チベット体操 ふじのくに「スポーツ月間」でチベット体操

静岡県のお話です。

10月は ふじのくに「スポーツ月間」で、3回に分けて県内でスポーツのイベントがあります。

その一回目が、今日菊川市で行われました。何と、チベット体操を取り上げていただいたんです。
『チベット体操講習会』ということで、静岡県菊川市で開かれました。
20121020スポーツ推進月間2.jpg
最初、参加していただいた方に
「チベット体操したことがありますか?」
とお聞きしたら、一人の女性が手を上げてくれました。
「おおお、いらっしゃるんだ」と嬉しくなりました。

今日はたっぷり2時間持ち時間があったので、前半は呼吸法、後半はチベット体操という内容でした。

まず、皆さんに今の呼吸をしてもらい、どんな呼吸をしているかを確認しました。

やはり、ここでも胸で呼吸をされている方がほとんどでした。

その後、呼吸の意識をお腹に下し、その後丹田へと導いていきました。
驚いたことに、皆さんが丹田付近を意識して呼吸が出来るようになったんです。

どの講座でも思うのですが、普段の生活の中で、息を吸うこと、吐くことを意識をして呼吸はしていないんです。だから、いつの間にか胸で浅い呼吸をしているんですね。

でも、どこを意識するかを知って、どのように意識をするかがわかれば、自分でびっくりするくらい呼吸って変わります。たった数分で、今日であれば、会場に来た時と帰る時では呼吸が変わっているんです。

その後、丹田を意識した深い呼吸の練習、その呼吸を使ったストレッチをして前半を終了。小休止のあと、5つのポーズをお伝えしました。第4、5のポーズが難しい方には代替えのポーズで、無理のないようにしていただきました。

今日はこの後、基本の回数3回でのご自宅でする体操を皆で行いました。深い呼吸にあわせてのチベット体操がしっかりと出来ているように感じました。

今回、参加申し込みは多かったのですが、100名で切ったそうです。実際に会場に来られたのは半分くらいの人数になってしまったみたいで、担当者の方が恐縮されていました。

でも、私達にはそんなことよりも、静岡県教育委員会が主催でこのチベット体操講習会ができたことがとても嬉しいことでした。

たまたま、ご縁がつながってこの講習会に発展できたのですが、こんなことは日本では初めてのことだと思います。

先日、静岡県は『健康長寿日本一』になりました。それは凄いことだと思うのですが、それを維持することがとても大事だと思います。

それには、お金も、場所も特別に必要としない、このチベット体操はうってつけの健康法だと思います。

また、このチベット体操を取り上げて、実際に講習会を開く ということができる静岡県だからこそ、『健康長寿日本一』になれる下地があるのかな!とも感じました。

是非、ご自宅で続けていただきたいと思います。

この記事へのコメント