チベット体操 第5の体操はここをしっかりとね

第1の体操から始まって第4まで来ましたから、第5の体操もお話をしておきますね。

第5の体操というのは

『お尻を持上げて逆V字をつくります』

という動作になります。

ポーズのスタートは、手と足で体を支えて体を反らして顎を伸ばして、息を吐いている状態がスタートの姿勢になります。

このポーズになる前に、手と足が滑らないのを確認しておきましょうね。畳の上とか靴下をはいていたりすると、滑って余分なところに力が入って傷めたりすることがあります。

•息を吸いながらお尻を持上げる時でも、しっかりと丹田に息を入れましょう。

•お尻が持ち上がって逆V字になった時に、背中から腕のラインが真っすぐになるくらい肩を入れてみましょうね。

•かかとは無理に床に着けなくても結構ですから、ゆっくりと下げて下さい、

•息を吐きながらスタートの姿勢に戻る時には、お腹はわざと凹ましぎみで、あごを伸ばして、息を吐き切って下さい。

この四つをしっかりと意識して体操をしてみて下さい。

しっかりとした呼吸が入ると、かなりきつい体操になると思います。

くれぐれも無理をしないことを心がけて下さいね。

http://tibetclub.seesaa.net/article/148352224.html

この記事へのコメント