チベット体操 息を吸おうと思わない

呼吸の練習の後で感想をお聞きした時に、こういうお話をよく聞きます。

「私、息を吸うのはできるんですが、息をしっかりと吐くのがなかなかできないんです。」

確かに息を吸うことは自分の体に入ってくることなので、分かりやすいと言えばわかりやすいですね。

でも、そういう方に限って思いの外吸えてないこともあったりします。

息をしっかり吸おうとしたら、その前に息をしっかりと吐き出しておく必要があります。

どうしてか?というと、息をしっかり吐き出したら、後はほおっておいてもしっかりと入ってきます。

吐いた分だけは、しっかりと吸っているんです。

ですから、しっかりと息を吸おう吸おうとしないで、息をしっかりと吐き切ることを心がけてみてください。

それができるようになったら、その呼吸をチベット体操のポーズの時に意識をして吐いてみてください。息をしっかりと吸いながらの体操ができると思います。

それをしようと思ったら、それなりの体操の速さになっていると思います。
そういう目でご自分の体操を観察してみてください。

ご自分のチベット体操、いかがでしたか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック