チベット体操 あのう 聞こえないんですが・・・

昨日は年に一度の 総合検診 の日でした。

病院に行くのではなくて、医療機器を装備したバス数台が来て、そこで検診を行ないます。

今年は特定検診(問診・身体測定 腹囲・診察・尿検査・血液検査・)の他に、心電図・胃がん検診・腹部エコー・胸部検診を受けました。今までと違うのは、大腸がん検診をしなかったことです(申し込みの関係でそうなっただけです)。

体育館を中心に、それぞれのブースをまわるのですが、最後は胃がん検診でバリウムを飲んで機械の前でくるくると回り、おしまいになります。

で、その胃がん検診の一つ前、診察を受けた時のことでした。

女性のお医者さんで、素敵な方でした。

「これから診察をしますから、しっかりと息を吸って下さいね」
といって、聴診器を私の胸にあててから、ご自分の耳に神経を集中させていました。

「しっかりと息をすえばいいんですね、わかりました」
と、したり顔でしっかりと息を吸います。

「あのお~ しっかりと 吸っていますか?」
「はい」
「何も聞こえないんです。じゃ、もう一度 しっかりと 息を吸って下さい」
「はい」
今度も聞こえないので 人をバカにしているのか?という顔で
「本当に吸っていますか?」と言うんです。

「はい、しっかりと お腹で吸っています」
「あの、胸でしっかりと吸って下さい」
「えっ、胸で吸うんですか? 私は腹式呼吸をしてました」

「はい、大丈夫ですよ。」とあっけなく診察は終了したのですが

「いつも腹式呼吸なんですか?」
「はい、それをお教えしているんです」
「とても この年令には見えないのですが、何かされてますか?」
「はい、チベット体操をしています」
「チベット体操 初めて聞く体操ですねぇ・・」
「ネットで検索してみて下さい。私が出てきますから」
と、いう短い会話で終わったのですが、素敵な先生、検索をしていただけたでしょうか?

バリウムを飲んで、その後下剤を2錠と水をがぶがぶ飲んで、いつお尻が酸っぱくなってもいい状態で、午後の豊橋、夜の浜松の講座を終わらせました。無事に終えてホットしたんですよ。

夜の受講生の中に、看護士さんがいらっしゃるんです。
皆さんの前で先程の話をしたら、そうそうそうなんです と大うけでした。

本当に 聞こえないらしいです。


この記事へのコメント