チベット体操 第5の体操2010

息を吸い切る、吐き切ることを心がけて下さいね。

■第5の体操説明
<お尻を持ち上げて逆V字を作ります>
ポジションの確認

手と足で体を支えます。
100430dai5-0.jpg
手と足の位置がよく分らない場合は、うつ伏せの姿勢で手をついてから、体を持ち上げてみてください。この位置が一つの基準になると思いますから、狭かったり広かったりしたら、調整してみてください。
100430dai5-1.jpg
息を軽く吐きながら、状態を反らせます。
100430dai5-2.jpg
*息を吸いながら、お尻を持ち上げて行きます。
100430dai5-3.jpg
吸いながら逆V字を作ります
(吸いながら緊張を入れてみましょう)
100430dai5-4.jpg
吐きながらスタートの姿勢に戻していきます。
100430dai5-5.jpg
スタートの姿勢に戻りながら吐き切ります。
(吐きながら緊張を入れてみましょう)

続けて*から繰り返してみましょう。


【ヒント】
・手と足の位置は色々試してみて下さい。
・息をっしかり吸いましょう
・息をしっかりと吐きましょう
・緊張の長さはご自分の体に合った長さで良いでしょう


この記事へのコメント