チベット体操  意識が目覚める

5月21日の記事で書いた『フルーツトマト』の種から、やっと芽が出て来た。

同じ日に種を蒔いた チンゲンサイ、ビタミン菜、根ぶか白ネギ、茄子、かぼちゃは、すでに発芽していたのですが、フルーツトマトは時間がかかった。
100606sutamina.jpg
(写真はビタミン菜です)

畑の土の方は、段々と準備が整って、あとはポットで育ったのを移植するのを待っている状態にできました。

最初に植え付けたポット苗の4本のうち、二本のフルーツトマトはひん死の状態ですが、ミニトマト二本は元気に育っています。

スイカ2苗とメロン2苗も元気で、頑張っています(笑)。

いずれも、水を与えたのは最初の2~3日だけなんです。それでも、段々と成長をしています。
フルーツトマトの苗はちょっと弱々しかったんで、もう少し水を与えた方が良かったかな?と思ったりもしていますが、色々とテストをしながらの栽培をしなくちゃいけないんです。

なぜかって? 誰も教えてはくれないからです。

私がチベット体操を始めた頃と同じ状況ですね。

どうして水を与えないか?って思いますよね。

山に生えている木とか植物を考えて下さい。誰も、人間から水をもらってはいないんです。
雨の水分を吸収して大きくなっているんです。水というよりも水分は、根の生えている周りの土に貯めてあるんですよね。

そういう環境を、畑に作ろうとしているんです。

そうして、肥料なんか撒いてもらっていませんよね。

そういう環境を作るまでに1~2年はかかるんです。
時間はかかるのですが、それができたら、消毒なしで、化成肥料を必要としない、健康な野菜ができると思うんです。

最初に書いた、ミニトマトとスイカ、メロンをみていると、なんだかできそうな気がするんですよね。

自分の意志でコントロール出来る『自分の体』が、チベット体操で変化するまでに数ヶ月は必要とする訳ですから、言葉を喋らない野菜を育てるには、その土を作るのは、時間がかかって当たり前ですね。

本当に小さな種が、水を与えられただけで、中に秘めた意識が目覚めるのを目の当たりにすると、私たちが生きていくのに必要な物って、そんなに多くの物ではないような気がしています。

この記事へのコメント

  • Rと申します。

    T兄さんさま、失礼いたします。興味深く読ませていただいております。こちらのサイトにもご訪問ください。悩み解消情報やダイエット報や資料請求サイトをご紹介しています。http://ranking-up.p-kit.com/
    2010年06月08日 18:01