チベット体操 私たちの3.11 〜遠州から〜

この一年、被災地に向けて寄付はしました。荷物は送りました。でも、心の中に何かしらざわざわしているものがある。

現地に行った人もいる、行きたいけれど行けない自分もいる。

もっと、自分として出来るものがあるのではないか?

そんな思いを持った人たちが集まって、浜松駅近くの公園で鎮魂の集まりを持った。

午後は、遠州地方に伝わる『遠州大念仏』、夜は遠州森町で夏の風物詩になっている『森ほたる』と『キャンドルナイト』で、東北に向けての思いと、自分の気持ちに対して静かに考える時間を持った。

14:46分、たまたま今日その場所に居合わせた多くの人たちが、同じ方向を向いて黙祷を捧げる姿に熱いものが込み上げて来た。

直後の、『遠州大念仏』の太鼓の音が、空高く舞い上がって、会場にいる人たちの思いを本当に運んでいるかのような気持ちにさせてくれた。
20120311念仏.jpg
『キャンドルナイト』では、子供達が書いた思いが、都会の暗くならない公園の中でも、確かに浮かび上がった。その向こうに、ぼーっとした灯りの『森ほたる』が、何気に並んでいるのが嬉しかった。
20120311私たちの311.jpg
私たちの3.11 〜遠州から〜

同じような思いの人が集まって、同じ時間を過ごし、お話をすることで、自分の中にあったちょっと暗くて硬かったものが、温かくなって溶け出たような気がした。

この記事へのコメント