チベット体操 呼吸に合わせて動作をしてみて下さい

「チベットクラブのチベット体操の特徴は何ですか?」

と聞かれたら

「丹田を意識した深い呼吸とゆっくりな動作」

とお答えすると思います。

『吸って 吐いて 吸って 吐いて』のリズムに合わせて動作をしていると思っていただけたらと思います。

チベット体操の動作の動きというのは、『息を吸いながら何かをします』。

例えば、第3の体操であれば、『息を吸いながら上体を後ろに反らしていきます』。ここで大切なのは、『息を吸いながら』ということことです。

もっと細かく言うと、『息が丹田に入るのを確認してから』上体を反らしていくんです。

この場面を第三者が見ていると、『丹田が膨らんできてから』上体を反らしているように見えます。

ですから、息を吸い始めてすぐに上体を反らせてはいないんです。反らすのが若干遅れるように思えます。

それくらい、息を体にしっかりと入れることを大切にしています。

精度の良い呼吸をすることがとても大切だと私達は考えているんです。その精度の良い呼吸で、基本の3回を試してみて下さい。

きっと、今までとは違う感覚が、体の中から出てくると思います。

息を吐く時の話は、後日書きたいと思います。

この記事へのコメント