チベット体操 わざと凹ます

私たちの体験講座では、体操に入る前に丹田を意識した呼吸の練習を毎回します。

吸ったり吐いたりする時の丹田付近の動かし方も練習しています。

吐く時には、しっかりと

「意識して 凹まして下さいね」

とお教えしています。

しかし、これは呼吸の練習をする時だけではないんです。この動作が入った呼吸を、実際に体操する時にできるようになっていただきたいんです。

どの体操でもそうなんですが、この動きをしっかりすると、体操が変わってくると思います。

特に第5の体操で、息を吐きながら体を反らす時に、しっかりとこの動作をしてみて下さい。

意識してお腹を凹ませて、息を吐き切るんです。
あごは出来るだけ伸ばしてみましょう。

最初、第5の体操は、腕足せ伏せの要領で簡単にできて、あまり達成感のない体操のように思われていたかもしれませんが、この動作をしっかりとしてみて下さい。

それはそれは、達成感のある体操に変わってきます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック