記事へのコメント

  • 三上紘司

    私は、「吐くことに関しては十分わかったよ」という自信満々の状態でいましたが、
    先生の文面のおかげで、謙虚な心を取り戻すことができました。

    気絶するほど吐くことを信条としておりましたが、そうではなく、肛門を締める、尻を上げるというプロセスがあったんですね。

    私はただ、下腹・丹田を中心にその重心に向かって全てを収縮集中させることだけを意識していました。

    早速、肛門、そして尻というこのプロセスを実践してみました。
    確かに締まりかたが違います。

    明朝より、この順番で吐ききりたいと思います。

    スーパーレッスン、ありがとうございます。

    2008年06月26日 13:02
  • まるこ@島田

    昨日はありがとうございました!
    「とほほのほ」の説明が大変わかりやすかったです。
    おかげさまで前回よりも吐ききる感覚が良くわかりました。
    そして丹田での呼吸を意識して「とほほのほ」をしっかりすると驚くほど熱くなりますね。
    今までスポーツ等で感じた暑さとは全く違う体内からの感じる熱さでした。
    自宅でもこれを感じることが出来るように体操をして行こうと思います。
    またよろしくお願いします!!
    2008年06月26日 15:10
  • acco

    詳しい呼吸法の説明、ありがとうございます☆
    すごく参考になりました!

    まだまだ こんがらがりながら(笑) の『とほほ の ほ』ですが、続けてみますね☆
    2008年06月26日 15:17
  • T体操のお兄さん

    三上紘司さん
    いつもありがとうございます。
    この数ヶ月の三上さんのお体の変化には、驚くものがありますよね。それが、その呼吸による事も大きいと思われますので、それも一つの方法なのかも知れませんよね。

    確かに私たちも、最初はそんな感じでやっていたんです。

    で、彼女の一言から、不純な動機で(笑)始めた事だったんですね。ですから、本当の副産物だったのですが、これをきっかけとして、チベット体操をしながらの+アルファの部分にかなり気がつくようになっていったんです。

    三上さんは、もう『そぎ落ちる』ところは落ちたような気がします。これからは、そのお体に質のいい筋肉をつけて行くようなかたちになると思います。

    時間はかかると思いますが、この『の ほ』を懲りずにしていくと、半年くらいでお尻の形が変わってくると思います。

    薄くなったお尻に少し肉がついて、両ほっぺの上の部分に筋肉がついてくると思います。お尻がピッと上がった、カッコイイお尻になってくると思います。

    胸のあたりにも、筋肉がついて、これまたカッコ良くなりますよ。

    ただ、条件があります。三食しっかりと食べることです。

    たぶん、今は太らない生活になっていらっしゃると思います。
    そうなったら、体重を増やすのはとても難しいんです。

    ですから、三食しっかりと食べて下さい。体重が増えるのは、筋肉がついてきている と思えば良いんじゃないのかな?って、私の経験からそう感じます。


    2008年06月26日 22:18
  • T体操のお兄さん

    まるこ@島田 さん

    昨日は、遠い所からありがとうございました。

    体操を見て驚きましたよ。すごくしっかりとできていました。

    昨日は、今までの中で一番呼吸に費やした時間が長かったような気がします。

    でも、わかっていただけたのなら、お教えした甲斐があります。ありがとうございます。

    そうなんですよね、呼吸だけで、反応が違うんですよね。

    次は2週間後ですね。あのくらい体操ができているのなら、次回までには変化が現れてくるかも知れないですよ。

    一つひとつ しっかりと 大事に 体操をしてみて下さいね。

    楽しみにしていますねぇ~!!




    2008年06月26日 22:30
  • T体操のお兄さん

    accoさん

    いえいえ、とんでもないです。

    あまり無理をして 頭に血が昇るくらい吐いて、何かあったら申し訳ないと思って書いたんです。

    ですから、いいきっかけを作っていただいたんですよ。
    お礼を言うのは、こちらなんですよ。ありがとうございました。

    いろいろな事を試しながらここまできているんです。ですから、公に出せないこともまだあるんですよ。試験中ってやつです(笑)。

    逆に、記事にしてあるのは、私たちの体で実際に起きた事なので、たぶん皆さんがやっても同じ事が起きると思います。

    医学的な知識のない悲しさというか(笑)、行動するしか脳がないんですよ。自分で確認するしかないんです(笑)。
    2008年06月26日 22:44

この記事へのトラックバック