チベット体操 物足りないくらいがちょうどいい

健康を維持するために体を動かさなければいけない!と、一生懸命にスポーツをされている方も多いと思います。

でも、「頑張りすぎて、膝を痛めてしまった」というような話はよく耳にします。

ゆっくりゆっくりすれば良いと思うのですが、ついつい度を越してしまうんですね。
というか、『達成感』を求めてしまうんです。

この『達成感』がないと、体を動かした気がしないんですよね。
若い頃の部活のイメージが、体にこびりついているということもあるんでしょうね。

それはそれで良いとは思うのですが、やはり年齢に見合う運動量があるはずです。

『適度の運動量』は、きっと人によって違うと思いますが、だいたいの目安は、私が思うに『物足りないくらい』じゃないでしょうか?。

いつぞや書いた『腹八分目』も、『物足りないくらい』だと感じています。

大切なのは、『物足りないくらい』をずっと続けることです。

心臓や筋肉に無理をさせないようにしながら運動を続けることで、体を壊すことなく筋力も付いてくると感じています。

年齢を重ねたら、大切なのは今の体、健康を維持すること。
心臓や筋肉、その他臓器等を疲労させないように、老化の速度をできるだけ緩めることだと思います。

この記事へのコメント