チベット体操 チベットクラブ秋バージョン

動き回った7,8月も過ぎて、9月に入りました。秋の気配を感じても、やはり落ちつく訳にはいかないようです。

私達には初めての、大きなイベントが控えています。

9月20日(土)午後
9月21日(日)午前・午後

と、九州博多で『チベット体操体験講座』を開催します。

例によって

「博多でどう?」
「やるかっ!」

っと、何も考えずに春に場所だけ確保したのでありました(笑)。

それが、もう目の前に迫って来ました。

チベット体操の講座を開く為に、九州までは行く事はなかなか出来ないと思います。

このブログをご覧になっている九州にお住まいの方、あるいはお近くの県の方は、興味があれば受講をご検討下さいね。

内容は、呼吸法・5つのチベット体操 で、先日の東京体験講座、午前の部と同じ内容になります。

約2時間かけて、じっくりと私達のチベット体操をお教えします。時間があれば『おまけ』がつくかも知れません(笑)。

申し込みはヘームページから出来るようになっていますが、上手くCGIが動かない場合もあるみたいです。その時には下記のフォームにご記入いただいて、info@tibetclub.jpまでメールを送っていただければ結構ですからね。

【講 座】希望の講座名(例 20日午前)
【お 名 前】
【ご 住 所】〒
【お電話番号】
【性 別】
【生年 月 日】
【電子メール】

皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。

チベット体操 今から始まる 若返り

まだまだ私達の体は捨てたもんじゃないです。
健康を維持するのもしないのも
若返るのもしないのも
あなた自身の気持ちの持ち方ひとつです


この記事へのコメント

  • 三上紘司(みかみひろし)

    リスクを考えると、
    参加者を集めてから、場所日時を相談するのが合理的。
    しかし、事業家は来ると見込んでそのリスクを半年前にとっている。

    霊性の高いお兄さんおねえさんなので、全ては周辺が自然に取り計らってくれていたのかと想像していましたが、ここぞ!と、決断すべきポイントにおいてはリスクを踏んだ決断がなされていたんですね。

    普通の会社であれば、当たり前のことかも知れませんが、利益目的ではなく、みんなのための活動にそこまでコミットできるお兄さんたちは只者ではありません。

    私自身、昨年夏の体験講座が、このご利益をいただける契機となりました。

    余計な肉が取れたばかりか、最近は上半身が充実してきました。もっとも、私が求めたものはチャクラの活性化です。結果を見るに、活性化してるって勝手に判断しているのですが^^;

    ふと、嬉しさがこみ上げ、書き込ませていただきました。

    松下先生、みなみ先生、こやまん先生、いつも、有り難う御座います。
    2008年09月03日 13:40
  • T体操のお兄さん

    三上紘司 さん
    いつもありがとうございます。

    私達はあまり深く考えもせずに行動をしてしまうので、只の者なんですよ(笑)。

    あちらこちらで行なっている体験講座等については、タイミングが合った方が集まっていただけているのではないかな?と、思っているんです。

    一応『お知らせ』はするのですが、その後については『参加したい』と思った方が集まっていただけたらそれでいいんです。

    それが、その方のチベット体操と出会うタイミングだと思っているんです。

    私達から見ると、皆さん非常に遠回りな事をしているように映るんです。『自分の体をなんとかしたい!』と思って、いろいろな取り組みをされていますよね。でも、チベット体操をしていただいたら、かなりの確率でご自分の思っているような変化は起こるのですね。

    でも、目の前にあっても出来ないんです、しないんです。それは、その人が気づく時ではないんでしょうね、きっと。

    ですから、最終的にはご自分で気がついて、受け入れるしかないんです。その判断はご自分でしなくてはいけないのです。

    なぜかというと、自分で判断をして動き始めたら、そのように周りが動き始めるからです。(以前書きましたけどね)

    ですから、私達は強引にはお誘いをしないんです。今まで強引にお誘いしたのは『こやまんさん』だけです(笑)。

    そんな気持ちで講座を開いていますので、利益等が出る訳ないんです(笑)。でも、好きで開いているんです。ライフワークみたいなものですね。

    お体、段々と変化をしてきたでしょう!そうなんです。時間はかかりますが、間違いなくカッコよくなってくるんです。
    お会いできるのを楽しみにしていますね。





    2008年09月03日 23:05

この記事へのトラックバック