チベット体操 第5の儀式の注意点

今日も先週の土曜日の『森小学校編』からです。
第5の儀式は、最初息を吐いた状態から、次に息を吸いながら腰を上げていき、逆Vの字になるようにします。この状態で息を下腹いっぱいに吸い込みます。
その後、口で息をゆっくり吐きながら、最初のポーズに戻します。
dai5chuui.jpg
一番息を吸った状態で逆Vの字になるのですが、その時に目で自分のお腹辺りを見ると、しっかりと肩が入ってきます。
この時に、かかとは床に着くようにな気持ちでアキレス腱をゆっくりと伸ばして下さい。何も言わなくてもかかとが床に着く人もいると思います。無理して着かす必要はありませんから、出来るだけ着くような気持ちでかかとを落として下さい。

奥の女性は上手く出来ていますね。

実はこの動作が非常に怖く感じる人もいると思います。ゆっくりとかかとを落としていけば大丈夫です。

滑り易い床の上ではこの儀式は行わない方がいいです。裸足になって滑らないようにする工夫が必要です。滑ると変な所に力が入ってしまったり、内蔵がキュっとなったりします。気をつけて下さいね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック