チベット体操 呼吸に時間をかけるのが難しい時には

先日のある講座に『見学』でお見えになった方がいました。

カルチャーセンターの方からは、「30分くらいでお願いします」というお話だったのですが、30分だと体操まで行き着けないかも知れないので、許可をもらって体操の前の呼吸法は一緒に体験していただくようにしました。

講座の前半は、しっかりと深い呼吸の練習をしています。いつもと同じメニューで体験をしていただいたのですが、最後に感想をひと言いただきました。

「普段浅い呼吸しかしていないのがよくわかりました。身体のあっちこっちが硬くなっているのが自分でわかりました。とても気持ちが良かったです。」

ということでした。
「どこをどのように意識をする」みたいなことは何もお伝えしなかったのですが、ご自分なりに深い呼吸をしていただけたんでしょうね。

「深い呼吸を意識しましょう!」

とよく言いますが、ご自宅で一人の時には、なかなか呼吸だけにそんなに時間をかけることはないですよね?

そんな時には、体操をする時に、吸う吐くをしっかりと意識して、体操をしてみて下さい。それだけでも、体操をしている時のスピード、体操を終えた時の感じ方が今までとは全然違ったものになります。

この記事へのトラックバック