チベット体操 癒されにきました

体操が始まる前には、この2週間あるいは前回からどうでした?

というお話を皆さんにいただいているんです。
体操の話でなくても何でもいいんです。

そこで、いろいろなお話をお聞きしながら、体操のことで何かあった場合は、お応えするようにしています。先日はこんなことがありました。

「この2週間いろいろありまして、今日はどうしようかな?と思ったのですが、皆さんの顔を見たくて、癒されたくて ここに来ました。」

というお話をしていただいて、とても嬉しかったんです。

「恋の悩みなら 打ち明けて下さいね」

と冗談でおこたえして、皆さんで笑ったのですが、この雰囲気って多分フォロー講座に何度か出ていただいている方は、ご理解いただけるのではないかな?って思います。

多分ですが、皆さん同じようなことを感じて、体操を続けていただいていると思うんですね。

講座の参加が初めてだったり、2~3回目だったりして、お隣の方が初めてという場合もあるのですが、体操をやっているうちに何かしらポロっと取れて、前からのお友達のような気がしてくるんです。

一歩会場を出たら、なかなかお会いすることもないのですが、なぜかそんな雰囲気になるんですよね。

以前からたまに書いてはいるのですが、チベット体操による『変化』って、実は体だけではないような気がするんです。

『何かしら ポロっと落ちるんです』

そうしたら、体がまた一つ変化をするんです。

ヒマラヤ奥地の僧院で続けられている体操という話が、ウソなのか本当なのか?は私にはわかりません。しかし、もし 続いているようなら

『何かしら ポロっと落ちる』

のが、その理由の一つのような気がするんです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック