チベット体操 ゆっくり上げて下さい

昨日の続きの写真です。第2の儀式の後半です。
060113dai22.jpg
昨日のお腹を凹ませて、息を吐き切った状態から、ゆっくりと息を下腹に吸い込みながら、足をゆっくりと上げていきます。出来たら足が床と垂直になるまで上げます。いっぱいまで息を吸ったら、今度はゆっくり息を吐きながら、これまたゆっくりと足を下げて行きます。最後はパタンと落としても結構ですが、息はそのまま吐き続けて下さい。

この時に大切な事がいくつかあります。

・足を上げる時は、ゆっくりゆっくりと上げて下さいね。お腹にいっぱいになる頃に、床と垂直になるのが理想ではないかなと思います(かなり難しいと思います、お腹がいっぱいになるのを待つ事が多いと思います)。

・この状態は、腰に結構負担がかかります。ですから、あまり腰の状態が良くない場合は、無理をしない方が良いと思います。膝から下を曲げてぶら下げても良いと思います。

・足を伸ばしたままで、床と垂直まで上がらない方もいると思いますが、無理無理上げる必要はありません。上がるところまでで大丈夫です。無理はしないで下さい。そのうちに、上がるようになります。

・足を下ろす時も、急いではいけません。ゆっくりゆっくり下ろして下さい。私は床の手前で一度静止するようにしています。急いで下ろすのを防ぐためです。

・息を吐きながら足を下ろしますが、足を下ろし切っても、息はそのまま吐き続けて下さい。トホホというまで吐きます。その後、ゆっくりと吸い始めて、昨日の最初の呼吸へとつながります。

・顎(あご)は胸に付けて下さいね。左側の女性は、頭が下がっていますね。理由はわかります、実は非常にキツいんですよね。顎を胸に付けてこの動作をするのは。

・足が床と垂直になった時には、足の裏は天井をむいているようにしてくださいね。

最後の回数になって終わった時にも、しっかり息を吐き終えてから、ご自分の息を整えやすい姿勢になってください。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック