チベット体操 自分自身のために静かな時間を過ごす

夜遅く、お月様を見ようと外に出て見ると、そこには素晴らしい世界が広がっていました。

本が読めるのではないだろうか?と思えるくらいの明るさと、虫の鳴き声。お隣の部屋の電気は消えて、人の営みが感じられなくなっていました。すっかり秋の空気になっていました。

お月様を眺めながら、この風景の中に自分を置いてみよう と思うのが何も不思議ではなかった。

マットを敷いてその上に座り、深い呼吸でその場の空気を体に取り入れた。その後は、月明かりの下で15分間の『ご褒美の時間』を過ごした。
20120831満月.jpg
日食の時にもこうやってチベット体操をしたことを思い出したが、この夜の静かな空気とはほど遠いものだった。

どこか遠くの特別な場所に行かなくても、自分自身にとって特別な時間は持つことが出来ます。

一日1440分の中のほんの15分。自分自身のためだけの静かな時間を過ごしてみませんか?

この記事へのコメント

  • 健康的ヨガ兄貴

    こんばんは。僕もこれからチベット体操始めよう、と思うんですが、その理由は、男らしくなりたい!特に、声を低く、男らしい声にしたいんです(例えば、イヴモンタンのように)。で、第5チャクラは話すことや声を出すことに関わる。と聞きました。第1チャクラと密接に関わってる、とも。で、質問なんですが、第5の儀式をやれば、男らしい声になりますかね?もちろん他の儀式もやるつもりですけど、とりわけ第5と第1に興味があります。とにかく、声を低く、男らしくしたいんです。あと、精力が増した場合、男性ホルモンが分泌されて、喉仏も出ますか?声の体操、というのも気になってますが、第5、第1の儀式をやっても、声は低くなりますか?何か、記事と関係なくてすみません。ふと気になったので、質問しました。
    2012年09月03日 20:42
  • T体操のお兄さん

    健康的ヨガ兄貴さん

    コメントありがとうございます。
    第1の儀式が第1のチャクラを、第5の儀式が第5のチャクラを刺激するのか?というと、そうではないと思います。

    やはり、全体のバランスが大事だと思います。その上で、別のコメントにお返事をさせてもらったのですが、第5のチャクラを刺激するといわれている低い声の発生の練習をするのが一番良いのではないかな?と思います。

    いかがですかね?
    2012年09月07日 22:24