チベット体操 4番5番の緊張

昨日の記事の中で、三ヶ月に一度の東京での『体験講座』でも教えていない••と書きましたが、午後の『フォロー講座』では毎回お教えしていますので、ご安心くださいね。

この緊張については、まだまだ私たちも(発展)途中だということを感じています。

なぜか?というと、これで大丈夫!と思っても、(緊張の)意識をどこに持っていくか?によって、また新しい緊張の仕方ができてくるんです。ですから、今のところ『きりがない』という感じです。

ですから、実際に机の形になって、緊張を始める時には、最初からここをこんな風に緊張して、次はここ。そうしながら、次はここをこんなふうに••という感じになってくるんです。


この記事へのコメント