チベット体操 毎朝体操をする理由

私は、余程のことがない限り、毎日朝食前に体操をしています。

時間は、まちまちなのですが、一日の最初に体操をしています。

実は、これには訳があるんです。

私は『チベット体操を教える』ことを仕事にはしていません。

それを職業としていると思っておられる方もいらっしゃるかも知れませんが、それは違います。

説明をするのは難しいのですが、一人で山に(と言っても裏山くらいです)登る機会が多いのです。それも、荷物を背負ってたりします。

で、私は『腰痛持ち』なんです。

先程言ったみたいに、一人での作業なので、何かがあってはいけないんですね。
今は携帯電話があるので、助けを求めることはできるのですが、それにしても事故があってはいけないんです。

よく言うのですが

「朝体操をすると 内臓や骨なんかが 収まる所に収まる」

気がするんですね。

収まる所に収まるのは、身体がしっかりと働いてくれる ということもつながるんです。

ですから、私にとって『朝のチベット体操』は、腰痛防止と事故防止のためなんです。

その日一日働ける身体を造(作)ってから、家を出るようにしているんですよ。

ただし、どうしてもできない時もあるんです。
そんな日に限って、『腰をギク』っとやったりすることがあるんです。

だから、私にとって 『朝のチベット体操』は、欠かせないものになっているんですよ。

この記事へのコメント

  • えびこ

    「備えあれば憂いなし」ですね。

    何事も準備が大切なのに、私と来たら面倒くさがって
    行き当たりばったりの人生を歩んできたかもです。
    2009年02月15日 10:57
  • T体操のお兄さん

    えびこ さん
    いつも ありがとうございます。

    「仕事を変えた方がいい」と、病院で言われたこともあるんですよ。腰に負担が大きいということでね。

    その時に、腰痛は未然に防止するしかない と感じました。
    2009年02月16日 01:56

この記事へのトラックバック