チベット体操 伸びしろがあるということ

『若さの泉•5つのチベット体操』では、基本が3回で、1週間に2回ずつ回数を増やして、最終が21回ですよと書かれています。

ですから、それを目指して頑張っている方もいらっしゃると思います。

私達は出来るだけ『若さの泉•5つのチベット体操』に近づきたいと思って、何度も本を読み直しながらここまできましたが、唯一守れていない部分があるとすると、この『1週間に2回ずつ回数を増やして•••』だと思います。

私達は、急ぐ必要はありませんから、基本の3回がしっかりと出来る体をつくってから、回数を上げたい方は上げて下さい とお伝えしています。

回数を上げようとすると、どうしても粗い体操になってしまうので、それよりは深い呼吸をしっかりとした精度のいい体操をしていただきたいんです。

今回、私が回数を5回、7回と増やしたことで、感じることがいくつかありました。昨日書いた体の変化もその一つですが、今日は別の角度からお話をします。

今回、5回は約二十日間と短い期間でした。その後7回にして、この先はこの7回をしばらく続けてみようと思っています。

基本の回数である3回を数年(多分3〜4年)間続けていたのですが、その間というのは体操を3回する体が当たり前の体になっていたんですね。

もっと解り易くいうと、体操を何もしない人の生活と同じということです。ただ、チベット体操が3回できる、している体であるというだけです。

ですから、その体にも(表現は合ってないかも知れませんが)お腹の脂肪等は付いてくる訳です。

で、今回回数を上げたことによって、昨日も書いたように、体の変化を感じています。もっと言うと、回数3回の体に付こうとしていた脂肪が付きにくいように感じるんです。

3回がしっかり出来る体の人が回数を上げて5回にするのは、そんなに難しいことではないと思われます。(もちろん、時間はその分掛かりますが)ちゃんとしたベースの体が出来ている訳ですからね。

そう思うと、私達がやっているチベット体操というのは、『伸びしろ』がまだまだ残っているということなんですね。なんてたって、この先21回まである訳ですからね。

先ほど、基本の3回を3~4年続けたと書きましたが、7,9,11,13,15,17,19,21と一つの回数を3年続けるとしても、この先二十数年は続けることが出来るんです。

70歳半ばで、「さぁ、最終の21回に挑戦してみるか••」ということになるんです。
それまでに時間をかけて、その回数がしっかり出来る体を創り上げてきている訳ですから、そんなに難しいことではないと思うんです。

でも、これって凄いことだと思いませんか?
この5つの体操だけで、この年齢まで楽しむことができるとうことなんです。

その見本になるような体でいることが、私の使命かな!と考えています。

この記事へのコメント

  • えびこ

    T兄さん、ご無沙汰しています。

    この夏、私にとっては珍しく
    3か月間連続で(時間帯はバラバラでしたが)
    毎日の体操が続けられたのですが、
    お腹のお肉に変化が見られなかったのです。

    このブログを読んで
    目が覚める思いがしました。

    明日から5回に回数を増やして
    まずは30日間続けてみます。

    お兄さんのステキな声が聞けないのが
    チョット寂しいかも(笑)
    2012年10月04日 15:50
  • えびこ

    ご無沙汰しています。

    なるほど!
    目が覚めました。
    ぜんぜんお腹が凹まなくて
    気持ちが凹んでおりました。

    明日からまずは30日間5回ずつやってみます。
    お兄さんのいい声が聞けないのが
    ちょっと残念ですけど(笑)
    (毎日CDの音声とともに体操してましたから)
    2012年10月04日 16:57
  • T体操のお兄さん

    えびこ さん
    お返事が遅くなってごめんね。

    CDで体操を続けていただいてたんですね。ありがとうございます。

    回数を増やしても、精度の良い体操をお続けくださいね。

    ボチボチいきましょうね。
    2012年10月09日 20:52