チベット体操 博多・広島講座 行って良かったです

半年ぶりのチベット体操 博多・広島講座を終わらせて帰ってきました。

『雨男』と呼ばれるだけのことはあるなぁと、自分でも感心するくらい、お天気はしっかりと雨。台風まで来てくれました。

博多での講座の話です。

今回は初めての会場での体操講座となりました。

前回の体操講座を受講していただいた方が
I.S.E構造的自然治癒力研究所 筋膜リリースセンター
を紹介していただいたんです。

名前が少し難しく感じますが、いただいたパンフレットの言葉を引用させていただくと

体全体のバランスを担う筋膜(姿勢の器官)への施術と体の動きのトレーニングを通して、自然治癒力を高めていくことをしているところなんです。

ISE主宰は、廣瀬寛治さんで、米国公認マッサージセラピストなんです。

要するに、その道のプロの方のセミナールームを使わせていただける事になったんです。

お会いするまでは、そらもう『ドキドキもの』でした。
なぜって?私たちは、『チベット体操での自分たちの経験をお伝えしている』だけだからです。

でも、そんな私たちに、快く会場を提供していただきました。

講座の方は、廣瀬先生も一緒に受講をしていただいて、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

台風の雨にも関わらず、熊本県から来ていただいた方もいらっしゃいました。目の前で、私たちの体を見て、チベット体操で出来た体に納得して(ご自分でそのように言われていいました)、真剣に受講していただきました。

最後に廣瀬先生が「次回はいつ来てくれますか?」

って、言っていただいて、私たちはすごく嬉しく思いました。
「チベット体操が怪しい体操ではない(笑)」というのを、感じていただけたのだと思います。

『元気になっていただく』

という目的が一緒で、それに向っていく方法が少し違うだけなんですね。

今回、直前に都合が悪くなって受講出来ない方も数人出て、少ない人数での講座となり、少し残念に思って出かけたんです。

でも、「行って良かった」と思える、博多での講座になりました。
20110528hakata.jpg
皆さんとの出会いに感謝です。


この記事へのコメント