チベット体操 40年間の予定を立てる

今日はローカルなお話です。

昨年、今年と地域のお寺の世話役で、行事の連絡とか受付とか草刈り等をしています。

私の地域には檀家さんが21名いらっしゃるのですが、この役目の任期は2年。私は今年で終わりです。

この役、ある時までは一人で何年も努めていたそうです。ある時から2年の任期で順番に回るということになったらしくて、方角の南に住んでいる方から順番に北に向かって役が北上してきました。

で、私の次は?というと、すぐ隣の方になるのですが、その次は決まっていません。なぜか?というと、宅地が広がって、東、北、西とどちらにも進めるからです(笑)。

そこで、「今日は順番を決めておこう」ということになり、草刈りの合間に皆さんでお話をしました。

ところがこの檀家の皆さん、私よりも年上の方がほとんどで、今日参加をしてくれた中で、私より若いのは3人だけでした。

想像つきますか?

任期は2年で今のところ21世帯なので、一回りすると42年かかるんです。
今度、もし私がこの役をするとしたなら97歳くらいになっている訳です。

で、ほとんどが私よりも年上ですから、決めている人たちは「自分はこの世にいない」ということを前提に話をしているんです。

「○○さんは10番目ですから20年後です。お願いしますねぇ・・」

笑ってしまうのですが、真面目にそういう順番を決めてきたんです。

20年後の自分なんて想像できますか?

でも、話をしていて、皆さんに想像できるようになっていただくことは、とても大切だな!と思ったんです。

これは、チベット体操の話なんですけどね。

私は45歳からチベット体操を始めて10年が経ちました。

「45歳からチベット体操を始めて10年経ったらこうなるんですよ」

ということは、皆さんにはお伝えできるんです。

45歳付近の方は、10年後の自分が想像できる ということです。

もしかしたら、私にはそれができるのかな? と思うんです。
それくらいしかできないんですけどね。

5年後の60歳になったらどうなっているんでしょうね?
何か、年齢を重ねることが楽しくなってきますね。

この記事へのコメント