チベット体操 体操は二の次にね

今年の1月6日に高松で始まった2008年のチベット体操講座も、残すところあと1回になりました。

今週は、火、水、木、金とそんな挨拶をしてきました。参加をしていただける方の中にも、この一年で色々な面で変化のあった方が多いと思います。

その中でも、この方は大きな変化を迎えたお一人だと思います。

9月中旬に講座をお休みしますって連絡をいただきました。そのメールにはこんな事が書かれていたんです。

*****
そして、ビックリ変化と申しますと
以前、お二方からお伺いしていたように
腹筋の両サイドに「縦線」が出現しました~Σ(-◇-!)

なので、真ん中の線も含めると
合計3本…

といっても、まだ薄っすらとではありますが
でも、確実に存在しています!

こりゃあ、あまりの目に見える劇的な変化で
自分自身すんごくビックリしてしまいましたので
ついついご報告差し上げたいと思ってしまいました!

こんなくだらないことでメールしてすみません(^‐^;)

でも、この半年で確実に自分の体操が
深化していると感じている今日この頃です。

******
で、次回は出ますからねぇ~ という人柄そのもののお元気なメールだったんです。

その後、約2ヶ月講座に出て来られなくて、どうしたのかな?と思っていたら、今週顔を出していただいたんです。

そこで、実は一緒に体操をしている皆さんに報告があったんです。

実はお腹の中に新しい命が生まれて、大きくなってきているんです。『つわり』がひどくて、やっと落ち着きました・・という事だったんです。

しかし、彼女はチベット体操をやめたくはなかったので、担当の医師にお聞きしたそうです。
写真を見せて
「妊婦でもこんな体操をしてもいいでしょうか?」すると
「ご自分のお体と相談して下さい」と言われたそうなんです。

彼女は、自分の体と相談をして、今週出てきていただいたのです。

現在4ヶ月というお話でした。

「無理は絶対にしないで下さいね」
ということで、かなり気を使いながら体操をされていました。

体操の後で、「体が楽になりました」というお話でした。

私たちにとっては、実は初めての事ではなく、かなりお腹が大きくなってもチベット体操をして、お元気なお子さんを出産された方もいらっしゃるんです。

しかし、体操中に手が滑ったり、足が滑ったりすることも考えられるので、本当に慎重にするようにお伝えしました。

彼女と同じような経験をされる方、あるいはしている方もいらっしゃると思います。

時々彼女の経過と体操の様子についてお知らせをいただいて、できたら記事にできたら・・と思います。
体験談は、多くの方の知りたい部分だと思います。

本当に無理だけはなさらないように、ご自分の体と相談してご判断下さいね。

いつも書くのですが、深い呼吸に愛情をたっぷりと込めて、思いを新しい命に送っていただくだけでもじゅうぶんじゃないかなって思っています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック