チベット体操 びっくりするくらい音が出たんです

今月に入って、遠州地方は秋の豊作を祝うお祭りが盛んに行われています。
先週の連休がピークだったと思われますが、このお祭りでこんな報告が入ってきました。

遠州のお祭りのお囃子に『笛』はかかせません。
どうすればあれ程指が動くのか?と思うくらいの動きで音を出すのです。
笛吹き.jpg
ここ数ヶ月チベット体操を続けられている女性が、お祭りで『笛吹き』をしていることを先日の講座で教えてくれました。

笛の練習は公会堂とかで行うそうなのですが、会場のタバコの煙が嫌いなので練習には行ってなかったそうです。

ぶっつけ本番のようになってしまったらしいのですが、笛を吹いた時にすごく大きな音が出るようになっていたことに、自分で驚いたそうです。

「どうしてかな?そうだ、チベット体操でしている呼吸の影響だ」

と感じたそうです。

お腹の深い所で、息をしっかりと吸って、しっかりと吐いているから、笛の音が昨年と違うことに気がついたんですね。
発声で言うと、お腹のそこから声を出しているのでしょうね。

そういえば、管楽器を演奏している方も、「音が違ってきました」という報告をしてくれたこともありました。

チベット体操でやっている呼吸法が、健康だけではなくてその他にも良い影響を及ぼしているのだな・・と思うと嬉しくなってきますね。

この記事へのコメント