チベット体操 目的は健康で元気になること

私が30年以上仕事でお付き合いをしている会社に、来週新年のご挨拶に伺うことになった。

名古屋まで行くのですが、ただのご挨拶だけでは『もったいない』ので、とある提案をすることにした。
最新のIT機器を使っての、新しい仕事の取り組み方法の提案です。

今日は『提案書』を作っていたのですが、内容は全て手書きで、説明は自分で描いたイラストです。
あまりの絵心のなさにあきれながらも、何とか作り上げた。

最新のIT機器を使うのに、『提案書』は全てアナログになった。

なぜか?というと、描いたイラストに代わって写真を使って、例えばパワーポイントを使ってプレゼンすればカッコいいのですが、自分の性格上どんな風にスライドを作るか?に余計な時間を使ってしまうのは目にみえているからだ。

今回の目的は『どのような使い方、取り組み方をするのか』を提案するのが目的で、スライドを作るのが目的ではないからです。

そんなことを考えなら、思わず『ハッと』気がついた。

先日、お正月をぼぉ〜っと過ごしたので、いつものように体操をしているのだけれど、顔がおっさんになっていたのは、実はこれだったんだな!と思った。

いつものことのように、同じ回数をすれば良いと言うものではないんです(前にも書きましたが)。
大切なのは、『いかに短い時間の中で気持ちを入れるか』なんですね。

『目的はいつもの回数をすることではなくて、自分がいかに健康で元気になるか』

なんです。

全く違うことをしながら、大切なことを再確認することが出来て、今年はますます楽しくなりそうな予感がしてきました。

この記事へのコメント