チベット体操 特技は 餅つき

最近『お餅つき』って、したことありますか?

『お餅つき』そのものをしたことがない方もいらっしゃるかも知れませんね。

手順としては

・餅米を水にしたしておく
・水切り
・せいろで 蒸す
・臼に移して、こねる つく
・丸める

という作業になります。

昨日は、森町児童館での おひな様のお餅つき大会 がありました。

いろんなグループや高校のボランティア部、個人のボランティアの皆さんが協力して4臼つきました。

この『お餅つき』で、どうしても体験して欲しいことがあります。

それは、『つまみ食い』です(笑)。

何のつまみ食いか? というと、せいろで蒸し上がる前に 蒸し上がった餅米を 実際に食べて硬さを確認するんです。

ところが、これがとっても「美味しい!!」んです。

ですから、
「これじゃわからんなぁ~」 とか
「もう少しだね・・」

とか言って、何度も口にするんです(笑)。

「そうそう、そうなんだよね!!」 って、うなづく方もきっといらっしゃると思います。
090308mochituki.jpg
そんなこんなしながら、お餅つきに移るのですが、実際に 杵(きね)でつき始めると、子供達は大きな声で「よいしょっ よいしょっ」と大喜び。

やってる方も、その気になって ぺったん ぺったん と楽しい時間になりました。

今年で2回目の森町児童館でのお餅つきになりました。

「来年もお願いします」 と、お願いされて
「喜んでやらせていただきます。 来年は 塩とごま 準備しようね」

もう、つまみ食いのことを計画しているんです(笑)。

昨日の『チベットクラブ・ごめんなして』は
チベット体操  人それぞれのチベット体操ってなに? です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック