チベット体操 ここまで凹ませるんですか!

自分なりにお腹を膨らませたり、凹ませたりしながら呼吸をしているのだけれど、「イマイチ自信がない」「これでいいのかな?」と、思っている方も多いのではないでしょうか?

時々なのですが、私が受講されている方に了解を得て、手を出す時があります。
なぜ時々なのか?というと、お一人おひとりなので、時間がかかってしまうんです。

ですから、人数の少ない時とか、時間の余裕がある時に行っています。

丹田に手を添えて、ここまで凹ませるんですよ、こんなふうに息を吸ってみて下さい

と、ご自分の体で感じていただいているんです。

たまたま、今日はそんなタイミングの講座がありました。

呼吸しているのをこちらから見ていて、息を吸う時に気になるところがあったので、それも一緒にアドバイスをしました。

息を吸おう吸おうと、どうしても力が入ってしまってたんですね。
「まず息を吐く時に、これくらいまでお腹を凹ませて、その後は余計な力は入れずに息を吸ってみてください・・・。」

何度かやっているうちに、みるみる上手に吸えるようになってきました。
姿勢もとても良くなって、ほんの数分で見違えるようになりました。

「ここまでお腹を凹ませるんですか!」

って、驚かれていましたが、その呼吸で体操をしたら、「今までとは違う体操でした」と、感想を言ってくれました。

そうなんです。
呼吸って、それくらい大事なんです。
呼吸だけで、体操が違ってくるんです。

講座を受講してくださった方にしか伝わらないかも知れませんが、私たちが体操の回数を追わない理由がそこにあります。

ご自分なりに、息を吸う、吐くを意識して、体操をしてみて下さいね。


この記事へのコメント