チベット体操 休憩の間も同じリズムで過ごしてみて下さい

前の記事のコメントにもお返事をしたのですが、皆さんに知っていただきたいので、記事として書きます。

このブログには何度も書いてありますが、人それぞれ体は違います。ですから、人それぞれのチベット体操で良いと私は思っています。

このチベット体操は、人と終わるまでの時間や回数を争う体操ではないし、人に点数を付けてもらい、奇麗さを争うものでもありません。

前の記事の最後にも書きましたが、自分の内面に向かってする体操です。
自分自身のためにする体操なんです。

人それぞれで違うと書きましたが、体操の速さが違えば、呼吸も違います。私たちは、どちらかと言うと、呼吸に合わせて体操をしています。

そこで、いただいたコメントの『休憩時の呼吸はどうするの?』ということになるんです。

私の希望としては、体操をしている時と同じ『吸う吐くのリズム』で、休憩をしてみてください。

なぜか?というと、次のポーズに移る時に、流れるようにスッと入っていけると思います。

それがうまくいくと、最初から最後まで、流れるように体操ができると思います。それが出来るということは、心も体もリラックスした状態で過ごせるということです。

『若さの泉•5つのチベット体操』には、その部分がどのように書かれているか?というと

---以下本文からの引用です

効果を高めるのに二つのことがある。1つは、リズミカルな深い呼吸をすることだ。儀式を繰り返す間の休息時にも、同じように呼吸をすることは話した。

また、儀式の前、そして各儀式と儀式の間に、腰に手を当ててまっすぐに立ち、深くリズミカルな呼吸を充分にすることが約に立つ。息を吐く時には、体内のあらゆる緊張が抜けていくことを想像し、心の底からリラックスし、楽な気持ちになる。また、息を吸い込む時には、自分は今、幸福と満足感で満たされつつあると思うのだ。

---引用終わり

私たちチベットクラブでは、儀式(体操)の後は、立たずに楽な姿勢になっていただいてから、呼吸を整えていただいています。

大切なのは、この『リズミカルな呼吸』で、このリズミカルというのが、前の記事、あるいはここに書いた 体操をしている時と同じ『吸う吐くのリズム』 だと私たちは考えています。

声のCD『ごほびの時間』をお持ちの方は、今度は、そのような気持ちで聴きながら体操をしてみて下さい。全体を通して、同じリズムで体操ができると思います。

この記事へのコメント

  • aya

    お返事ありがとうございました。
    今日はすごくリラックスして体操できたので報告でした(笑 

    きれいな体操をしようと形にこだわり過ぎていたようです。今日は呼吸も緊張も気持ち良くできました。ありがとうございました(*^_^*)



    2012年06月05日 23:49
  • T体操のお兄さん

    ayaさん
    お返事が出来てなかったです。

    自分の体も気持ちも、いつも一緒じゃないから、いろいろな体操があってもいいんですよ。 大丈夫大丈夫。
    2012年06月11日 21:22