チベット体操 焦らない焦らない

育苗ポットに16個撒いた かぼちゃの種から二つ芽が出てきて、ここまで大きくなった。

葉を大きく育てるのではなくて、根をしっかりさせたいので、大きめのポットに移植しようと下が、元気そうだったので一昨日に直接畑に移植した。
20100613kabocha.jpg
そして翌日、どうなっているかなぁ?と様子を見に行ったら、一つがすっかりなくなっていた。

何かに食べられてしまった という表現がぴったりの なくなり方 だった。

かろうじて残った一つは何とか大きくしたいので、寒冷紗(かんれいしゃ)という我々で言う蚊帳(かや (笑 古いちゅうの))をかけてやった。

同じく 育苗ポット で芽が出た 茄子 を かぼちゃ と同じように、畑に移植しようとしたが、 「ちょっと待てよ」と思った。

ポット苗で買ってきた トマト、スイカ他は元気に育っているのだから、焦って畑に植えるのではなくて、大きめのポットに移して、もう少し大きく、たくましくしてから、畑に移植しようと決めた。
20100613nasu.jpg
チベット体操に置き換えると(笑)、基本の3回から急いで5回に上げるのではなくて、3回をしっかりと体操するように決めたということかな。

焦らない 焦らない!!

この記事へのコメント

  • T体操のお姉さん


    富士山に植樹する木も1年生から3年生 次に5年生になったら
    やっと富士山に連れてってもらえたでしょう。
    楽しいのは わかるけど いそがないように。
    2010年06月14日 07:38