チベット体操 お腹が空くから食事をする

先日、自分の腹八分目ってどのくらいの量か?

ということを書きました。
昨夜、例によって講座のあとに立ち寄りました。

「この皿数で本当にそんな感覚になるのかな?」
と思うのですが、食べてみると本当にそうなるから不思議です(笑)。

何度も通って確かめた感じは間違いないですね。

胃袋の中はどういう感じか?

というと、胃の上の方に少し隙間があるという感じです。

で、その感覚の腹八分目を続けている身体の調子はどうか?というと

食事前にお腹がすきます(笑)。

当たり前のように感じますが、お腹が空くから食事をするんです。
時間がくるから食事をするのではなくて、お腹がすくから食事をするんです。

元々、そんなにお腹いっぱい食べてはいませんでしたから、このような感覚は持っていましたが、それでも新鮮に感じられます。

それから、体がとても軽く感じられます。
朝起きた時のお腹の状態がとても良く、食べている物にもよるとは思いますが、排泄で全部出て行ってくれる そんな気がしています。

きっと、胃も腸も負担が少なくて、活発に働いてくれているんでしょうね。

腹八分は医者いらず、腹七部は医者知らず

というのを聞いたことがありますが、無理なく健康になる秘訣がこの言葉に隠れているような気がします。

プラス、チベット体操でどうなるんだろう?

非常に楽しみな試みをしているような気がします。

考えたら、お金なんにも使ってなくて、誰にでもできることをしているだけなんですよね。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック