チベット体操 絶対に無理はしないで

「チベット体操を始めて間もないのですが、第2の体操で腰のあたりに痛みが伴い、結構負担です。改善方法はありますか?」

って、お問い合わせをいただきました。

これって、皆さん「そうそう、実は私もそうなんです」って方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お返事をそのまま、記事として載せますので、参考にしてみて下さいね。

実際に見てみないと何ともいえないのですが、ご参考になればと思います。

1.一度お試し下さい
体操を始める前に、腰にどのくらい負担がかかっているか?この動作をして確かめてみて下さい。

・頭を床につけたまま、ゆっくりと足を上げていく。垂直まで上がったら、ゆっくりと下ろして行く。

・顎を胸につけて、頭を上げた状態で、もう一度ゆっくりと足を上げていく。垂直まで上がったら、ゆっくりと下ろして行く。

どちらが、腰に負担がかかっていましたか?

多分、顎を胸につけた方が、腰には負担がかかっていないと思います。

顎を胸につける というのは、こういう意味もあるのだな・・と思って下さい。


2.無理をしないで下さい
1の顎を胸につける とうのは、実は腹筋が結構必要になってくるんです。

それがきついようなら、頭は上げないで、床につけたままでもいいと思います。ただ、先程のように、腰には負担が思いの外かかっていますので、その場合は、足はまっすぐにのばさないで、膝から下はぶらさげるような格好でもいいと思います。


3.続けて体操をしていませんか?
ネット上のチベット体操の動画のように、つづけて体操をしていませんか?
(無理をしないで下さい  という意味ですからね。 良いとか悪いとかいうことではありません)

私たちは、しっかりと動作の間に休息の呼吸を入れています。




チベット体操は、筋肉を鍛える体操ではありません。

ですから、絶対に無理をしないで下さい。負担と思えばやめるか、先程のように別の方法で無理のないようにお試し下さい。

この体操は5種類しかなく、簡単なのですが、やり方によっては腰とか肩にとても負担がかかってしまいます。無理のない体操をしましょうね。

この記事へのコメント

  • えびこ

    プロフィールの写真、替えたのですね。

    お二人ともアゴのラインがすっきりシャープで
    美男美女ですよ!

    これぞチベット効果ですね。
    2008年12月13日 23:47
  • T体操のお兄さん

    えびこ さん

    ありがとうございます。
    たまには替えてみよう・・と探したら、8月に徳島で撮った写真があったんです。

    ナイショですが 今は もう少し違ってるんじゃないかな?って思います。長くなりそうなので、記事にしますね(笑)。
    2008年12月14日 00:54

この記事へのトラックバック