チベット体操 調子が悪くなった自分は想像できない

先ほど四国の同級生から、悲しい連絡が入ったんです。
ガンを患っていた同級生が亡くなったという連絡でした。

小学校で40人、中学校になって80人しかいない同級生の一人でしたので非常に残念に思います。

あまり認めたくないのですが、もうそろそろ、そういう年代になっているというのが事実なんですね。

ここ2年の間に、生まれ育った地元で1月と8月に『チベット体操講座』を開いてきました。いつまでも同級生でいたい••という願いからです。

来月も開くのですが、その前に同級生にはハガキで講座のお知らせを廻しているんです。

でも、集まりは良くありません。いつも同じような顔ぶれで、返って話を聞いて参加をしていただく同級生以外方の参加が多かったりするんです。

それは、今の森町に住んでいる同い年の友人にしても同じ事が言えるんです。

これだけ毎週のように森町で『チベット体操講座』を開いているのに、参加をしてくれる同級生は ほんのわずか なんです。

「今は元気でまだまだ切羽詰まっていないし、ましてや自分が将来病気等になるなんて考えられない」

そんな気持ちで毎日を過ごしているのだと思います。

でも、今回のように同級生が一人減り、気がついたら、自分の体はいつの間にやら想像もしなかったようになっているんです。

調子が悪くなった自分の体を想像する事は、とても難しいですよね。

そうして、変化をした自分の体は受け入れるのだけれど、自分から進んで変化してしまったその体を戻す気力はなくなっている。

『この年齢からそんなことが出来る訳がない、手遅れだ!』

ということになるんです。作り話ではありません、実際に周りのほとんどがそういう状態です。

『もしかしたら、今からでも自分の体を何とかできるのではないかな』

という考えを受け入れることが難しくなっているんです。

そうじゃありませんか?

でも、自分から健康になりに行く気持ちがあれば体は変化をする! と、私は思っています。

その証明が、私にとっては『チベット体操』なんです。私がそういう体でいる事が、皆さんの希望につながると考えています。

私がいくら「チベット体操は体にいいんだよ」と言っても駄目なんです。相手が「チベット体操は本当に体にいいんだな!」と思ってくれるのを待つしかないんです。

ですから、無理にチベット体操を勧める事はことはしないんです。同級生のハガキにしても、日にちと場所を知らせるだけなんです。

とても時間のかかることなのですが、それしか方法がないんですね。

このブログでもう5年もチベット体操の事を書き続けてきました。私にはそれしか出来ないんです。皆さんに気がついてもらうしかないんです。

私たちには、平等に元気になれるものを与えられているんです。でも、自分から元気に、健康になりにいこうと思わない限り手に入れる事はできないんです。

「みなさんなら どうしますか?」

この記事へのコメント

  • 一児のパパ

    >『この年齢からそんなことが出来る訳がない、手遅れだ!』

    私にも経験があります。仕事でかかわっている高齢者の皆さんに健康になるためのアドバイスをした時のこと、返ってくる反応は決まって
    「もう歳だからできない」
    「体が硬いからできない」
    「やれば良いのはわかってるんだけどねぇ..」
    でした。歳だから、体が硬いからやってほしいんですけど...やれば良いのがわかってるんだったらやろうよ...と何度お答えしたことか...

    結局、自分の健康は自分で作っていくものであり、自分にはそれができる、と思っていない人にはどんなに目の前に証拠があっても信じられないのでしょう。

    >このブログでもう5年もチベット体操の事を書き続けてきました。私にはそれしか出来ないんです。皆さんに気がついてもらうしかないんです。

    一見この文章には諦めに近い無力感がつづられているようにも感じられるのですが、でも気付くかどうかが相手次第であることを考えると、これが相手に自分がしてあげられる最大限のことなのですよね。この一線を越えて相手の領域に土足で踏み込んで、胸ぐら掴んで無理やりわからせるなんてことはできないし、やったとしてもお互いにストレスが溜まるだけですから。

    これまで通りブログで情報を発信し、感心のある人に気付いてもらうのを待つ今のスタイルが最良だと思いますよ。私も気付いた一人ですから間違いありませんっ(^o^)/
    2010年12月11日 09:39
  • くわはら

    以前に大阪講座に参加させていただいた桑原です。その節はお世話になりました。
     たまにプログのぞかせていただいています。今回の記事ははお兄さんの残念さ悔しさが伝わってきて何とも・・・。多分お兄さんがおっしゃるように「いつでも待ってるよ」スタイルでいるしかないんですよね。気づくときを待って。
     少なくとも私は、お兄さんお姉さんに丁寧に教えていただいてほんとに良かったと思っています。いま現在も21回とはいきませんが、毎日かかさず続けています。終わるとシャワーをあびたみたいにすっきりします。きっと一生続けていくでしょう。
    2010年12月11日 12:37
  • T体操のお兄さん

    一児のパパさん
    いつもありがとうございます。
    人それぞれに考え方、生き方みたいなものがあるので、あるところまでしか言えないんですよね。

    やれば違ってくるのは解っていることなのだけれど、受け入れていただけなかったりするんです。

    でも、受け入れていただけなくて、ご本人がどうしようもならなくなってしまったとしても、それがその方の選んだ生き方なのだ••と思えるようになってきました。

    そういう生き方を体験しているのだと思えると、気持ちが楽になってきます。

    私はこのまま『若さの泉』に近づいて行こうと思っています。
    それが一番大切な事だと感じています。

    2010年12月13日 01:11
  • T体操のお兄さん

    くわはら さん

    大阪の体験講座にご参加をいただいてありがとうございました。
    毎日欠かさずに続けていただいているんですね、ありがとうございます。

    回数を追う必要はないと思いますから、質のいい体操をお続けくださいね。

    一つひとつ丁寧な呼吸、動作をする事がそれにつながると思います。きっと、それが『若さの泉』につながっている道だと思います。

    来年また大阪に行きます。
    お会いできるのを楽しみにしていますね。

    ありがとうございました。
    2010年12月13日 01:17
  • えびこ

    今年最後に
    チベット体操で出来上がった
    2010年のお兄さんの素晴らしいボディを
    拝ませてもらってから
    元気に年を越えて行きたいです(^^)。
    2010年12月13日 11:21
  • T体操のお兄さん

    えびこ さん
    あっという間に師走、それも半分近く時間が過ぎましたね。
    ボディーはあまり変わらないのですが、頭がフォーク歌手でなくなりました(笑)。
    体調を崩さないようにしましょうね。
    2010年12月13日 23:38