チベット体操 ゆっくり動いた方がいい?

昨日も記事に書かせていただきましたが、届いたよ~んの連絡をいただいた中に、質問がありました。遅くなって申し訳なかったのですが、私なりの考えを書きますね。
----------------- 以下質問 -------------------

呼吸に合わせて(我慢できる限界に合わせて)運動すると
1つ1つの運動が、結構スピーディーになってしまうのですが
やはり、ゆっくり動いた方がいいのでしょうか?

というご質問です。

これは、呼吸の長さが短いので、それに合わすと動きが速くなってしまう・・ということですよね。

冊子の最初の「チベット体操の呼吸法」基本の呼吸にも書いてあるのですが、吸う時は意識して丹田を膨らませるように書いてありますね。

冊子の中では、動作を始める基本の呼吸という事で書いてありますが、実際に動作に入った時にも、ゆっくり吸ってお腹が膨らむのを確認するくらいのスピードの方がいいと思います。

吐く時にも同じくらいの速度で、最初のポジションに戻す感じで動けばいいと思いますよ。

で、息を吸うのと、動作を完成させる(例えば足を上げるとしたら)のと、どちらが優先か?というと、私は息をゆっくり吸う方を優先して下さいと言ってます。

チャクラを刺激するのが目的ですので、あまり息を吸わないで動作を完成させるよりも、息をゆっくりしっかり吸い込んで、足が途中までしか上がらなくてもいいんじゃないか?って思います。

なぜか?というと、いずれしっかり足は上がるようになるからです。急ぐ事はないからです。

逆に言うと、息がしっかり吸えるような、足の上げ方、上体のそらし方が解ってくると思います。いろいろとご自分なりに、工夫してみて下さい。

講座に参加をしていただいた方の中には、「家でやる体操と違う」と言ってくれる方もいらっしゃいます。各動作のスピードが非常に遅いのです。ですから、講座で全部の体操をした後は、実はかなり疲れるんです。

ですから、ご質問をいただいたkさん、ゆっくりした呼吸に合わせて、動作をしてみて下さいね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック