チベット体操 回数を追わない理由があります

このチベットクラブのブログを読んでいただいている皆さんはご存知だと思いますが、ここ数年私は基本の回数3回しかしていません。

『若さの泉 5つのチベット体操』には、基本の回数が3回、その後週に2回ずつ回数を増やしていって、10週目に21回をするように書かれています。

ですから、多くの皆さんが21回を目標に回数を増やしているのではないかと思います。

同時に、回数が増えるのを苦にされている方も多いのではないかな?と思います。

私は最初の頃には21回をしていましたから、21回を目指して頑張る気持ちはよく解ります。21回まで行きたい方は目指すのも良いと思います。

では、どうして現在は3回しかしていないのでしょうか?それには理由があります。

ここからは私の体で起こった体験談です。

21回まで進んでいると、かなり引き締まった体になっていました。

しかし、21回の回数をやめることができなくなっていました。回数を減らすのが怖いんです。

理由は、 今の自分の体があるのは、21回の体操を続けているからで、回数を減らすと今の体が維持できなくなると思い込んでしまってたんでしょうね。

その回数を減らすことの不安をなくすために、呼吸をしっかりとするようになったんです。

段々と回数を減らしてきて、最終的に基本の3回で、今の深い呼吸をするようになりました。

ですから、最初から今のような呼吸はしていなかったんです。

で、基本の3回の体操で、体は変化をしなくなったでしょうか?

今でもしっかりと変化は続いています。特に下半身はかなり変化をしたと感じています。

最近は、特に『お尻の形が変わっている』と自分で思います。第3の体操で手をお尻の下に置く時に、それは特に感じています。

ただ、基本の3回しかしていないので、回数を多くした時よりは、もしかしたら時間がかかっているかも知れません。

私たちチベットクラブが回数を追わないのには、こういう理由があるんです。

私は今後も体操の回数を増やすことはしないと思います。基本の回数である3回のチベット体操を続けたらどうなるか?という実験を自分の体で試しているんです。

その途中経過でできたのが、15分間の声のCD『ごほうびの時間です』なんです。

このブログとか講座で何度も何度も 「焦る必要はないです。」「ぼちぼち行きましょう」と言うのは、こういう経験から来ているんです。

回数を追わない、基本の3回のチベット体操。
気持ちの良い呼吸に合わせた、ゆっくりな動作で5つの体操をしてみませんか?

この記事へのコメント