チベット体操 効果を得られやすくするにはどうすればいい?

前の記事で、お月様のリズムを取り入れての食事についてお話をしました。

このリズムで食事をしながら10年間チベット体操を続けていますが、その効果について今日はお話をしますね。

結論から先に言うと、『このリズムを取り入れないのは、もったいない!』というのが、私の素直な感想です。

水分を発散しやすい満月から新月にかけての2週間は、効果がとても出易いです。

しかし、効果が実際に自分の体で感じ易いのは、その2週間ではなくてもう少し後になります。個人差があるとは思いますが、変化し易い体になっている人には次の (新月から満月にかけての) 2週間に自分で効果を感じられるかも知れません。

ただし、書いたように『変化をし易い体』になっておく必要があります。

どういうことか?というと、例えば食事を美味しくいただこうと思うと、お腹をすかしておく必要もあるんです。

そのためには、新月から満月の2週間にも体操をしておく必要があるんです。

変化をし易い2週間だけ体操をしようとするのは、ちょっと都合が良すぎますね(笑)。

お月様のリズムで、食事を気にしながらチベット体操を続けてみて下さい。時間はかかるかも知れませんが、「あれ、もしかして私の体変わっているかな?」と、第3の体操あたりで感じるのではないかな?と思います。

この記事へのコメント