チベット体操 吐き切ります

先日の袋井での出張出前講座の様子です。これは第2の儀式の前半部分ですね。
060113dai2.jpg
最初、下腹を意識して膨らませるように息を鼻から吸います。
その後、顎(あご)を胸につけて、丹田(第2のチャクラ)を意識しながら、口からゆっくり吐き切ります。その時にお腹を凹ませるくらいに、トホホという息が出るくらい吐き切ります。

この時に大切なのは、何と言っても、吐き切る事です。
しかし、口だけで吐き切るのは難しいです。口で吐き切ろうとせずに、お腹を凹ませた結果、そこから押し出された空気が、口から出て行く…というイメージで吐き切って下さい。

このあと、息を吸いながら足を上げていく動作に入ります。その時も、鼻で息を吸おうとせずに、下っ腹に入る空気が、鼻を通って入ってく…というイメージで吸って下さい。

呼吸をする時に『むせてしまう』のは、口だけで、鼻だけで吐いたり吸ったりしようとしているからです。ゆっくりで結構ですから、お試し下さい。

この記事へのコメント

  • takagi

    16日の記事はなるほどわかりやすい。
    私はテーブルみたいにする5番目ですか、
    よくできません。手をつく位置がわかりません。また写真を使って教えてください。
    呼吸もいい加減になってしまいました。
    2006年01月16日 22:05
  • takagi

    間違えました。第4の儀式でした。
    2006年01月16日 22:10
  • トルシエ通り2

    明日もこんな感じでやってみますね。
    コメントありがとうございました。
    2006年01月16日 22:35

この記事へのトラックバック