チベット体操 第5の儀式前半

この儀式は、始まると最後までいってしまうのですが、今回も前半後半に分けます。

前半の最終の形は、写真のようになります。
つま先と両手で支えながら、息は吐き切った状態です。この写真では、顔は前下を向いていますが(後半に入る準備に入っているためです)、顎(あご)をもっと上げて、顔は上を向くようにした方が息を吐き切りやすいです。
060120-51.jpg
この前半で注意するポイントです。

・この状態になるために、うつ伏せになった状態から息を吐きながら両手で身体を支えても結構です。
・うつ伏せの状態からではなくて、腰を上げた状態で、まず両足と両手の位置を確認してから、息を吐きながらこのポーズになっても結構です。

私は、後の方法でこのポーズまできます。なぜかというと、これから入っていく後半で、足が滑るのが一番怖いんです。ですから、しっかりと滑らない事を一度確認してから始めるんです。

もちろん、息を吐き切るのは、今までと同じです。

この記事へのコメント

  • たくはるきょ

    こんにちは。
    昨年の10月よりチベット体操に挑戦しております。

    昨日妊娠が発覚しました。

    4人目の妊娠ということもあり、
    他の運動(太極拳)などは続けております。

    チベット体操の本には、
    妊娠時には避けたほうがよいものがありましたが、
    詳しいことがよくわからなくどうしてゆけばよいか
    なやんでおります。

    妊娠された方などはどうされているのでしょうか?
    2006年01月24日 05:56
  • トルシエ通り2

    たくはるきょ さん
    連絡、ありがとうございました。妊娠されたとのことで、良かったですね。
    本には避けた方が良いと書かれていますので、やめた方が良いんじゃないかと思います。大切なのはお腹の中の命ですよね。出産されてからも体操はできますからね。
    呼吸法はできると思います。静かな気持ちで新鮮な空気を身体の隅々に送る事で、新しい命にもいい影響がでるんじゃないでしょうか?
    くれぐれも無理をなさらずに、新しい命を大切にしていただきたいです。
    2006年01月24日 10:14
  • たくはるきょ

    アドバイスをありがとうございました。

    体操は生まれるまでは休もうと思います。
    呼吸法は頑張って続けて行きたいです。

    しかし、体操をしないと体が浮腫むというか
    ブヨブヨするというか・・。
    体の鈍りを感じます。

    チベットクラブを通じて学んだ食事方法の、
    「よく噛む」口で消化するくらい
    頑張って噛んで食事をしたいと思います。
    2006年01月27日 05:35

この記事へのトラックバック