チベット体操 食べる順番にも気を使ってみましょう

少し前の記事で、「食べる順番にも気をつかっている」と書きました。

じゃ、どんな順番で食べているのでしょうか?

夕食のテーブルに ごはん、 お刺身 、フルーツ、野菜、焼き肉、があったとすると、あなたはどんな順番で食べますか?

このメニューなら私は、フルーツ、野菜、ごはんをいただきながらお刺身、お肉の順番で食べます。

食後のフルーツなんていう食べ方はしません。まず最初に食べます。なぜか?というと、フルーツはお腹の中に何もなければ15分くらいで胃から出て行くといわれています。

私の希望としては、お魚とお肉は別にして欲しいと思いますが、食べる人がそんなに文句を言ってはいけません。出されたものはいただきます。

どうしてこんな順番になるのか?というと、食べた後のお腹が楽だからです。

先ほどのメニューでお肉が入ってなかったら、例えば腹九分目食べたとしても、数時間でお腹の中から(胃から)出て行ったように感じると思います。

翌朝の便通も快調に感じるのではないでしょうか?!

ブログにも食べ方は書いてあります。最初の頃は、本で読んだような食べ方をしていましたが、食べた後、体が楽な食べ方をしていると、自然にこのような食べる順番になってきました。

食事は毎回のことですから、自分で観察ができます。食べた後の体がどうなったか?みたいなことを観察してみて下さい。きっと、自分の体が楽な食べ方が見つかります。

そのような食生活を続けてみて下さい。

いつの間にかご自分の体も変わってきていることに気がつくと思います。食べ方一つでも体って変わるんです。

この記事へのコメント