チベット体操 幼児教育学級で

今日、午前中に森町町立幼稚園の幼児教育学級でチベット体操講座を開きました。

対象は幼稚園児を持つ若いお母さん達でした。

子育て真っ最中のお母さん達にとって、何が一番必要なんだろう? って考えてみました。

「チベット体操は自分自身と向かい合う時間なんですよ」ってよく書きますが、それは逆に言うと、体操をするくらいの時間が持てる という事になりますね。

だけど、このお母さん達にとって、そのような時間を持つ ということは、とても大変なことなんだと容易に想像できます。

だって、いつもいつも 小さな子供が そばにいるんですものね。

そこで、今日のチベット体操講座では、呼吸法はしっかりと覚えていただいて、時間も限られているので、ご自宅での体操をここで体験していただこう・・と、講座を進めていきました。

深い呼吸は気持ちを落ち着かせることもできますよね。

段階を経て何度も練習をしている間に、浅い呼吸のお母さん達が、お腹を膨らませたり、凹ませたりしながら、お腹の深い所を意識しながら呼吸ができるようになってきました。

その呼吸での体操をお教えして、各体操それぞれ1回だけの通しの体操を体験していただきました。
091109sonoda1.jpg
時間にしておおよそ5分間。
それでも、なかなかこんな時間もとれずに日々の生活をしているのなかで、自分の事を考える時間にはなったのかな?と思いました。

最後にみなみさんが、ご自分の体験を元に 皆さんに 深い呼吸だけでも毎日続けて下さいね・・と話をしてくれました。
呼吸法の大切さ、効果を体験している人の話は、本当に説得力のあるお話でした。

短い時間でしたが、わからないところがあれば、水曜日の体験講座に遊びに来ていただけたらと思います。

この記事へのコメント