チベット体操 自分の時間を創る

先日、地元の幼稚園で、若いお母さん達を対象にした『チベット体操講座』がありました。

森町の中にはいくつか幼稚園があるのですが、自分の子供達が通った幼稚園では初めての講座だったんです。

チベット体操は『若返り』の体操と言われていますが、幼稚園のお母さんは、そのままでも十分お若いんです。

ですから、『若返り』よりも、もっと実感として欲しい物があるんですよね。

それは何なのでしょうねぇ?

きっと、それは、きっと自分だけの時間なのではないのかな?
子育てに忙しいので、なかなか自分だけの時間を過ごすのは難しいんですよね。

それと、何人かの子供を出産して、体が少し変化していることも事実なんですね。(偉そうなことを書いていますが、私は男性ですので、本当のことは実感できません)

一つひとつのポーズをお教えしながら、ここをこうすれば、この先こういうことを予防できるんですよって、自分たちが実際に試してきたことを、お母さん方にはお教えしました。

最後に1回通しの5分間の体操をしました。

この5分間だけは、毎日頑張っている自分への『ご褒美の時間』として、何もかも忘れて自分の世界に入っていただくようにお伝えして、普段の時間とけじめを付けて始めました。

静かな時間が流れていったような気がします。

最近着なくなってしまった服とか、はけなくなっていたジーンズがはけるようになるだけで、ご自分の気持ちも違ってくると思います。

子育てで忙しい中ですが、数分でも良いから『ご自分だけの時間』を創って、体操でもいいし、呼吸法だけでも続けていただけたら、と心から思いました。

この記事へのコメント